Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2010-12-31今年の……

[]今年の本 今年の本 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今年の本 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 今年の本 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

自分の楽しみのために読んだ本は28冊。去年の34冊に比べてずいぶん減ったなぁ。あんまり家で本を読まなかったせいか?

小説では、「ミレニアム」シリーズ(1〜3シリーズ上下巻計6冊)が面白かった。海外翻訳物を珍しく集中して読めた。映画化もされているが、シリーズ1しかDVDになっておらず、シリーズ2〜3は全国でも上映館が限られている。新潟では公開されないのかな?

「のぼうの城」も映画化が待ち遠しい。

わくわくしたビジネス書は「ゲームの父・横井軍平伝 任天堂のDNAを創造した男」だな。ものづくりという視点から、目新しくない簡単な技術を応用することにより、たくさんの人々に受け入れられる製品を作り出せるということが書かれてあった。

タイトルだけでわくわくしたビジネス書は「ゴールは偶然の産物ではない」だ。アルビレックス新潟がシーズン当初や中盤、不振だったので、なんだかこういう本でも読んで自分を奮い立たせないとやっていられなかったのかもしれない。

てなことで、今年のベストは「ミレニアム」シリーズ。2と3の映画、DVDで早く観たい。

[]今年の映画 今年の映画 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今年の映画 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 今年の映画 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

  • ブロードウェイ・ブロードウェイ(DVD)
  • ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ
  • ハート・ロッカー
  • のだめカンタービレ 最終楽章
  • ボックス!
  • マイレージ、マイライフ
  • アウトレイジ
  • グラン・トリノ(DVD)
  • 踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!
  • nude
  • SP野望編
  • ザ・ロード

ふりかえってみると、評判を聞いて、期待が膨らみ、実際観てみたらそうでもない映画が何本かあるなぁ。のだめや、踊る大捜査線や、SPや、ボックス!、ライアーゲームなど。あら、みんな日本映画だ。

今でも心に残っている映画は、「マイレージ、マイライフ」「ザ・ロード」、DVDだったけれど、「ブロードウェイ・ブロードウェイ」だな。

これらは、全てラジオからの情報で観た映画だ。最近の私の情報源はほとんどラジオからになっている。ラジオと言ってもラジオ番組のポッドキャストだけれど。ラジオの情報はテレビと違ってコアな情報がダイレクトに来るところがいい。

ということで、今年の私のベスト(劇場で観たもの)は「マイレージ、マイライフ」だな。淡々とした映画だったけれど、終わった時のほんのりした望みも感じられて、いい後味を持って映画館を出られた。この歳になったから味わえる映画かな?とも思う。

[]マスメディアについて マスメディアについて - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - マスメディアについて - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 マスメディアについて - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今年1年、ラジオから(特にTBSラジオ)の情報で、今までの考え方(思い込み)ががらりと変わった気がする。そして私の行動の元になる情報も、ほとんどがラジオからのものになった。

映画の情報に限らず、新聞・テレビでは一般ウケするような情報が流される。業界の体勢に反する、または、業界の意向に反することは報道されない。しかし、ラジオはなぜかそれができる。新聞・テレビからは流されない情報がラジオにより流れてくる。

ちょっと前までは、私はインターネットに流れてくる情報は、信用できないものが多いと思ってきたが、そうではなくて、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネットどれも同じレベルで信用できる情報と信用できない情報があると気づかされた。

あっけにとられたのは年末のテレビ・新聞の海老蔵報道だ。おいおい、世界ではウィキリークスの話題で持ちきりなのに、なんでNHKもこぞって海老蔵報道なんだ?チンピラに殴られる芸能人なんてたくさんいるし、海老蔵がトップニュースで報道される芸人だとも思えない。

なぜウィキリークスの報道が海老蔵報道よりも大きく扱われないのかというと、テレビと新聞の脅威になるからだ。インターネットからの報道が今までの日本の報道システムをがらりと変えてしまう。例えば昔、商品流通のシステムが、生産者-問屋-小売りというものだったのに、中間マージンを削るために、問屋を経由しないで生産者-小売りのシステムに変更した。問屋は商売あがったりになった。また、生産者が直接ネット販売することにより、小売り業界もいらなくなる可能性がある。

報道のシステムも、ウィキリークスのようなものになったら、新聞、テレビは商売あがったりになるのは目に見えているので、あえて無視を決め込んだ。

尖閣諸島事件のビデオが、ウィキリークスに流れず、YouTubeに流れたのは、実はウィキリークスが日本の報道機関に裏取りを打診したが、日本の報道機関は無視をしたからという話もある。

