Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2011-11-05その矛盾

[]その矛盾 その矛盾 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - その矛盾 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 その矛盾 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

知識注入不使言有無一斉授業信奉者、他者との交流は模試の偏差値を下げる敵とみなしている人が、現代文問題演習に選んだ問題は内田樹先生の「下流志向」だった。問題集作成会社が選んだのだけれど、その内容は、

市場原理主義は、教育を蝕む。この勉強をすれば何に役立つのかと問う子どもが増え、教師は●●をすれば○○になるよと契約する。しかしそうすることで子どもの学ぶ力はどんどん減退する。

というような内容だ。問題演習をする当人は自己矛盾を感じないのか?自己矛盾を感じない場合は、そうとう文章を読み取る能力が低いということだ。

また、それを学んだ子どもたちは矛盾を感じないのか?矛盾を感じないということは、文章を読み取れていないということだし、矛盾を感じる場合は、文章を読み取ることはできるが、その次に来る授業との矛盾を感じることになる。

内田先生、悩ましい文章をお書きになる。しかし、その文章を問題にする問題集会社、はたまたそれを問題演習に取り上げる教師の技量が問われるのでは?