Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2016-05-30学校あるある

[]学校あるある 学校あるある - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学校あるある - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 学校あるある - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20160603142502j:image

学部2年の授業だが,科目等履修で教職大学院の院生1年も受けている。現場経験のない学生さんや院生さんたちだ。

授業内容は「教育課程と言語活動」についてなのだが,「言語の機能」と「言語活動とは何か?」を説明してから,実地ということで言語活動をおこなう。受講生たちから「今まで学校で,どうしてこんなことするんだろう?何でこうなっているのかな?」ということを事前に出してもらって,その中で3点ピックアップし,自分たちで考えて答えを出すのだ。

写真の「センター試験」は,「センター試験に受験しない科目をどうして授業で受けなきゃいけないのか?」という疑問だ。高校教師時代,たまにこう言ってくる,またはぼやいている生徒はいたいた。

「給食」は,「どうして小学校には給食があって,先生と一緒に食べるんですか?」という疑問だ。

「制服」は,「どうしてうちの学校には制服があって,自由な服を着られないんですか?」というものだ。

これから教師になるみんなは,それらの質問に対して「そうだね,じゃあ,やらなくていいよ。」と答えるのでは教師失格だ。児童生徒の立場ではわからない学校側の裏事情(A)をわかり,その裏事情をそのまま伝えてはいけないこともあるから,児童生徒に対して答える内容(B)も考えよう。

という課題で,グループで「言語活動」ディスカッションをおこなって黒板に書いてもらったのがこの写真だ。

9班の答えのBなんて,みんなが納得していた。すばらしい。