Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2014-01-02鈴木先生

[]鈴木先生 2013 鈴木先生 2013 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 鈴木先生 2013 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 鈴木先生 2013 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

CS試聴

中学校が舞台だが、非常に良くわかる映画だった。登場してくる中学生がちょっとできすぎのきらいがあったが、長谷川博己演じる「鈴木先生」の内面は非常に良くわかる。

自分の中での信念(理想?妄想?で)で突っ走ってしまうところとか、「小川病」なんて言っているところとか、弱者であるところとか、教師なんて単なる人間なんだから、いろんな面があって、それを抱えて「教師を演じている」なんていう学校ドラマは今まで無かったんじゃ無いか?あ、江川達也のマンガの「Be Free」があったか。お、それに通じるところがあったなぁ。

だから最後まで感情移入しながら見ることができた。クライマックスのエピソードとそれを解決した手法が非現実的だったのはちょっと残念だった。

しかし、長谷川博己のあの妄想キャラはぴったり合うなぁ。「八重の桜」の川崎尚之助の役をやっていたとは思えない壊れぶりだ。妄想キャラを演じるには最高の役者のような気がする。「地獄でなぜ悪い」がはまり役なわけだ。

icon

icon

f:id:F-Katagiri:20140104075341j:image