Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2010-12-31今年の……

[]今年の本 今年の本 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今年の本 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 今年の本 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

自分の楽しみのために読んだ本は28冊。去年の34冊に比べてずいぶん減ったなぁ。あんまり家で本を読まなかったせいか?

小説では、「ミレニアム」シリーズ(1〜3シリーズ上下巻計6冊)が面白かった。海外翻訳物を珍しく集中して読めた。映画化もされているが、シリーズ1しかDVDになっておらず、シリーズ2〜3は全国でも上映館が限られている。新潟では公開されないのかな?

「のぼうの城」も映画化が待ち遠しい。

わくわくしたビジネス書「ゲームの父・横井軍平伝 任天堂のDNAを創造した男」だな。ものづくりという視点から、目新しくない簡単な技術を応用することにより、たくさんの人々に受け入れられる製品を作り出せるということが書かれてあった。

タイトルだけでわくわくしたビジネス書「ゴールは偶然の産物ではない」だ。アルビレックス新潟がシーズン当初や中盤、不振だったので、なんだかこういう本でも読んで自分を奮い立たせないとやっていられなかったのかもしれない。

てなことで、今年のベストは「ミレニアム」シリーズ。2と3の映画、DVDで早く観たい。

[]今年の映画 今年の映画 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今年の映画 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 今年の映画 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

ふりかえってみると、評判を聞いて、期待が膨らみ、実際観てみたらそうでもない映画が何本かあるなぁ。のだめや、踊る大捜査線や、SPや、ボックス!、ライアーゲームなど。あら、みんな日本映画だ。

今でも心に残っている映画は、「マイレージ、マイライフ」「ザ・ロード」、DVDだったけれど、「ブロードウェイ・ブロードウェイ」だな。

これらは、全てラジオからの情報で観た映画だ。最近の私の情報源はほとんどラジオからになっている。ラジオと言ってもラジオ番組のポッドキャストだけれど。ラジオの情報はテレビと違ってコアな情報がダイレクトに来るところがいい。

ということで、今年の私のベスト(劇場で観たもの)は「マイレージ、マイライフ」だな。淡々とした映画だったけれど、終わった時のほんのりした望みも感じられて、いい後味を持って映画館を出られた。この歳になったから味わえる映画かな?とも思う。

[]マスメディアについて マスメディアについて - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - マスメディアについて - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 マスメディアについて - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今年1年、ラジオから(特にTBSラジオ)の情報で、今までの考え方(思い込み)ががらりと変わった気がする。そして私の行動の元になる情報も、ほとんどがラジオからのものになった。

映画の情報に限らず、新聞・テレビでは一般ウケするような情報が流される。業界の体勢に反する、または、業界の意向に反することは報道されない。しかし、ラジオはなぜかそれができる。新聞・テレビからは流されない情報がラジオにより流れてくる。

ちょっと前までは、私はインターネットに流れてくる情報は、信用できないものが多いと思ってきたが、そうではなくて、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネットどれも同じレベルで信用できる情報と信用できない情報があると気づかされた。

あっけにとられたのは年末のテレビ・新聞の海老蔵報道だ。おいおい、世界ではウィキリークスの話題で持ちきりなのに、なんでNHKもこぞって海老蔵報道なんだ?チンピラに殴られる芸能人なんてたくさんいるし、海老蔵がトップニュースで報道される芸人だとも思えない。

なぜウィキリークスの報道が海老蔵報道よりも大きく扱われないのかというと、テレビと新聞の脅威になるからだ。インターネットからの報道が今までの日本の報道システムをがらりと変えてしまう。例えば昔、商品流通のシステムが、生産者-問屋-小売りというものだったのに、中間マージンを削るために、問屋を経由しないで生産者-小売りのシステムに変更した。問屋は商売あがったりになった。また、生産者が直接ネット販売することにより、小売り業界もいらなくなる可能性がある。

報道のシステムも、ウィキリークスのようなものになったら、新聞、テレビは商売あがったりになるのは目に見えているので、あえて無視を決め込んだ。

尖閣諸島事件のビデオが、ウィキリークスに流れず、YouTubeに流れたのは、実はウィキリークスが日本の報道機関に裏取りを打診したが、日本の報道機関は無視をしたからという話もある。

こんな話はラジオを聴くようになったから分かるようになったのだ。ちょっと前までは新聞だけがまともな報道機関だと思っていた私にとっては、方向転換するほどのことだ。NIEもちょっとかじっていたが、新聞だけを教育に入れるということもちょっと問題なのかな?とも思う。情報メディア全てを同等に扱わないと、教育機関としての平等性が確保できない。NIEばかりやっていれば、新聞至上主義を植えつけることにもなりかねない。NIE自体は反対ではないが、新聞を批判的に読むことを学ぶ機会として扱うようにしたい。

今年は何度かラジオショッピングで、ものを買おうかと思うことがしばしばあった。しかし、冷静になってちょっと思いとどまった。ラジオだけに傾倒するのも考え物なのかな?結局掃除機は近くの量販店で買うことになった。