Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2016-11-11福島県石川町の旅 第2日目 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

[学び合い][出張][旅]福島県石川町の旅 第2日目


f:id:F-Katagiri:20161113093633j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20161113093634j:image:w260:left

2日目は,石川中学校での授業参加なのだが,午後からなので,ゆっくり宿を出発できる。ありがたいことだ。朝6時ぐらいに部屋の露天風呂の湯を溜める。かなり寒いので,かなり熱い設定にしないと入れる温度にならない。

ぴりぴりに熱い湯に入る。雨が降っている。昨日は夕焼けだったのにな。それでも気持ちが良い。時間がゆったりと流れて,かなり酒を飲んだ体には,いい感じだ。

石川町は,鉱石が採掘される街だから「石川」というそうだ。これから整備はしていくという,鉱石資料館に行く。その後石川町役場で昼食をとる。役場は去年新築したらしく,白を基調にしたとてもモダンな建物だった。

石川中学も校舎が新しい。1年生の英語の授業を観る。あれ,中学生ってこんなに熱意を持って授業をするのかと感心してしまった。先日行った両国高校の高校生のようだ。熱心に交流をして『学び合い』をしていた。

学び合い』では教師のタイムマネージメント力が必要になる。ちょうどいい交流の時間とリフレクションの時間のさじ加減が大切だ。

授業検討会に出たのだが,『学び合い』の授業検討会では,『学び合い』をわかっていない助言者のとんちんかんな発言で,げんなりする。「何でこんなに交流できるのか?きっと学級経営が素晴らしいからでしょう。そこに先生の力量をみました。」なんていう助言は,全く以て『学び合い』をわかっていない。

学び合い』をしているから,こんなに交流できるというのに……。または,小学校から『学び合い』をやっているからできるんですと言いたがっていた先生もいた。

そんな心ない助言者の発言で,授業者はきっとダメージを受けているんじゃ無いか?と勝手に思ったので,全体会が終わった後私は授業者に以下のようなことを伝えた。

とても素晴らしかったです。3人の生徒さんにジグソー法の意味を聞いてみたんです。「あっちこっちに問題のカードがあって,そこまでいくのは面倒くさくないか?」と。そうしたら,3人が別々の言葉でジグソー法の意味を語ってくれました。

1人は,問題のところに行くことで,同じ問題を解いているという人がそこにいるから話し合える。

1人は,人がわちゃわちゃ動くから,いろんな人に話しやすい。

1人は,一度に問題が来るんじゃ無くて,順番に解けるから,混乱しにくい。

と。自分の言葉で言えるなんて,先生の授業の語りがしっかりしているからなんだと思います。素晴らしいです。

助言者はそこまで見えてはいなかったんだろう。

帰りは雨の中バスが走り,またバス中ゼミの開始だった。私は栄SAで降りて,そこに自動車を駐めて乗り込んだ院生さんに見附駅まで送ってもらった。そうか。そういう手があったか。

中身の濃すぎる,酒量の多すぎる2日間の旅だった。