Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2011-03-31冷たい熱帯魚

[]冷たい熱帯魚 冷たい熱帯魚 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 冷たい熱帯魚 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 冷たい熱帯魚 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

愛のむきだし」の園子温監督の作品。私はあんまりバイオレンス的な映画は見ないんだけれど、「愛のむきだし」の監督と聞いて観に行った。新潟市では約2週間足らずの上映だ。

とにかくトラウマになりそうな映画だった。性と死を衝撃的に描いている。主人公が自分で何も解決しようとせず、周りにゆだねていたのだが、ある時点から自分で解決しだすというもの。「生きるっていうのは痛いんだよ。」というセリフが印象的である。

オープニングシーンで、食事を作る場面がある。その食事が全てインスタント食品をレンジで温めてそれを食器に盛るというもの。食器は病院にあるようなプラスチックのもの。家族3人が食卓を囲んでいるのだが、このシーンだけで、「この家庭は崩壊しているんだな。」ということがわかる。非常にうならせる演出だった。

全編を通じて猟奇的殺人シーンが登場し、ラストの場面は壮絶である。誰とも一緒に観に行きたくない映画だ。でも、黒沢あすか神楽坂恵がきれいだから観ていられたようなものだ。




1つ残念だったところは、最後にどうして妻と娘が警察の車に乗せられてい現場まで来る必要があったのかがわからない。ラストシーンを持ってくるために必要ないのに登場させたようなものだなぁ。残念。でも、忘れられない映画になると思う。

bunbun-hbunbun-h2011/04/03 20:33大学生のとき、三軒茶屋で観た、映画「純」を思い出しました。(すみません、理由はわかりません)
あと、大学を卒業するころに吉祥寺で観た、映画「家族ゲーム」も、食卓の場面で思い出しました。

F-KatagiriF-Katagiri2011/04/03 20:50「純」は観たことありませんが、「家族ゲーム」は、横一列の食卓でしたよね。あれもかなり違和感ある食事場面です。

2011-03-27六日町とお好み焼きの旅

[]六日町お好み焼きの旅 六日町とお好み焼きの旅 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 六日町とお好み焼きの旅 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 六日町とお好み焼きの旅 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20110329085640j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110329085702j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110329085710j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110329085818j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110329085853j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110331083646j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110331083658j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110329085938j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110331083732j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110329090000j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110331083747j:image:w260:left

次男が4月から小学生になる。小学生になると鉄道料金がかかる。ということで、今のうちに鉄道旅行をすることにした。実は長男が小学校に上がる前に私と2人きりで鉄道旅行をした。その時は、磐越西線に乗り、只見線上越線信越線とぐるっと回ってきた。

と、ここで、過去の記事を検索したら、全く同じようなことを書いていた

今回は、家族4人と、妹夫婦の6人で出かけた。実はこの6人でスキーに行く予定だったが、今回の地震でおじゃんになったので、せっかくだから、雪が多いところに行こうということにした。

六日町は私の最初の赴任先で、約10年間住んでいたところだ。妻とも結婚して暮らしていた。だから思い出の地巡りということもあった。また、「天地人」で話題になり、2年前坂戸山の風景なんかがテレビで映しだされ、懐かしく見ていたから、早く訪れたいという気持ちがあった。

新潟駅列車に乗った時は、いい天気だったが、長岡に行くとちょっとずつ雪が多くなり、小千谷に入るとかなり雪が積もってくる。小出、浦佐となると曇ってきて、六日町に着く頃には雪がちらちら降ってきた。

オーストラリアケアンズ在住の妹夫婦、特に夫の方は多くの雪と舞い散る雪を見て大興奮だった。

いろんな事情でせっかく六日町についても温泉には入らず、「天地人」で幼少の兼続が修行した雲洞庵に行った。「天地人」から2年経っているのと、今回の地震の影響で観光客はめっきり減った。おかげで雪の降るひんやりして静かな雲洞庵を感じることができた。

全く暖房が無く、障子を隔てた外は雪景色である。さらに戸が開放されているので外気と全く同じ気温で身が引き締まる。戦国時代もこれほどの寒さに耐えてここで修行していたんだろうか。でも、与六がこの雲洞庵から大雪の深夜、街中までひとりで歩いて脱走できたとはとても思えないんだけれど。

