Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2016-10-03研究

[]研究 研究 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 研究 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

この仕事について研究って何?って考えながら仕事を続けている。

研究を成果にすれば業績になるけれど,何のために業績が必要?もちろん自分の地位を確かなものにするためなんだけれど,それって研究を自分のためにしているような感じだ。

給料をもらって研究をするのは,研究成果を世に出して,その研究成果で世の中を今よりも良くすることに意義があるんだよなぁ。そのことを忘れてしまうと,業績になったとしても,研究の意味がなくなってしまう。

「世の中を今よりも良くする」ということをとっぱらうと,研究者というのは趣味の世界にいることになり,自分の好きな分野を追求して行くだけになる。それはそれで楽しいんだろうけれど,給料をもらってやることじゃないよな。

だから,研究をやるにも,自分は「学校現場の子どもたちにどう活きるか」ということを考えてやりたい。研究のデータが取りやすい調査をして,データ分析をしやすくして論文を書いても,その結果子どもたちに無理を強いてしまったものなら,それって普段の授業じゃ使えない実践になってしまう。子どもは実験台じゃない。

以前修士だった時,先生に「現場の先生の授業に対する直感は正しいから,それを大切に研究をしなさい。」と言われた。それがずーっと私の研究に対する姿勢になっている。その感覚はこれからずっと忘れたくない。

子どもたちがその授業の課題に没頭し,アクティブに,自由に学び,その姿をいろんな方面から,いろんな機材を使ってデータを取って,「こんなに子どもたちはすごいんだよ。」という研究をしていきたい。

といっても,結果出してから大きなことを言え〜って感じなんだな。

はい。修正論文提出まであと50日です。←手つかず