こんな話はラジオを聴くようになったから分かるようになったのだ。ちょっと前までは新聞だけがまともな報道機関だと思っていた私にとっては、方向転換するほどのことだ。NIEもちょっとかじっていたが、新聞だけを教育に入れるということもちょっと問題なのかな?とも思う。情報メディア全てを同等に扱わないと、教育機関としての平等性が確保できない。NIEばかりやっていれば、新聞至上主義を植えつけることにもなりかねない。NIE自体は反対ではないが、新聞を批判的に読むことを学ぶ機会として扱うようにしたい。

今年は何度かラジオショッピングで、ものを買おうかと思うことがしばしばあった。しかし、冷静になってちょっと思いとどまった。ラジオだけに傾倒するのも考え物なのかな?結局掃除機は近くの量販店で買うことになった。

2010-12-30教育トゥデイ99

[]教育トゥデイ99 教育トゥデイ99 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教育トゥデイ99 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 教育トゥデイ99 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今から11年前。懐かしいなぁ。

ikutosuikutosu2010/12/31 14:11うわー、まだ20世紀。懐かしいなあ。
穴見さん…。

F-KatagiriF-Katagiri2010/12/31 14:22ikutosuさんも、ばっちり映っていますね。

2010-12-21好きな本を読み続けていいのか?

[]好きな本を読み続けていいのか? 好きな本を読み続けていいのか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 好きな本を読み続けていいのか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 好きな本を読み続けていいのか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

朝の読書実践研究会機関誌「はるか」原稿です。


朝の読書をよく知っている人は、はじめは「本を読む姿を見るだけで感動」という状態から、だんだんうまくいくと、それに慣れてきて、それが当たり前になり、「本の内容はそれでいいの?」という考えになります。人間というのはすぐに慣れる(または、飽きる)動物だからです。

朝の読書をよく知らない人は、「学校の教育で、生徒個人個人の好きなことをしていてそれでいいの?」という疑問がわきます。これは、学校教育とは、教師や大人や社会の思惑通りに子どもたちを引っ張っていくものだという固定観念がある人の考え方です。

朝の読書は、近代から日本でおこなわれている学校教育から、一線を画した教育だと思っています。つまり、子どもが学ぶ内容を自ら決められるのです。これは、学校制度ができる前、人々が自ら学ぼうとした時、何を学ぶか、誰に師事するかを自分で決められた時代には当たり前のようになされていました。しかし、近代教育では「効率化」のもと、そういう「学ぶ内容の自由」は完全に排除されてきました。

それを学校教育の中で復活させられたのが、朝の読書だと思っています。つまり、「好きな本でいい」というのは、朝の読書の4原則の中で、最も重要で、しかも、朝の読書を支えている柱なのです。これ1本が無くなったら、朝の読書は成り立たなくなるという大黒柱です。

内田樹先生は、朝の読書は「活字を浴びる」活動だと位置づけました。なるほど。そういうことが今の子どもたちに無くなっているからこそ、学校で朝の読書の時間を設ける必然性があるんだと思います。私は、小学校から高校にかけて、まさに活字を浴びました。小学校から中学校までは、星新一の全集を読みあさり、高校では筒井康隆のSF小説を暇さえあれば読みました。高校の時には芥川龍之介の全集を夏休みに読んだという友人に触発され、「夏目漱石ぐらい読んで置いた方がいいのかな?」というちょっと背伸びをした気持ちで読み出した時もありましたが、ほとんど挫折していました。高校の授業で「こころ」でも取り扱ってくれていれば、そっちの方面から読んだのかもしれませんが、残念ながらそれもなく、「こころ」という小説の存在を知ったのは、実は「めぞん一刻」というマンガに紹介されていたからなんです。

私の少年時代は、ゲームなんて全くなく、パソコンなんて、高すぎて個人が買えるような時代ではありませんでした。手っ取り早い娯楽は読書だったのです。でも今は全く時代が違います。読書という娯楽は子どもたちにとってランキングとして非常に下の方、または「娯楽ランキング」の範囲外になっています。

ところが、前の時代に生きている我々大人達は「本を読んで当たり前だ。」と考えます。(ほとんどの大人は今それほど本を読んでいないのに。)本を読み出すと、「そんな簡単な本なんて読んでいてもしょうがない。」なんて思います。本当にそうなんでしょうか?読んでもしょうがない本なんてあるんでしょうか?明治から大正、昭和時代、夏目漱石を読んだ人は、何を求めて読んでいたのかというと、実は恋愛シミュレーションのためだったということを夏目漱石研究家から聞きました。決してそれほど崇高な意味で読んだわけではないのです。

「堅い」文章の読み解き方は国語という教科に任せて、朝の読書は自分の身の丈に合った本を読む時間、活字を浴びる時間でいいんじゃないでしょうか?活字を浴びることにより、文字が頭に入ってくる素地を作り、普段の生活で、活字情報を取り入れられるようになっていくと思います。教科書の文字情報を読めない子どものなんと多いことか。授業で、課題の説明を書いたプリントを全く読もうとしない子どものなんと多いことか。活字を読むという素地ができていないんです。