六日町駅から雲洞庵まではタクシーに乗った。雲洞庵からの帰りはどうしようかと思ったけれど、タクシーの運転手が「待っていようか?」というので、お願いした。雲洞庵からタクシーを呼ぶのはちょっと大変なので、有り難かった。これも観光客が減ったからできる芸当なのかもしれない。

六日町の街中はずいぶん様変わりしていて、以前は六日町駅から始まるメイン通りは、魚野川でいったん右に曲がらなければならなかったのだが、そこに橋が架かって一直線に進むことができる。それがあって、どこにいるのか一瞬分からなかった。

その橋のたもとに足湯があった。温泉に入れなかったし、雲洞庵で足下が冷え込んでしまったので、カミさん以外は喜んで入った。カミさんはタイツをはいていて、残念ながらそれを脱ぐところがなかったので入れなかった。

帰りに六日町に住んでいた時に必ず買っていたパン屋の「Epi」に行ってパンを買おうと思ったら、建物自体がもうなかった。その隣の人形屋は看板がぼろぼろになっても建っていたんだけれどな。ずいぶん様変わりして、よく行ったラーメン屋や韓国料理屋も無かった。寂しいな。

さてこの旅行の2つ目の目的地は長岡駅前にある、広島お好み焼き屋「中しま」だ。新潟駅南けやき通りに店があったのだが、もともと長岡に店があり、そしてこの間長岡に帰ってしまったので、食べに行った。

予約していったのだが、親父さんはうちら家族の顔を見てびっくりしていた。新潟店にあったスポーツ選手との記念写真がそっくり飾ってあって、安心した。ただ、アルビの大きな旗は貼っていなかったなぁ。広島カープ一色になっていた。

新潟で食べた広島お好み焼きと同じ味で、また長岡に来ようと思った。

帰りは快速「くびき野」に乗ることができて、ずいぶん時間短縮になった。次男はとうとう寝てしまった。小学校に上がるのに、眠くなるとぐずるから、大丈夫かな?なんて思ってしまう。おんぶして改札まで行った。

列車の旅は、自分が運転しなくていいし、天気が悪くても気を張っていなくていいし、いいものだ。日曜日だったから乗客も少なかったし。

この4月で私は転勤になる。六日町-堀之内-長岡-三条上越信越線に乗り、自分の教師になってからの生活をふりかえる旅になった気がした。

2011-03-26目隠しサッカー

[]目隠しサッカー 目隠しサッカー - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 目隠しサッカー - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 目隠しサッカー - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

人間が攻撃するというのは、不安なとき、自分(の地位・の自我……)が脅かされそうになるときだ。同じ事を仲のいい人に言われてもかっと来ないが、見知らぬ人に言われるとむかっと来る。仲のいい人は自分を脅かすことはないと分かっているからだ。

今、藤波心さんのブログの記事が話題になっている。原発の事故に関して、若いながらしっかりした記事を書いている。それに対して賛否両論のコメントがもうすでに1500以上も書かれている。きっと藤波心さんよりも年上の人がほとんどだろう。

否定意見の中には、感情にまかせて上からの目線で書いているのも多い。そういう人は自分の何かが脅かされると思って書いている人が多いのではないか?さて、何が脅かされるのだろう?13歳のアイドルブログで書いたことである。

失礼ながら藤波心さんはそれほど有名な(AKB48ほど)アイドルではない。私も今回のブログの記事で初めて彼女を知った*1。その芸能人が言ったことに対して、なぜ「脅かされる」と感じた人がこれほどいたのだろう?

それは「核心」をついたものだからだと思う*2。誰もが避けて言えないようなことを素直な言葉で当たり前に書いていたからだ。何のしがらみも無いような人*3の言葉こそ強いものは無い。

しかも、自分よりもかなり若い人が「核心」を付いた発言をしたので、それを否定して自分の浅はかさをも否定したいという気持ちがあるのかもしれない。最近ハヤリの「不安を煽るな」なんていう言葉を使ったコメントも多くある。彼女が何かを書いたからと言って、彼女の立場による発言は、「煽る」ような力は無いんじゃないかな?彼女は煽ろうとして書いているのではなく、我々が見過ごしていた「核心」を付いたから我々が騒いでいるのだ。

