Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2015-02-216才のボクが、大人になるまで。

[]6才のボクが、大人になるまで。 2014 6才のボクが、大人になるまで。 2014 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 6才のボクが、大人になるまで。 2014 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 6才のボクが、大人になるまで。 2014 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

アカデミー賞でいろんな部門でエントリーされているし、ユナイテッドシネマでもう上映していないと思ったら、1日1回上映されているし、観るのだったら今だ!と思って行った。

ある少年を6歳から18歳までの12年間の成長を12年間かけて撮影したという映画だ。全体的に淡々としている映画だったし、作品賞取れなくてもしょうがなかったかな?というものだった。

「○○ヶ月後」なんていうテロップがなく時間が吹っ飛ぶので、主人公がどの子なのかよくわからない時が結構あった。髪型が変わっているもので。西洋人の見分けは結構今でもむずかしい。

それでも、観ていて、主人公が今の私の次男の雰囲気になったり、そのうち私の長男の雰囲気になったりと思えてきて、胸にくるものがあった。そしてそのうちうちの息子たちもこうなるのかな?なんて思えてきて、演じられている母親の気持ちも共感できてきた。

タイトルに「大人になるまで」とあるけれど、まだまだ子どもじゃん、なんて思う。これからの12年間が楽しみなんだよなぁ。続編作るのかな?

○○先生、これは観ておいた方がいい映画ですよ。大丈夫です。不幸な映画ではありません。お子さんの未来が垣間見えてウルウルきます。

f:id:F-Katagiri:20150308095424j:image

6才のボクが、大人になるまで。 [Blu-ray]
6才のボクが、大人になるまで。 [Blu-ray]

売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2015-02-15その女アレックス

[]その女アレックス 2014 その女アレックス 2014 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - その女アレックス 2014 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 その女アレックス 2014 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

久米宏「ラジオなんですけど」で久米さんが紹介してくれたミステリーだ。久米さんの紹介のミステリーは外れがない。以前「ドラゴン・タトゥーの女」を紹介してくれたが、はまりまくった。

これほど主人公(被害者の)に対する感情移入が変化した作品は今までに無かった。どんな風に変化するのか書くとネタバレになってしまう。

一章ずつ被害者と捜査官(こっちも主人公)の視点で順番に描かれていく形式で、テンポが良く、読みやすい。「続きが気になるが、すぐに読んでしまうともったいないから、続きは明日」という気持ちを久しぶりに持った。

お勧めです。

その女アレックス (文春文庫)
その女アレックス (文春文庫)ピエール ルメートル 橘 明美

文藝春秋 2014-09-02
売り上げランキング : 347


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2015-02-12百円の恋

[]百円の恋 2014 百円の恋 2014 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 百円の恋 2014 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 百円の恋 2014 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

安藤サクラ主演映画は初めて見たが、すごい映画だ。町山智浩さんが「和製女版ロッキー」と題していたが、まさにその通り。ロッキーよりも戦う気持ちが伝わってくる映画だった。

安藤サクラのファーストシーンが最悪で、そのあとどんどん体を絞り込んできて、素晴らしい体型になる。これも観ていて気持ちよかった。どんどんいい女になっていく。上手いなぁと思った。

悲惨な酷い体験もなぜか笑いに代えてしまう描き方も不思議だった。いい映画だった。

f:id:F-Katagiri:20150221082902j:image

2015-02-11何を求め続けるべきか?

[]何を求め続けるべきか? 何を求め続けるべきか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 何を求め続けるべきか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 何を求め続けるべきか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今年受け持っている1年生の古典の授業で3学期から「みんなで考えみんながわかる」ことを現実的に授業で求めた。

この授業は以前の授業でもやっていた形だ。

やり始めは今までの授業の感じよりもとっても活動的になり、睡眠者は全くいなくなる。皆無だ。それはそれで効果はあるのだが、2週間ばかり続けると、まだまだなところが見えてくる。

初めは「わかるために動く」ということをし出すのだが、そのうち「ここまでやったのだからわからなくても良いか」という感じになる。席を離れてわかる人、わかりそうな人と相談をするのだが、それ以上のことはしなくなる。さらなる工夫、さらなる努力は見えなくなる。

さて、ここで何を求めるべきなのか?ということが今の課題というか、葛藤である。もちろんこのままではよくないのはわかる。そこで「動く」ことを求め続けるのか、「正解する」ということを求め続けるのか、ということだ。

