Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2013-01-26書道ガールズ!!私たちの甲子園

[]書道ガールズ!!私たちの甲子園 書道ガールズ!!私たちの甲子園 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 書道ガールズ!!私たちの甲子園 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 書道ガールズ!!私たちの甲子園 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

地上波視聴

「○○ガールズ」というタイトルで文化系クラブの青春映画が何本も作られているが、そういうのに弱い私は録画して観てしまった。

書道と製紙工場というつながりが「なるほど」と思ったが、実話ベースだそうだ。愛媛県に行った時に、たくさんの製紙工場の煙突からモクモクと煙が出る風景を高速道路から見て、「これは他の所にはない風景だなぁ。」と思った記憶が映画を観てよみがえってきた。

ストーリーはいたって単純でベタな設定だ。部活をやめる人がいて、その原因は母親の病気で、その部員を呼び戻すために部員の団結のパフォーマンスを病院でおこなう。そして帰ってきた部員とともに大会に参加する。その大会ではミスをしでかすのだが、周りの応援でそのミスを挽回する。

本当にベタなんだけれど、案の定ウルウルしてしまった。

成海璃子の映画なのだろうけれど、桜庭ななみの方が光っていたように思えたのはなぜだろう?始め観ていた時桜庭ななみが主人公だと思ってしまった。

「書道ガールズ!!私たちの甲子園」 [DVD]
「書道ガールズ!!私たちの甲子園」 [DVD]
バップ 2010-09-17
売り上げランキング : 1323


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2013-01-22体罰自殺事件について思うこと。

[]体罰自殺事件について思うこと。 体罰自殺事件について思うこと。 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 体罰自殺事件について思うこと。 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 体罰自殺事件について思うこと。 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今回の事件では、表立って詳細が報道されず、言葉だけが一人歩きして教育を論じているような気がする。

まず1点目は今回の行為は「体罰」だったのか。体罰だったら、生徒はどんな悪いことをして、その「罰」としてどんな暴力をふるわれたのか。ある情報ではその生徒は「何も悪いことはしていないのに、見せしめのために暴力を受けた」と書かれてあった。これだったら体「罰」ではない。体罰よりひどい「リンチ」である。そのことを明らかにせず「体罰の是非」を論じているのではないか?(もちろん体罰は「非」である。)

2点目は本当に「勝利至上主義」だったのだろうか?ということだ。その部活にどのような目的と目標と手段があったかがあまり報じられない。その「体罰(暴力?)」は勝利至上主義によった体罰だったのか、はたまた別のものだったのか。

1点目と2点目が安易に結びついて、「体育科の勝利至上主義による体罰で自殺した」というストーリーが描かれている。原因の「運動部の勝利至上主義による体罰」というのが教育現場でよくあるだろうと思われている(現にテレビ、マンガなどで描かれている)から、ショッキングな事件として報道される。

「普通科の、国立大学や難関大学に何が何でも入るんだというプレッシャーにより、ノイローゼで自殺した」となった場合、その普通科の募集を停止し、教員総入れ替えをトップが指示するのかははなはだ疑問である。

ここぞとばかりに安易なストーリーを作っていじめる体質は、上から下に伝染する。いじめ・暴力を生む構造である。断ち切らないと。ということで、先日見た映画「LOOPER」のメッセージと重なるんだな。

2013-01-19悪魔のパス 天使のゴール

[]悪魔のパス 天使のゴール 悪魔のパス 天使のゴール - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 悪魔のパス 天使のゴール - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 悪魔のパス 天使のゴール - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

これほどサッカーを精緻な描写で描いた小説は今までに出会ったことはなかった。サッカーのダイナミックさとミステリーを合わせた作品で、とても引きこまれた。そしてヨーロッパの陰鬱な部分をうまくサッカーと重ね合わせて描いて、これぞサッカー小説という感じだ。

現実ではサッカーを観戦する時は気候がよく、暖かく、ビールがうまい環境が一番いいのは当たり前なのだが、どうしてだか自分の思い出に残っているサッカーの試合は、気温が低く、必ず雨か雪が降っていて、震えながら観て、勝利し、喜びを爆発させた試合が多い。

この小説の試合もそんな感じで描かれている。サッカーをほとんど見たことがない人は試合の描写にちょっと入り込めないかも。

悪魔のパス 天使のゴール (幻冬舎文庫)
悪魔のパス 天使のゴール (幻冬舎文庫)村上 龍

幻冬舎 2004-01
売り上げランキング : 160937


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2013-01-18LOOPER

[]LOOPER LOOPER - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - LOOPER - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 LOOPER - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今年一発目の劇場鑑賞映画。