もっと感心したのは、藤波心さんは記事に寄せられた様々なコメントを全て読んで、否定的コメント、悪意に満ちたコメントも全て掲載しているということ。大変なことだ。立派なことだ。なかなかできることではない。それができるからこそあのような記事も冷静に書けているんだろうなぁ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私はこの記事を読み、今回の原発事故でようやく分かったのは、日本に原発がいるかいらないかというのが問題ではなく、日本のこの情報システムにおいては、原発は作ってはならなかったということ。事故が起こればそれを隠す、必要な情報は流さない。被害を過小評価して国民を危険にさらす。または必要な情報を引き出す能力、メディアリテラシーのできないマスコミがはびこっている日本の情報システムでは、リスク管理なんて全くできない。

パスミスをした後に他の選手がフォローしないチームがサッカーの試合に勝てるはずはない。「この選手は絶対にパスミスはしない」という前提で試合に臨んでいるんだから。そして起こってしまったパスミスがどの程度のものか(ボールが相手選手の前に転がっていったのか、チームの選手の方に転がっていったのかなど)周りのチームメイトが分からない(目隠しをして、またはされてサッカーをしている?)。そしてチームを取材するプレスも監督の言ったことしか報道しない。そりゃあいい試合ができるはずないよ。

*1:ひどいコメントの中に、「売名行為」なんてあったけれど、最低のコメントだ!正しいと思ったことを素直に書いて「売名行為」なんていうのは、日本の言論の自由がいかに浸透していないかが分かる!

*2高橋源一郎さんは「地震発生以来、ぼくが読んだもっとも知的な文章」と評している。

*3:本当はかなりリスキーな発言だ。もしかしたらこの書き込みで彼女は民放の番組を全て干されるかもしれない。民放が東電の対応をほとんど批判しないのは、東電が民放の大スポンサーだからだ。

2011-03-24デマ・買い占めが起こる原理

[]デマ・買い占めが起こる原理 デマ・買い占めが起こる原理 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - デマ・買い占めが起こる原理 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 デマ・買い占めが起こる原理 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

情報が少なく、出された情報に信憑性が亡くなると、デマがまかり通り、買い占めが起こる。デマも買い占めもどちらも「不安」から起こるものだ。

日本では原発から30kmが退避圏としているが、アメリカ・フランスを始めとする各国は80kmとしている。

この50kmの違いはどこから来るのだろう?原発に責任がある国と責任のない国の違いだろうか。そこに国民が多くいる国と少ししかいない国の違いだろうか。事態を過小評価している国と過大評価している国の違いだろうか。

この範囲の違いを東電と国は何も説明していない。ちょっとした情報でも過敏に反応せざるを得ない。そうなると不安が発生する。情報に対して疑いを持つ人が出てくる。

昨日ミネラルウォーターを買い占めする写真がTwitterに上がってそれを批判するツイートがあったが、渦中にいれば批判なんかできない。私だったら乳児はいないが小学校の子どもがいるので、子どもには絶対水道水を飲ませないだろう。

「危険だ」という情報と、「安心だ」という情報が入り乱れている。直接被害を受ける市民は「危険だ」という情報に頼らざるを得なくなるのは当たり前だ。

きちんと安心できる情報がふんだんにあれば、不安に駆り立て、必要以上の買い物なんてしないものだ。

私としては、ニュースや政府記者会見発表のような大上段から「これが正しいんだよ」という情報よりも、Twitterで発信される雑多な情報から取捨選択する方法をとっていくつもりだ。

2011-03-19卒園式

[]卒園式 卒園式 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 卒園式 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 卒園式 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20110319134849j:image:w260:left

次男の卒園式だった。この保育園には、新潟市内に引っ越してから、長男、次男とお世話になった。7年間だ。

7年前、長男が転園したときに式で先生方がモーニング娘。を踊ってくれて、「この園はこんな明るい先生ばかりですよ。安心して子供を預けてください。」ということを表現していたんだと思う。

次男は長男が年中だったときに未満児で入園した。長男がいたこともあって、次男も安心して通っていた。しかし、長男が小学校に入学して初登校の日、長男が行く道と自分が行く道が違っていて大泣きしたそうだ。

