Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2013-09-01死のロード

[]死のロード2 死のロード2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 死のロード2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 死のロード2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

去年の8月も「死のロード」と題していたが、今年の夏休みはきっと生徒達にとって「死のロード」だっただろう。ほぼ毎日学校に来て補習やら自習やらが組まれていたから。

私にとっては、休みはお盆休みだけで、あとは学校に出校するということで、かなり息が詰まって、「死のロード」だった。

それでも8月3日(土)〜4日(日)の福島、8月5日(月)〜7日(水)の長崎は学校から離れることができて、息抜きになった(かな?)。移動と暑さは辛かったけれど。5日なんて午前補習をしてから夕方に福岡に向かう飛行機に乗る強行軍だったからなぁ。

8月12日(月)から夏期休暇を取っていたのだが、12日は県教育センターで、上教大主催の教員研修会に参加した。これは楽しかった。赤坂先生と岩崎先生の講座はどちらも面白く、楽しめた。夏期講習で授業ばっかりやっているよりも、インプットをすることでバランスが取れるんだなぁと思う。これはきっと生徒には逆のことが言えるのかな?とも思う。

夏期休暇は16日(金)で終わり、翌日から模擬試験監督でまた学校に行かねばならず、そして補習が始まり、あっという間に8月も終盤となった。

去年は大会引率やらインターハイ手伝いで学校にほとんどいなかったけれど、今年は学校ばかりにいた。

学校に勤めているんだけれど、ずっと前から学校に閉じこもるというのは学校らしくないというちょっと矛盾した考えを持っている自分としては、本当に息が詰まる日々であり、夏休みが終わったらさらに学校にいなければならない。せめてもの救いは、8月アルビレックス新潟が調子よかったこと。ホームゲームで発散できた。うーん、前向きに。