Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2016-11-22大学教員の小学校国語授業 3時間目

[][]大学教員の小学校国語授業 3時間目 大学教員の小学校国語授業 3時間目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 大学教員の小学校国語授業 3時間目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 大学教員の小学校国語授業 3時間目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

27年間高校で授業をしてきて,この春大学教員になり,大学生や大学院生に授業をし,ちょっと慣れたかな?と思ったら,小学生相手に授業をする。しかもそれぞれの学習者に活動させるというのを自分に課していたもんだから,学習者理解ほとんどない上での小学校授業は本当に大変だった。

今日の課題は

登場人物のキャラクター設定を読み取る

である。「文学を勉強するというのは,書かれていないことも読み取ることだ。」と先日伝えていて,この単元の目標にしている。この目標に関しての授業となる。

まずは書いてもらったふりかえりを5〜6人紹介し,昨日宿題に出した音読を確認した。物語の3分の1を宿題に出したので,その範囲を改行ごとに順番に当てて音読させる。まだまだ大きな声が出ない人もいたが,それは私の立ち位置が悪かったからかな?次は離れて立つことにしよう。でもどうなるか?

「ぼく」と「きつね」のキャラクター設定をグループで読み取り,黒板の欄にどしどし書いてく。1グループ2つ以上書くようにというシバリを付けた。これが結構話し合って前に出て書くんだな。高校生とはずいぶんと違うところだ。高校生は「正解」と確信したものしか書けないでいるが,どんどん書く。いい感じだ。

キャラクター設定は以下のような欄を作った。

  1. 性別
  2. 年齢
  3. 職業
  4. 趣味
  5. 性格・ひとがら
  6. 生い立ち
  7. 交友関係
  8. 家族構成
  9. 時代・季節
  10. 国・場所

全ての班が1つ以上前に出て書いた。ある児童は「あー終わった。」なんて言って,班で2つ黒板に出て書いたから,終わりだと思っていた。そういえば,高校生でもそんな風にしていた生徒がいたなぁと懐かしくなった。「まだこんなに空欄があるでしょ?」と同じツッコミをしたりして。

この1時間で全ての欄について書けると踏んでいたのだが,結局埋まったのは半分くらいだった。一番読み取りにくいと思われる「性格・ひとがら」は全然書いてくれなかった。担任の先生と「また次の時間続きですね。」と確認した。

子どもたちが予想以上に考え,動き,書いていたからちょっと安心した。