でも、そんな次男も何とか卒園した。まだまだぼんやり君で、しかもきかん坊だから、小学校に行って大丈夫か心配なんだけれど、卒園式の態度を見ているとぴしっと身動きせず座っていられて、ああ、子供というのは周囲の環境で育っていくものだと思った。

式では園長先生から卒園証書を受け取って、子どもが保護者に手渡すという流れになっている。前日、次男に「お父さんとお母さん、どっちに手渡したい?」と聞いたら、「お兄ちゃんの時はお母さんに渡したから、今度はぼくがお父さんに渡す。」と言ってくれた。何とも泣かせるじゃないか。

そして渡してくれた時、握手をして、何やらつぶやいているから、耳を口に近づけてみると、「習字の時に、字が上手になったって褒めてくれてありがとう。」なんて言ってくれた。そんなこと言ってくれるとは思わなかったので、びっくりして、ウルウルしてしまった。

震災の影響で、近くのホテルでの謝恩会は中止し、保育園でささやかに行うことになった。そこで今年は子どもたちと先生がたがAKB48の「会いたかった」を踊ってくれた。モームスで始まって、AKBで終わった保育園だった。

ghjalghjal2011/03/20 13:58ご卒園おめでとうございます。なかなかに親心をくすぐる息子さんではありませんか。微笑ましい。モー娘からAKBかあ。時代の流れを感じますね。ささやかな幸せを噛み締めて感謝する毎日ですね。

2011-03-13ヤシマ作戦

[]ヤシマ作戦 ヤシマ作戦 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - ヤシマ作戦 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 ヤシマ作戦 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

停電が起こっている地域は、送電システムの故障のためもあるが、電力供給が足りないからという理由もある。発電所の停止によって、電力供給が十分ではなく、自然と停電になる。

停電になると、病院で電気によって動いているシステムで生命を維持している人が亡くなってしまう。そのために停電を起こしてはならない。

夜の18時から20時あたりが電力消費量がピークになるので、そこの時間帯が危険である。だからその時間帯になる前に、やることをやって、その時間帯は電機を使うのを控えようというのが「ヤシマ作戦」だ。

ヤシマ作戦」って、どうして「ヤシマ」なのか?と思ったが、Twitterで回ってきた情報にヱヴァンゲリオンの作戦だというのだ。そういえばそういう回があったなぁ。ヱヴァンゲリオンの武器に電力を供給するために、一般市民が電気を使うのをやめて、そちらに集中させるという作戦が。

Twitterで「ヤシマ作戦」と周り、たくさんの市民の協力が得られて、12日の夜の作戦は効果があったというのだ。ひとりひとりの節電量なんてほんのわずかなものだけれど、「みんな」でやれば大きな力になるというのだ。

Twitterをやっていたからそういう細かい情報が分かり、何となく「連携」することができた。子どもたちにもきちんと説明して、1つの部屋に集まり、なるべく他の電気を使わないように伝えることができた。待機電力を使っている家電のプラグを抜いた。

テレビだけを見ていたら、そんなことはやろうと思わなかった。「みんなでなんとかしよう」という意識を持てただけ、Twitterの威力はすばらしい。

自分がフォローしているタイムラインを読んでいて、不快なツイート、不安をあおるようなツイートがほぼ皆無だった。テレビ番組のユーストリーム生中継のガジェットとしておいてあるTwitterウインドウには、不快、あおりツイートは満載である。

つくづく信頼できる人をフォローするというのは重要なことだし、私のフォローの基準は間違っていなかったと思う。

これから心配なのが、デマ、風評だ。デマ、風評というのは、誰も悪気があって流すものではないというのがやっかいだ。「善意」によって知らしめようとすることによって流布してしまう。

本当に信じられる情報、本当に自分で有益だと実感できた情報のみをリツイートすることを心がけなければならない。

新潟中越地震の時に、マスコミの中継車が駐車場を占拠して、救援物資を運んでくるトラックが入れず、どいてくれと頼むが、マスコミは対応しなかった。」なんていう情報があるブログに書いてあり、これを広めてくれとあった。私はそれを鵜呑みにして、自分のホームページに掲載したが、後からこれはデマだと分かった。非常に恐いことだ。何の根拠もなく、「マスコミはそういうことはするだろうなぁ。」という固定観念でデマを流してしまった。

