Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2012-04-28ジャイアントキリング(23巻)

[]GIANT KILLING(23巻) GIANT KILLING(23巻) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - GIANT KILLING(23巻) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 GIANT KILLING(23巻) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

椿がゴールするだけで、漫画だけれども勇気が湧く。頑張っていこうという気になる。うーん、弱っているなぁ。


GIANT KILLING(23) (モーニング KC)GIANT KILLING(23) (モーニング KC)
ツジトモ 綱本 将也

講談社 2012-04-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2012-04-03日帰り佐渡の旅

[][]日帰り佐渡の旅 日帰り佐渡の旅 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 日帰り佐渡の旅 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 日帰り佐渡の旅 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20120403201709j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20120403205127j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20120403210935j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20120403205151j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20120403210703j:image:w260:left

休みを取って、子どもたちと旅に出た。子どもが春休みの時は休みを取って旅に出る。平日だったらなお良い。今年は春休みながら働きづめで、休みまで働いたので、平日に休みを取った。長男は友だちと遊ぶ約束をしていたのだが、「行かないの〜?」と行って無理矢理一緒に行った。

いつもはJRで出かけるのだが、あんまり遠くだと次男は列車に飽きてしまうんじゃないか?という懸念と、ちょうど天気がいいということで、佐渡に行くことにした。佐渡はずいぶん行っていないなぁ。

長男は3歳くらいの時に夏に連れて行った。次男はお腹の中にいた。それ以来だった。佐渡汽船の定番といえば、出航後えびせんをカモメに食べさせるというもの。カモメもそれを期待してフェリーを追いかける。初めは恐がっていた子どもたちもカモメが近くに来ても逃げなくなった。長男はやっとのこと手に持ったえびせんをそのままカモメに食わせることができた。

楽しい船の旅と思いきや、誤算はその後。海は結構うねりがあった。かなり船がゆれる。次男がまずやられてしまった。気持ち悪いということで、甲板に出たり、椅子に座ったり。船の後ろの方が揺れないということに気づいて、いる場所を移動した。

次男はかなり具合が悪くなったが、そのうち眠ってしまって、何とか保った。よかったよかった。長男はちょっとぐったりしていながらも本を読んでいた。それだったら大丈夫。

両津港について、歩いて寿司屋に向かった。佐渡に滞在できるのは4時間のみ。寿司を食べて温泉に入るというプランだ。食べログで結構評価の高かった両津港から歩いて行ける魚春という店に入った。とても小さな寿司屋だった。脚は誰もいない。春の平日佐渡なんて、観光客なんてほとんどいないんだろうな。

おかみさんがとっても愛想が良く、感じが良い店だった。巻物と梅と松を頼んだ。私はすかさずビールの大瓶。ちょっと時間がかかったが、子どもたちは機嫌が良いので安心。寿司はネタがぷりぷりしていて、ちょっと歯ごたえもあったけれど、満足満足。

両津港から歩いて行ける日帰り温泉まで行った。別館が日帰り温泉になっているのだが、さすが平日昼間、ホテルの受付に行っても誰もいない。何とか呼び出して聞いてみたら、「お風呂は3時からです。」なんて言われた。今は1時半。うーん、ホームページに書いておけよ!と思ったが、しかたがない。ここら辺で日帰り温泉があるところは?と聞いても無いという。

がっかりして帰ろうと思ったら、一度引っ込んだフロントの人が、風呂を見てきてくれて、「あと20分くらいしたら入れるから、お風呂の2階の休憩所で待って、それから入ってもいいですよ。お代はいりませんから。」なんて言ってくれた。ありがたいありがたい。

10分位まって、待ちきれないのでお風呂に入ってみたら、ぬるいぬるい。冗談じゃないほどぬるい。しかし一度入ってまた上がるとさらに寒いので、入り続けるしかない。子どもたちには入るのを待たせたんだけれど、待ちきれなくて入ってきた。

案外子どもたちはプール感覚なのか、はしゃいで入って泳いでいる。私は温泉の流し口近くから離れられないのだが、子どもたちは大丈夫。唇だってピンク色だ。

約1時間くらい入って、湯船の中にぬるいお湯は無くなってきた。ちょうど3時だった。無料でラッキーだったのか、どうだったのか……。しかし、これで温泉に入れなかったらなんのための佐渡旅行だったかわからない。やっぱり4時間の滞在は無理があったかなぁ?

帰りはうねりもなく快適な船旅だった。船旅はゆれなければ広いし、食堂はあるしカモメの餌付けもできるし楽しめるものだな。

新潟港着は18:35だった。1日がかりの旅で、いろんなトラブルがあって、子どもたちともずーっと一緒にいられたし、いい旅立った。

bunbun-hbunbun-h2012/04/03 21:54なんか同じときにお互い意外と似たような日記書きましたね。
でも、そちらは若くていいですね。
こちらは、もう成長してしまいました。
それはそれでまた良いものですけどね。