Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2012-06-11日常と非日常

[]日常と非日常 日常と非日常 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 日常と非日常 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 日常と非日常 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

新潟ではほとんどの高校でこの時期に体育祭がおこなわれる。私の勤務校でも先日おこなわれた。

体育祭は「非日常」である。子どもたちはこの「非日常」のために「日常」を削り、準備する。よく、「この熱意が勉強に向けられれば……。」なんていう職員や親がいるが、「日常」あっての「非日常」、「非日常」あっての「日常」である。どちらも重要だし、片方に熱意を注げる人は、もう片方への熱意も強いという経験則がある。

それはそうと、生徒にとって体育祭の行事のような「非日常」は、職員にとっても「非日常」なのかというと、そういうわけでもない。日々の指導はなんら「日常」と変わらないのである。日常に指導していることと、行事における指導とで矛盾があっては生徒は混乱するし、見透かされる。つまり、行事での指導も同じ指導でなければならないので、職員にとっては体育祭であろうとも「日常」なのである。当たり前だ。仕事なんだから。

ということで、体育祭があっても職員は「非日常」を経験することがない。学生時代は「非日常」は定期的に学校から与えられるものだが、社会人になると「非日常」は自分で見いださなければならない。結婚式なんかは、かなり大がかりな「非日常」なのだが、人生の内何度もやってくるものでもない。

だから、ある人にとっては祭なんだし、ある人にとってはスポーツの試合だったりする。私にとってはアルビレックス新潟ホームゲームなのだが、最近その「非日常」から目を背けたくなってしまうのが、悩みの種だ。

[]捜査官X 捜査官X - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 捜査官X - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 捜査官X - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

せっかくの平日休みだから、どの映画を見ようか?とネットで検索してたまたま気にとめた映画に行った。本当は別の映画に行きたかったんだけれど、息子たちが帰宅する時間までに戻れなかったからこれにした。

国設定と時代設定と捜査官という面白い取り合わせで今までにあまりなかったタイプの映画だった。

しかし、登場人物の内面の葛藤の構造があまり表出されず、テーマとしてはぼんやりしたものだった。最終的にアクション映画になってしまい、前半のミステリアスな感じが後半にはなくなり、結局力と力の対決か?とがっかりしてしまった。香港映画だからしょうがないのかな?それで最終的な決着も、あれ?運?なんて感じになっていて、すっきりいかないのだった。

前半の感じを押し通せば、東洋風「羊たちの沈黙」を描けたんじゃないのかなぁ?残念だけれど、続編に期待できる映画だから、お勧めです。


映画パンフレット★『捜査官X』/ドニー・イェン、金城武、ジミー・ウォング、タン・ウェイ映画パンフレット★『捜査官X』/ドニー・イェン、金城武、ジミー・ウォング、タン・ウェイ

シネマインク
売り上げランキング : 123525

Amazonで詳しく見る
by G-Tools