真実と分かる、有益だと分かるまでリツイートはしない。リツイートするとしたら、公式リツイートをする。公式リツイートをすることによって、情報源が「間違いだ」と気づいて削除すると、全てのリツイートが削除される。「RT(コメントを入れるリツイート)」だと誤情報が消えずにどんどん流れてしまう。Twitter2年以上使って、ようやく公式リツイートの意味が分かった。

ghjalghjal2011/03/13 08:35デマが実は親切心を利用して広まるということがあるのですね。気をつけます。「ヤシマ作戦」正にヱヴァンゲリオンのその回そのものですね。上手いネーミングです。命をすり減らしている綾波レイ役が、きっと現実世界にもいるのだと思うと。頑張って欲しいという声援と、ありがとうの感謝の気持ちでいっぱいです。

F-KatagiriF-Katagiri2011/03/14 06:13ジーンさん、ありがとうございます。
そちらは大変な揺れと混乱だったでしょう。これから揺れはおさまっても、計画停電なんかで混乱は続きますね。ご自愛ください。

2011-03-12お見舞い申し上げます

[]お見舞い申し上げます。 お見舞い申し上げます。 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - お見舞い申し上げます。 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 お見舞い申し上げます。 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。

新潟長野の県境あたりが震源の地震もたびたび起こりましたが、新潟市は朝6時現在、目立った被害はないようです。

約7年前の新潟中越地震でわれわれはたくさん援助をもらいましたので、今度はできる限りのことをしたいと思っています。

携帯電話がつながりにくくなっているようですが、メール、ツイッターなどのデータ通信では、つながりやすいようです。

通話は、携帯電話にかけられるスカイプアウト(スカイプの有料サービス)やViberiPhoneアプリ・通話も無料)は携帯電話よりもつながりやすい(データ通信回線を使用するため)ようです。

相手側の携帯電話の電池切れ(避難所が停電している所が多いようです。)、または回線の混雑で電話がつながらない可能性が大きいですので、電話がつながらないといって、悲観しないでください。

被災地をみんなで復興させましょう!

2011-03-02偶然は必然

[]偶然は必然 偶然は必然 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 偶然は必然 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 偶然は必然 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

約1年前、大嶋啓介さんの講演会に参加して、「引き寄せの法則」を知った。なんだか、「これ、本当のことかな?」と思って、意識を変えてみた。そうしたら、ちょっとずつ変化が起こってきた。

それほど大げさなことじゃないけれど、たとえば、長年使っていたネクタイハンガーが壊れた。あたらしいの買わないとだなぁ。どこで買えばいいんだろう?紳士服店かな?などと思って2〜3日過ごしていたある朝、たまたま15分早く床から出て、NHKニュースを見たら、生活情報のコーナーで、便利なネクタイハンガーを紹介していた。使い勝手良さそうでネットで調べたら結構安い。早速Amazonで注文した。

この、たまたま15分早く床から出た(いつもは目が覚めてからうだうだ15分ぐらい布団の中にいる)のはなんと説明できるんだろう?偶然だろうか?

いや、必然だと思っている。何かを願うとそれが叶うように世の中は回っているんじゃないかな?

実はここ何年も叶わなかったが、昨年の今頃から1年間本気で願っていたことがもしかしたら叶うかもしれないのだ。うーん、こんなことってあるんだなぁ。これも偶然か?いや、引き寄せの法則だと思う。



「好き」と「嫌い」は同じだと、私の尊敬する方がTwitterに書き込んでいた。どちらも心を支配されるとというのだ。なるほど。

嫌いな人のことで心が支配されるのはもったいないから、無視するに限る。というか、「無視」も意識しているということだから、「気にしない」というのが一番いいんだなぁ。前向きなことで心を支配されたい。

前向きに。

sakusaku0428sakusaku04282011/03/13 07:29大島啓介さん→大嶋啓介さんですよね。居酒屋てっぺんの…
私も、この方にお会いしてからさまざまな出会いが広がりました。
ちなみに私のNO1宣言は「夢をあきらめない男日本一」です。

F-KatagiriF-Katagiri2011/03/14 06:12sakusaku0428さん、ご指摘&コメントありがとうございます。修正しました。

私は何だろう……。世界の幸せを願う男№1……。大げさすぎるか。