クラスの雰囲気的に、突出するのを避ける傾向がある。方法として今まで経験したことしかしたくない、目立つのを嫌うという傾向がある。目立ってまで「みんな」が正解することをしたくないという感じだ。それはとても良くわかる。たかが古典の授業だ。

じゃあ方法を強いてそれを打ち破らせてやらせればいいのか、というと、そういうことでも無い気がする。

私の『学び合い』におけるスタンスは、人生において「必要な時に必要な人に必要なことを助けてもらうのがいい」、「必要な時に必要としている人に必要なことを手助けするのがいい」ということをわかってもらうことだ。そのためにはクラスの雰囲気作りも大切になるし、相互の手助けが必要な課題を示し、手助けの必要性を感じてもらわなければならない。

雰囲気作りと手助けの必要性、なんだか相反する気がするんだよね〜。いろんなことを強いて手助けするさせれば雰囲気は悪くなるし、今のワイワイしてみんなが(仲間内で)学習している雰囲気はとっても良い雰囲気なんだけれど、仲間を超えて手助けをすることもない。

まだまだ仲間の枠を打ち破るには時間が必要ということなのだろうか?

2015-02-08日本群読教育の会第14回全国研究集会新潟大会のキャラクター

[]日本群読教育の会第14回全国研究集会新潟大会のキャラクター 日本群読教育の会第14回全国研究集会新潟大会のキャラクター - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 日本群読教育の会第14回全国研究集会新潟大会のキャラクター - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 日本群読教育の会第14回全国研究集会新潟大会のキャラクター - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

生徒にお願いしたら、素晴らしいキャラクターを描いてくれた。紙にペンで書いてくれたので、スキャンして、OSXのプレビューで切り取り、背景を透過にしてタイトルを入れてバナーを作った。

かなり気に入っている。

f:id:F-Katagiri:20150208130902p:image

2015-02-01SLB(Sunday Learning Book)Vol.2

[]SLB(Sunday Learning Book)Vol.2 SLB(Sunday Learning Book)Vol.2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - SLB(Sunday Learning Book)Vol.2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 SLB(Sunday Learning Book)Vol.2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

小さな学習会を開きます。テーマは持ち寄りです。

第2回は2月1日(日)14:00〜です。

場所は私のマンションのコミュニティールームです。私のマンションは新潟駅南のジュンク堂書店から徒歩2分です。マンションの駐車場は使えませんが、近くにコインパーキングがたくさんあります。

子連れ参加OKです。広い部屋なので、大丈夫です。おもちゃも持って来てください。

最小開催人数は2名(私を含む)です。参加者がいなかったら、私の息子の遊び場となります。

内容は、何でもです。私は高校国語の教師ですが、学校種、教科は全くこだわりません。教科が違う場合は子供の立場になって参加できます。

授業に関してじゃなくても、教育論から、自分の子供の子育て悩み相談、同僚の愚痴、上司対応について、学校行事のアイディア、その他何でも話題にあげても構いません。いいアドバイスは出来なくても、悩みを共有することは出来ます。

もちろん、悩みじゃなくても、「自分はこんな授業をやった。」とか、「自分のクラスの子供はこんなすごいんだ!」という自慢でもOKです。そういうのを聞くと元気になります*1

参加者は何か話題にあげるネタを持って来てほしいと思います。レジュメを用意して形にしてきてもらってもいいですし、口頭でも全然構いません。「最近○○なんだ〜。」でもOKです。井戸端会議、ストーブ談義のようなものです。

群読の実践もしようと思っています。みんなで声を出してシンクロするだけでこんなに楽しいのかと思います。そういえば、子どもたちには群読指導をするけれど、自分で群読をあまりやらないなぁと思ったからです。

ということで、参加してみようかな?と思う方はniagara@cocoa.ocn.ne.jpまでご連絡下さい。時間帯の変更は可能です。何で14:00〜にしたかというと、サンデーソングブックを流しながらやろうかな?と思ったからです。

第1回の内容はこちらにちょっとだけ書いてあります。

--------------------------------------

簡単なまとめ

14時頃〜16時過ぎ

参加者前回比+1(大人) +1(子供)

内容(大雑把に)

  1. 新潟県高校入試個別試験対策
  2. お勧めTED視聴
  3. 学び合い』の本の原稿草案検討
  4. 実践授業ビデオ視聴
  5. TDK Bluetooth スピーカー自慢
  6. その他

今回はおもちゃも持っていったので、それで子どもたちが遊べた。

お菓子も充実した。

甘くないお茶を用意すればよかった。

--------------------------------------

*1:悔しくも思いますが