Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2011-08-01みちのくひとり旅 その3日目

[]みちのくひとり旅 陸前高田-新潟 みちのくひとり旅 陸前高田-新潟 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - みちのくひとり旅 陸前高田-新潟 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 みちのくひとり旅 陸前高田-新潟 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

実行委員長の実家が陸前高田ということで、被災地を案内してくれるというので、お言葉に甘えることにした。


陸前高田はテレビのニュースでよく流れた、津波が直撃した街だ。陸前高田に着く手前、かなりの山の中と思われる場所でも、「ここまで津波が押し寄せたんだよ。」と聞いてその威力の大きさに驚いた。

自動車数台で行ったのだが、途中のサービスエリアで2台に乗り合わせて回った。5月頃は見学に行く人であふれていたというのだ。

もともとどのような街だったのかわからないから、その変化も測りようがないのだが、「ここは全て家だったんだよ。」といわれ、その家がほとんど失われていた。

f:id:F-Katagiri:20110802055800j:image

線路が切れて、押し流されていた。

f:id:F-Katagiri:20110802055825j:image

高い看板のところまで津波が到達していたことがわかる跡があった。

f:id:F-Katagiri:20110802055436j:image

よくテレビで映されていた、1本松。

f:id:F-Katagiri:20110802055510j:image

ひしゃげた自動車が積み重なっていた。

f:id:F-Katagiri:20110802055225j:image

「ここが実家の跡だったんだ。」と実行委員長は教えてくれた。本当に何もない。三条の水害の時も、中越地震の時も、災害現場に立ったが、人の生活はそこにあった。そこに住んで復旧、復興しようという人たちがいた。

しかし津波の被害では、街自体が無くなった。人の生活が根こそぎ奪われていた。これは大変なことだとわかった。これから復旧するには、先ず人が住まなければならない。そのハードルの高さがわかった。

それでも帰り道、ぽつぽつと新規開店の店があった。数日後にオープン予定のローソンも建っていた。こうやって人の営みは始まっていくんだと思った。

結構陸前高田を時間をかけて見たので、石巻の知人に会うのに挫けてしまった。電話で断ってしまった。やっぱり会っておけばよかったかなー。

仙台経由で山形まで高速に乗った。山形で降りた後にいつも通る道ではなくて、ナビ通りに行って長井市経由で行ったので、見知らぬ道で山道だったので、不安になってしまった。ナビの到着時刻は1時過ぎになっている本当に着くんだろうか?

でも新潟県に入ったら、スムーズで、あっという間に到着(の気分。眠かったけれど。)10時頃には到着した。

自動車ひとり旅は結構この歳になると辛かったけれど、まだまだ行けるなぁと思ったのだった。

今回撮影した写真※右上の「マップ」をクリックすると地図とともに現れます。