Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2014-02-22『学び合い』フォーラム九州への旅2

[][][]『学び合い』フォーラム九州への旅2 『学び合い』フォーラム九州への旅2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』フォーラム九州への旅2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 『学び合い』フォーラム九州への旅2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20140225133046j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20140225133209j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20140225133231j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20140225133304j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20140225133318j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20140225133333j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20140225133347j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20140225133434j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20140225133419j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20140225133504j:image:w260:left

フォーラムの集合は11:45なので、ほぼ午前中フリーとなる。フォーラム会場の地理感覚が全くわからないまま、何とかなるかな?と思い、太宰府天満宮へ行く。うちのクラスの受験生のためにお参りしなければならない。お札も買わなければならない。子どもたちへの土産も買わなければならない。

頼りになったのがGoogleマップだった。経路検索をすれば、電車はもちろん、バス路線まで調べてくれる。ちょうどいい電車があったので、ロス無く太宰府天満宮に到着する。9時過ぎに着いたが、たくさんの人だった。天気も良く、土曜日だし、しかも梅が満開とくればこうなるか。

うららかな日で、新潟は最高気温4℃5℃の世界だったのだが、そのために着てきたスタジアムコートがめちゃめちゃ熱い。マフラーは新潟に置いてきてよかった。

大学時代以来の飛梅との再会。あの時見た飛梅はこんなに大きかったっけ?こんな満開の時に来てはいなかったような気もする。以前来たのは3月終わり頃だったっけかな?

太宰府天満宮に来たら、梅ヶ枝餅を食わねば。約25年前に食べたあの味が忘れられず、デパートで九州フェアがあると必ず買って食べたっけ。参道から離れた裏手にあるそれらしき店に入って1つ注文する。ラップにくるまれた餅が出てくる。うーん、くちゃくちゃの梅ヶ枝餅。大失敗。他に客がいないのも頷ける。人がたくさん来て、回転が速い所がいいんだな、こういうのは。きっと。

電車とバスを使ってフォーラム会場の小学校に行くのだが、太宰府駅で昼食用に手作りのおにぎり2つ150円で買う。時間的にギリギリなので、電車かバスで食べようと思ったのだ。

太宰府から西鉄大橋駅まで電車で行き、そこでバスに乗り換える。Googleで何行きのバスに乗ればいいかは書いてあるが、出発時刻はよく分からない。それでそれらしきバス停で待っていると、ごちゃごちゃっと客がかたまっている。並ぶという習慣がないのかな?と思いながら、私もそこの集団の中にいると、私の乗らないバスがそのバス停にやってきたら、我先にとそのバスの乗り口めがけて歩き出す。バスすれすれになって「自分が一番乗り口の近くに行くんだ!」ってな具合で歩き出す。危険きわまりない。

そうか、こっちの風土はこうなのかと思い、幸い私が乗るバスはそれほど客が詰めかけず、平和に乗ることができた。

このバスに40分ほど乗り、バス停から15分くらい歩き、目的の安徳南小学校に到着した。集合時間を10分ほど過ぎていたが、現地実行委員の方がほぼ準備を完了させていてくれて、私は全くすることがなかった。1つ驚いたのが、司会の方にたまたま会って、私が実行委員長だとわかると、「あいさつをお願いします。」なんて言われて、きいてないよー!状態だったが、なんでもすると心に決めていた手前、笑顔で「わかりました。30秒くらいで済ませます。」と答えた。しかし実際のあいさつは1分くらいかかったので、「2分くらいで済ませます。」と次から答えることにしよう。

小学校で行われるフォーラムの目玉はもちろん授業参観だ。異学年『学び合い』(2、4、6年生)のライブを実は初めて見た。あんなにわちゃわちゃやって、そして最後にはまとまるという姿に驚いた。

2つ疑問が出た。

1つ目。6年生の負担は大きすぎないだろうか?ということ。自分の課題もやって、2年生や4年生に教えて、「もうやだー!」とはならないんだろうか?

2つ目。この時間の教科を「算数」で統一する必要はあるんだろうか?2年生が国語、4年生が算数、6年生が理科でもいいんじゃないか?他学年がやっていることは同じ算数だとしても、違う分野なんだから、教科が変わってもいいのかな?

その疑問を持ったまま授業参観が終わり、全体会になり、私としてこのフォーラムで最も収穫があったと思えた「『学び合い』をしま専科?」の時間になった。この時間は何だろう?と思っていたら、小学6年生が体育館にやってきて、『学び合い』の疑問に答えるというものだ。

さっそく男子3人を捕まえて、2つの疑問について答えてもらった。そのグループは「『学び合い』のいいところを伝えます。」というテーマを持っていたから、どうやって『学び合い』の大変なところを答えさせようか?と思いながら、突っこんだ質問をしたのだが、「もう正直めんどくさいやって思ったことはないの?ほんとに?」なんていう質問にも真面目に的確に返答をしていてくれた。用意していた答えを言うのではなく、即座に自分の言葉で答えていたので、本当にそう思っているんだろうなぁと思えたものだった。

別の教科でもいいんじゃない?なんていうのは、算数だったら他の学年も同じ方がきっとやりやすいと言っていた。

異学年『学び合い』の理想は、上級生も下級生も異学年『学び合い』をすることで何かの「気づき」があることだと思うから、上級生から下級生への一方的な情報伝達ばかりにならないような工夫が必要なんだろうと思った。上級生は「下級生のおもりばかりしている」と感じないようにさせないといけないのかな?

夜はシンポジウムで、博多駅近くであるのだが、安徳南小学校から博多駅まで行くのにちょうどいい便がない。他の人を迎えに来たタクシーの無線で配車してもらおうとしたら、タクシーが出払っていて無線に出ない。しょうが無いのでバスで博多南駅まで行き、約40分後の新幹線で行くことにした。博多南駅で飲むことにして、駅舎内のフードコートでビールをみんなで二杯飲んだ。フォーラムや学会でしか会えない人と一緒に一杯ひっかけられるというのも、『学び合い』の志縁があるからなんだなぁと不思議に思う。

シンポジウムは少々窮屈なホテル地下のレストランで、バイキング形式のものだった。大都会だから場所を探すのも一苦労だったんだろうなぁ。他の人と話すし、席を離れて食べ物を取りに行くのがおっくうだったので、ほとんど食えずじまい。カニも食べ放題だが、1本食べたくらいだった。席の移動もちょっと大変で、あんまりたくさんの人と話すこともなかったなぁ。九州の『学び合い』に興味のある人なんて会うのは今回限りかもしれなかったので、そういう人たちと知り合いたかった。うーん反省。

2次会は恒例行事となりつつあるカラオケで、現地実行委員の人たちをねぎらう(というか、歌ってもらって発散してもらう)会となっている。初めは広い部屋でテーブルを移動して固めたのだが、思うほど人が集まらず、部屋の移動となり、今度はめちゃめちゃ狭い部屋となって、人の移動ができない。

熊本から来た人の隣になり、九州の人と話せる機会ができてよかったよかった。

さて、また博多ラーメンを食べようと思ったら、開いている店は何と「天下一品」という京都のラーメンチェーン店だった。むむむ。そこで食べた後、「やっぱり屋台に行かなきゃね」というノリになり、タクシーで中州に行った。そんなだったら初めからタクシーを使えば良かった。屋台はどこも満杯で、空いていたところはラーメンの屋台だった。ラーメンと辛子明太子焼きを頼んだ。屋台の食い物はけっこう高いんだなぁ。

おっと、気づいたら、12時を回っていた。フォーラムの時は毎回反省です。