Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2014-11-23上越への旅1

[]上越への旅 上越への旅 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 上越への旅 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 上越への旅 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

1泊2日で上越へ旅行をしてきた。戸北凱惟先生とのお別れの会に出席するためだ。24日に上教大で学校葬がおこなわれる。そして、その前日には戸北・西川ゼミのOB・OGが集まって、「戸北先生と飲む会」が開かれた。

高田駅前のステーションホテルは、互助会の補助で3,500円で泊まれる。最近その補助を知ったのだが、もっと前から使えば良かった。ステーションホテルは安いが、綺麗で、いいホテルだ。

高速バス新潟を午後0時40分に出発して、午後3時頃に到着する。道中、フォー・シーズンズを聴きながら、生徒の作文を読み、ちょっとしんみりしながら向かう。いい天気だから、少しは救われる。

「飲む会」は午後5時から始まるので、時間に余裕がある。何をしようかといろいろ考えたが、結局ホテルでJ2の試合を観て、「あ、山形入れ替え戦に臨めないのか。」とまたまたちょっとしんみりとする。

気がついたらネクタイを持ってくるのを忘れた!どうしようかと思ったが、買いに走った。高田のまちなかが何だか綺麗になっている。古い雁木がほとんど取り払われて、アーケードになっていた。非常に明るい感じ。店もこんなにあったんだとびっくりした。

Googleで「紳士服」と検索し、行き着いたところはなんだか、マニアックなカントリー風の店で、ネクタイなんて売っていなさそう。じゃあ、商店街の逆方向を歩いて行ったら、たくさんの洋服屋がある。しかしカジュアルで、ネクタイも派手なものが多い。しかもほぼ一律で9,000円と高すぎる。

うーん、どうしようか、ここで9,000円を払うべきか?なんて悩んだが、もしかしたら向こうにある100円ショップにあるかもしれない。最後の手段はそれだ!と思って、歩き続ける。

商店街の外れに、老舗っぽい紳士服店があったので、入ってみたら、ちょうどいい値段のネクタイがあった。お店の人も何だか上品で、とてもいい対応。ここで買おうと思って、黒っぽいネクタイを買った。

急いで帰って会場に到着したら見知った顔がたくさんあった。

たくさんの人のスピーチを聞いていて、戸北先生の写真のスライドを見ていると、やはりしんみりしてくるのだが、本当に亡くなっちゃったんだなと思った。

f:id:F-Katagiri:20141129074255j:image:w260:left

「飲む会」の会場のステージがバーのカウンターのようで、戸北先生と本当に飲んでいるような気がしてきた。私は大学院時代、長岡から通っていて、飲み会は頻繁に出られないし、あったとしても電車で早く帰ったりしたのだが、それでも遅くまでいられる時は、遅くまで一緒に店を回った。雪の中、低い雁木の下を、長靴を履いてひょいひょいと歩いていらっしゃった戸北先生の姿が目に浮かぶ。

そしてかつての豪遊ぶりを先輩の院生の方々から聞いて、「最近はあんまり飲まなくなりましたよ。」なんて聞かされたけれど、じゃあ、以前はどんだけ飲んでたんだ?と驚いたものだ。

今回も2次会、3次会といい店に連れて行っていってもらい、高田の夜を堪能した。3次会の店はとってもよかったなぁ。ウイスキーとスモークされた肉が良かった。