Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2013-03-07隠れ『学び合い』

[]隠れ『学び合い隠れ『学び合い』 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 隠れ『学び合い』 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 隠れ『学び合い』 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

やってもやらなくてもどっちでも文句を言われるんだから、やりたいことをやった方がまし

というのは私の座右の銘です。結局文句を言われる。やりたいことをやらなければ、自分が文句を言う。

いろいろな抵抗勢力の圧力に悩まされながら担任を2年間やっている。どっちみち変わらないんだから、やりたいことをやってみようと思って、昨年末からは、子どもたちが自学して、質問用紙を提出する授業をした。「アルビが残留したから、今年中はどんな質問をしても怒らないよ。」と言ってどんな質問にも答えた。

今年に入り、グループごとに担当を決め、黒板に書かせ、説明させて1時間授業を任せることをやった。そうするとどんな下らない質問でも気軽に出せて良かったという感想も出た。合っているか合っていないかわからないから不安だという感想も出た。

そして、私が取り仕切る授業でも、子どもたちが前に出てやる授業でも全体としては結果は同じじゃないか?という印象を持った。結果が同じだったら、私が後ろに下がってつっこみを入れていった方が私としてはおもしろい。子どもたちにとってもおもしろい。やらない子どもはやらないし、やる子どもはやるという結果だ。

そんな感じでやっていた成果だとは思えないけれど、模試の国語の結果が上がった。急に上がった。何だろうか、全く原因は分からない。2年1月記述模試の結果が、私のクラスが急に上がった。私の授業の成果とは思えない。でもなぜ?分からないから子どもたちに聞いた。「問題と相性が良かったんじゃ無いですか?」という答えだった。

少しは対抗できるデータ(アリバイ)は用意できたが、きっとそんなデータを示しても、もみ消されてしまう。それでいいのだ。模試の偏差値をあげるためだけに教師をやっているわけではない。そんなことばかりに執念を燃やしていると、体罰が生まれる構造となる。映画「LOOPER」のようにどこかで断ち切らなければ。


今日で自分のクラスの授業が終わった。迷ってぶれてどっちつかずの授業になってしまった。人生も語れなかった。反省ばかりの授業で、最悪の授業だったと思う。どうして自分のクラスの授業って、うまく行かないんだろう?このクラスももうすぐ解散だ。まだやり残したことはたくさんある。名残惜しい。