Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2018/8/3〜4に福岡県,《日付未定》長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2015-07-20NHK全国高校放送コンテスト

[]NHK全国高校放送コンテスト NHK全国高校放送コンテスト - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - NHK全国高校放送コンテスト - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 NHK全国高校放送コンテスト - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

予期せず全国大会にうちの放送部員が進出した。県大会でラジオドラマ部門2位になったのだ。なるほどその内容は面白いものだった。

7月20日(月)から2泊3日で行くことにした。一般的には3泊4日で最終日のNHKホールでの決勝戦をみんなで見るのがいいんだろうけれど、決勝まで残れないかな〜?というのと、そんなに多く宿泊できない家計の理由と、授業も休めない等の理由。他の学校はしっかり3泊4日だった。すごいな〜。

f:id:F-Katagiri:20150726213648j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20150726213649j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20150726213655j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20150726213656j:image:w260:left

7月20日(月)は単に受付だけだったので、5時までにオリンピックセンターに行けば良い。半日空いたのでどうするか?と提案したら、秋葉原に行きたいという。さすが放送部。○○クの聖地を選ぶ。と思ったら、映画(ゲーム?)「ラブライブ」の聖地だそうだ。

めちゃめちゃ暑い中、生徒に引きずり回されて、あっちに行きこっちに行き、神田明神でほっと一息。それでも暑かった。東京の暑さは上からもしたからも来る気がする。何だろう?

5時までに行けば良いと高をくくっていたら、何と、お昼はオリンピックセンターで食べることにして、お金も払っていて、チケットをもらわなければならない。しかも1時30分までに着かなければならない。営業がそれまでなのだ。

結構焦ってなんとか行った。チケットを手に入れるのに並んでいた。なかなか前の前の前の人の購入が終わらない。どんだけ時間かけとんじゃ?と思ったら、もう申し込んであったからか、飛ばして購入できた。ようやく食事にありつけた。

本当は今日上野まで寄席に行く予定だったけれど、秋葉原を引きずり回され、焦ってオリンピックセンターに行き、宿に行くのにも坂を上がったり下がったりしたのでどっと疲れて、今日行くのはやめにした。夜はあやしい中華料理屋で食べた。あんかけ焼きそばはおいしかったが、生ビールはまがい物だった。

7月21日(火)、NHK全国高校放送コンテスト準々決勝。女子の支度は遅い。遅すぎる。本当はご飯は6時半からだったのに、ひとこともそんなこと聞いていず、7時に食べに行こうと思ったら、遅れに遅れて7時半。受付に間に合わない!と焦って何とか到着。大会が始まった。と言っても、生徒は学校名とタイトルを言ってCDを流すだけ。以上。結果発表は翌日。なんてなんてゆるい大会なんだろう?いたずらに宿泊数を増やす大会なんじゃないか?審査に時間がかかるのかな?

さて、他のラジオドラマや、朗読を聞いた。朗読はさすがにうまかった。どの人も。ただ気に掛かるのは、「伊勢物語」で予選を通った人が少なかったということ。全体で2人しかいなかったんじゃないか?予選に出た人が少なかったのか、古典が難しいから通らないのか。

3時過ぎに宿に帰って、近いところで新宿末廣亭に行くことにした。その前に食事ということで、もんじゃ焼きを食べた。自分たちでもんじゃを焼くのだけれど、生徒たちは初体験。土手がうまくできずびちゃーっと決壊させていた。

末廣亭に入る。生徒たちは1人を除いて感動していた。あんな建物の中で寄席を聞くことは初めてで、何せうちらが出したラジオドラマが「おちけん!」だから、寄席に来て良かった。題目は知ったものばかりで、定番の内容ばかりだった。生徒たちにはそれが良かったのかな?

7月22日(水)、審査結果は準決勝進出ならず。夜7時の新幹線までどう時間を使うか?というのが課題となった。生徒たちは勉強道具を持ってこなかった。これが敗因。あんなに時間をもてあますんだから、持ってこさせれば良かった。ラジオドラマを聞きにいったり、テレビドラマを見にいったり。予選通過しなかった人でどの会場もごった返していた。

一つ不満だったのは、オリンピックセンターの一つの催し物としてやっていて、全く全国大会!という雰囲気がなかったこと。段幕もなかったし、お土産も売っていない。決勝会場のNHKホールだったらきっと違っていたんだろうなぁ。それでもやっぱり1日でも早く帰りたかった。

今年の卒業生の放送部OBがやって来てくれた。一緒にオリンピックセンター内で夕食を食べた。ありがたいことだ。去年私と総文祭で日立に2泊した生徒だ。あの時は涼しかった。この3日間はもう頭がくらくらするほど暑かった。2週間後にもまた来るんだよなぁ。