町山智浩さんの映画評で絶賛で、アカデミー賞候補!なんて言っていたけれど、作品賞ノミネートには入らなかった。他にいい映画もたくさんあったからねぇ。

ノミネートされなくても、いい映画だった。今まで無かった切り口で、現代のテロとその対策の問題に切り込んでいる。テロを題材にした映画じゃないけれどね。

ブルース・ウィリスが出てきて、銃を撃ちまくって、絶対死なないから、「ダイ・ハード」か?とも思えてしまうんだけれど、それを倒す唯一の手段を主人公が気づいたところがこの映画のキモだな。

不思議な映画だったけれど、タイムマシンネタにありがちなちょっと論理矛盾もあったりして、そこを解消してくれればすっきりしたんだけれど。まぁ、ほんのちょっとのほころびなんだけれど。

新年は劇場で観たい映画が目白押し。「アルゴ」を見逃してしまったのが心残り。

Looper [DVD] [Import]
Looper [DVD] [Import]

売り上げランキング : 81799


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2013-01-04金田一耕助の冒険

[]金田一耕助の冒険 金田一耕助の冒険 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 金田一耕助の冒険 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 金田一耕助の冒険 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

CS視聴。1979年の映画だから、34年前。私が中学生の時の映画。私は小学校から金田一耕助シリーズが好きで、小説を読んでいて、映画もよく見にいった。そして今までの金田一耕助シリーズとは異色の何だか楽しそうな映画が封切られるということで、わくわくして観に行ったことを思い出す。

熊谷真由美がかわいかったという印象が今でも続いている。

金田一耕助シリーズのパロディーでありながら、そのパロディーを金田一耕助が演じているという不思議な映画だ。事件に入りながらも、その事件を客観的に批評する。

「まだ殺人は起きていないんですか?」「私が犯人じゃだめなんでしょ?」「もっとしたいが出てくるはずだ。」「これからどんどんおどろおどろしくなる。」

そしてところどころに出てくる当時の映画やCMのパロディー映像も、すっかり当時の元ネタを忘れてしまっていたが、「そうそう、こんな感じのがあった。」と思い出させてくれるものだった。あの頃は角川映画全盛期だったなぁ。

確か「金田一耕助最後の事件」として、金田一耕助シリーズ最後の映画ということで宣伝がされていたような気がするが、ラストシーンで、「まだまだこんなんでは終わりませんよ。」「等々力警部、場合によってはあなたを犯人に仕立てることもしますよ。」と、これから続くようなこともほのめかすが、最後の場面で等々力警部は金田一耕助を撃つ。不思議なラストだ。

そしてセンチメンタルシティーロマンスの主題歌が哀愁を帯びていいのだな。タイトルバックが消えてしばらくまっ暗な画面のまま曲が最後まで流れる。たしか、少年だった当時、茫然として「終わってしまった—!」と思って映画館の中で席を立たずに聴いていたことを思いだした。

けっこうがちゃがちゃした映画だけれど、大林宣彦監督は昔こういうの撮っていたよなぁ。今は亡き横溝正史も「こんな映画に出たくはなかった。」というセリフで出てくるし(何のパロディーだったかな?)。

f:id:F-Katagiri:20130104091807j:image

金田一耕助の冒険 [DVD]
金田一耕助の冒険 [DVD]
PI,ASM/角川書店 2001-10-25
売り上げランキング : 16351


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

bunbun-hbunbun-h2013/01/19 19:15脚開いてるの、横尾忠則っぽいですね。横尾さんなのかなあ。でも違いますね。

F-KatagiriF-Katagiri2013/01/19 20:15bunbunさん、そういえば、そんな感じのポスターですね。構図といい、色遣いといい……。

2013-01-03金田一耕助の冒険

[]百年法 山田宗樹 著 百年法 山田宗樹 著 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 百年法 山田宗樹 著 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 百年法 山田宗樹 著 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

久しぶりにのめり込んだ小説だった。

HAVIという技術により人間は不老化することができた。つまり、永遠の命を手に入れることができた。しかし、それに合わせてHAVIを受けてから100年で死ななければならないという法律が「百年法」である。

永遠の命を持っている人間ばかりであふれてしまうと、「新たな血」が流れ込まず国も民間も動脈硬化を起こしてしまい滅びるというのだ。しかし、「100年経ったから死ぬ」ということを簡単に人間は受け入れることはできない。

これは人間や組織や国の「老い」の問題を扱った壮大なシミュレーションだ。とてもよくできた小説だった。

百年法 上
百年法 上山田 宗樹

角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-07-28
売り上げランキング : 4034


Amazonで詳しく見る
by G-Tools