Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2014-11-24上越への旅2 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

[旅]上越への旅2

午前10時から学校葬がおこなわれる。朝は余裕があった。いつものとおり6時過ぎに起きてしまって、時間をもてあます。

f:id:F-Katagiri:20141129074252j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20141129074253j:image:w260:left

天気もいいし、ホテルのモーニングサービスは今日は出来ないと言われていたので、コーヒーでも飲みに行くか?と思って歩き出した。せっかくIngressをやっているんだから、portalのある高田公園まで歩こうと思って行った。

歩いていたらどこの高校だ?と思うほど大きな学校があった。大手町小学校だった。なんてでっかい小学校なんだろう?とびっくりしながら、もうちょっと歩けば、portalをhackできると思ってがんばった。

さすが日曜日の朝は人がいない。小学校も全く子供を見かけない。そんな中、怪しくiPhoneを片手にうろうろするおっさんがここにいる。

高田はまだまだportalが少ないし、それほどプレイヤーもいないののかな?ここでportalを奪えば、かなりの時間保持者になれるのかな?なんて思いながらばしばしアタックするんだけれど、9時に迎えに来てもらうから、焦って帰る。汗かいてきた。持って来たTシャツは今着ているので最後だぞ。

f:id:F-Katagiri:20141129074254j:image:w260:left

学校葬はしめやかにおこなわれ、元上教大学長の渡邊先生のご挨拶で、今日に至るいきさつを知る。とっても大変だったんだとわかる。

式が終わり、講堂から出ると、たくさんの院の同期の人たちに会えた。昨日の会でしんみりとした私は、今日はちょっと笑顔だったんだけれど、今日初めてお別れをした元学部生は目の幅涙の後があった。そうだよな。

院の同期の2人と昼飯を食べに行った。どちらも私の大先輩だが、院では同期。戸北先生の思い出話と共に、私はビールを飲んだ。イオンの小嶋屋だ。県外の2人にとっては、小嶋屋は懐かしいところみたいだ。あんまり混んでもいず、長居が出来ていい選択だった。

さて、目の前の2人は同学年で、あと3年で退職だそうだ。って、そんな歳だったの?私と約10年も違うの?とびっくりだった。一緒に大学院入学した歳が今の私の歳か。私はそれほど立派な教員になっていないなぁ。

3年で退職だから、同期が集まってどこか行こうよと提案された。それもいいなと思って、能登のランプの宿に行きたいなぁと思った。2年後ぐらいに企画するか。


家族が上越紅葉狩りに来ているという。それじゃあ迎えに来てもらおうと思って、小嶋屋まで来てくれた。もう温泉に入ってきたということだ。紅葉は見ていないらしい。だんだん曇ってきたからそれほど紅葉も映えなくなってきた。

f:id:F-Katagiri:20141129074250j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20141129074300j:image:w260:left

食事が終わって高田公園に行くことにした。モミジが真っ赤だった。最近出来た高田城に上った。私が上教大にいた時はハリボテだったよなぁ。

酔いも回ってまったりしてきたのだが、なぜか次男がハイテンションだ。ロングドライブだといつも文句を言うのだが、機嫌が良く、しりとりを強いる。頭使うからあまり寝られない。それでも上越まで迎えに来てくれたカミさんと子どもたちに感謝して幸せな気分で新潟に帰った。