Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2011-02-08

[]NIEネットワーク部会に向けて(電子新聞の可能性) NIEネットワーク部会に向けて(電子新聞の可能性) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - NIEネットワーク部会に向けて(電子新聞の可能性) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 NIEネットワーク部会に向けて(電子新聞の可能性) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

2月19日(土)13:30〜に新潟市の新潟日報本社においてNIEネットワーク部会が開催される。そこで国語部会として新聞の電子化の功罪についての意見交換がおこなわれる。

新潟日報は、それほど新聞電子化を勧めていないようだ。最近は私も新聞についての考えがずいぶんと変わってきたので、いろいろつっこんだ質問や提案をしてみようと思う。以前ツイートしたことをまとめて掲載してみる。

  1. 月額が1000円くらい安くなったらきっと電子新聞を購読すると思う。
  2. 日経は電子新聞の方が値段が高いようだ。なんで?配達分のコストは低いのに。
  3. 産経新聞のようなものだったらきっと購読しない。あれは単に大きな紙面を小さくしただけだし、非常に見にくい。iPhone版は無料だから見るけれど、iPad版は有料だし、購読する気にはならない。
  4. ネットのニュースは関連記事のリンク一覧が掲載されているけれど、電子新聞はそういうところを充実してほしい。過去のその記事がすぐに検索できるようなもの。
  5. 新聞紙の一番の使い勝手は、切り貼りできること。その使い勝手を電子新聞でできたら最高だ。気になった記事をエバーノートなんかにすぐにアップロードできる機能。そうすれば、自分の気に入った記事を簡単にストックできる。
  6. 著作権がどうのこうのと面倒くさいことを言い出すのは予想できるけれど、自分で買ったコピーフリーのmp3音楽はあんまり違法コピーされないというデータがある。あんまり著作権でがんじがらめにすると、可能性が摘まれる。
  7. それから、Twitterとの連携を考えてほしい。検索単語を登録しておいて(例:アルビレックス)、その記事が書かれたらTwitterで知らせてくれるようにしてほしい。
  8. VODのように、興味関心のある記事だけを買うということも可能だ。検索キーワードにあたる記事だけ月極で買うこともできたら新たな購読者も見込める。今購読している新聞は約3,000円/月だけれど、半分以上の記事を読んでいない。
  9. 全国・世界ニュースはネットやテレビで十分なところもある。地方新聞は地域の記事に特化することによって活路を見いだせる。それを電子新聞にして、ペイパービューにすれば、結構売れるのではないか?
  10. 電子化することによって、今現在では「速報」分野では立ち後れた新聞が復権できる機会だ。「締め切り」に追われることなく、何度でもその話題を更新することができる。これは強みになる。紙面のスペースという理由で削除しなければならない記事が無くなる。
  11. もっと細かい特徴を挙げると、新聞がカラーになることと、動画を組み込めること。尖閣YouTubeビデオリンクが新聞記事にあったらインパクトあっただろうにと思う。ネットとの融合を図ることにより、新聞は盛り返すんじゃないかな?
  12. しかし、今まで書いたこと、10年たっても日本じゃ実現しないかもという気もする。そしてそのうち新聞社はつぶれるか、ネット関連会社に買収されるのかも。ネットを毛嫌いしている新聞社、記者クラブで同業者を守っているうちに、総倒れになるかも。

書いたことは、新聞社の問題というよりも、記者クラブの問題なのかもしれない。このツイートを書いた後に、自由報道協会が発足し、小沢一郎氏の記者会見なんかを実現している。そしてネット生動画を配信している。このままじゃ、記者クラブに依存している新聞社はこれから太刀打ちできないでしょう。

NIEネットワーク部会の詳細はこちら。参加希望者はメールをいただければ、申込先に転送いたします。

ghjalghjal2011/02/13 22:34電子スクラップ構想。賛同です。

F-KatagiriF-Katagiri2011/02/14 18:02evernoteだと、レイアウトが崩れてしまいます。これからはネット側で対応して欲しいです。