Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2011-04-01キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか デラックス

[]キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか デラックス キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか デラックス - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか デラックス - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか デラックス - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

すごい本だ。自分に普段ではなかなかできないようなミッションを課し、それをレポートするというもの。「なかなかできない」というものは、物理的に能力的に不可能なのではなく、精神的に制御がかかってできないというもの。でも、それをした方がいい、それをした方が面白い、社会的にはそうした方がいいということは自分でも誰でもわかっていることなのである。

タイトルの通り、知り合いに「鼻毛が出ている」ということを指摘するのは難しい。その場ではとても気まずいが、鼻毛が出ている本人にとっては指摘された方がその後醜態をさらさずに有り難いことなのである。でも、指摘されると恥ずかしくなってその場が濁る。だからその場を平穏にやり過ごすために指摘はできない。簡単なようで難しいことだ。

中には、「40男が高校時代好きだった人を見つけ出して、好きだったと伝える。」とファンタジックなものもある。逆に「電車でたまたま一緒に乗り合わせた人と、途中下車をして一緒にのみに行く」というマゾヒスティックなものもある。

きっと著者もレポートするという前提があるからこそおこなえたのかもしれない(ミッション失敗の場合もある)。しかしこのような「プレイ」をすることで、目に見えない心の壁は何なのかを明らかにしている。そしてそんな壁は越えてしまえば何でもないということもあるということを証明している。

読んでいて、1つ1つの「プレイ」の終わりにはカタルシスを感じ、ドキュメンタリー映画を観ているような気にしてくれるものだった。


キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか デラックス (朝日文庫)キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか デラックス (朝日文庫)
北尾トロ

朝日新聞出版 2011-01-07
売り上げランキング : 197675

Amazonで詳しく見る
by G-Tools