いつまでも絵本を読み続ける幼児がいないように、いつまでも柔らかい本は読み続けません。しかし、軟らかい本の次に何を読めばいいのかわからない子どももいると思います。そのときには、その次に読む本を紹介する人(友だちや我々大人)が紹介すればいいのです。私は、自分が読んで、おもしろかった本は熱く授業で語ります。そうすると中の数人はそれに反応して、その本を読み出したり、そこまでは行かなくても「この本、図書館にあったよ。」と伝えてくれる人もいます。そういう本が子どもたちの頭の中に情報としてあれば、いつか読み出すかもしれません。そういうことをするしか我々にはできないのです。

読みたくもない、興味もない本を与えても、読んでいるふりをするだけです。読んでいるふりでは活字は浴びられません。読書とは「読む」という意欲がなければ成されません。「好きな本でいい」という大黒柱はそれほど重要な柱だと私は受け取っています。

yoichiyyyoichiyy2010/12/22 23:24ちょうど、気になっていたテーマでした!
素晴らしい情報を、ありがとうございます。参考にさせていただきます! 
(というか、迷いがなくなりました。)

F-KatagiriF-Katagiri2010/12/23 09:46yoichiyyさん、コメントありがとうございます。yoichiyyさんも「朝読」やっていらっしゃる?塾で?

t-oshimat-oshima2010/12/28 07:27当時の人たちは夏目漱石などの文学を娯楽作品として読んでいたのでしょうね。
私自身読む前はおっかなびっくり襟を正して読み始めましたが、あまりにも普通に読めて、そして面白く、拍子抜けと感動が同時に襲ってきた思いがあります。
今は、ゲームなどの手っ取り早い娯楽があふれているので、「敷居の高い」ものに手を出しにくくなっているのでしょうね。
私の漱石初体験は現国の先生が教科書の『こころ』に載っていない部分を印刷して読ませてくれたことでした。それからすぐに本屋に行きました。
あと、井上靖を買ったのは中学校1年か2年。教科書に「赤い実」という単元を気に入り、作者紹介欄を見るとそれは、『しろばんば』の一部だったということが分かり、手に入れました。
私の場合、教科書や、先生の紹介が読書の背伸びの一つのきっかけになっています。

F-KatagiriF-Katagiri2010/12/29 14:58t-oshimaさん、コメントありがとうございます。

きっと、当時の学生たちは、今の子がDSで恋愛シミュレーションゲームと同じような感覚で読んでいたのでは?と勝手に想像します。

きっと最近の子たちは我々の時ように恋愛の何たるかを雑誌で読んだりしていないんだろうなぁ。

2010-12-16『学び合い』はやめられるか?

[]『学び合い』はやめられるか? 『学び合い』はやめられるか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』はやめられるか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 『学び合い』はやめられるか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

以前に、「『学び合い』はお酒である」ということを書いたが、自分にとってはやめようとしてもやめられないのが『学び合い』なのである。

先日のフォーラム打ち合わせで、「『学び合い』はどうしてやめられないのか?」ということを1人5分で話すコーナーを作ろうという提案をした。そうしたらid:Mizuochiさんが、「やめる、やめないで判断しているのは、『学び合い』を方法として考えているからであって、『学び合い』はやめられないものだ。」とおっしゃった。全くその通りである。

つまり、『学び合い』をやめるということは、「転向」するということであり、考え方、主義主張、思想を変えるということだ。

学び合い』は子どもたちは教師と同じくらい有能であり無能であるというような立場から出発している。「有能」であるから、教師の予想を超えるような学びをするし、「無能」であるから、いつも目標を語らなければならない。

しかし、この考え方をやめるということは、「子どもたちは無能であり、教師がいつも引っ張っていかなければならない。」という従来の考え方に立ち戻ることである。しかし、「子どもたちは有能である」ということを知っちゃったんだから、それを「知らなかったこと」なんかにはできるはずがない。「子どもたちってすげー。」と気づくことは、「忘れる」ことなんてできないほどの衝撃である。その衝撃がなかったことになることはあり得ない。

無かったことにできるということは、実はその衝撃に出会えていなかったということになる。出会えていないということは、『学び合い』を元々していなかったということになる。

私のところにもたまに『学び合い』に関して質問が来る。あれこれやりとりすると、「やっぱり子どもを信じ切れていないんです。」という結果になってしまう。信じ切れていないから、細かいところまで手出ししてしまう。子どもたちを信じ切れていないということは、何をやったとしても『学び合い』にはならないよなぁと思う。

逆に信じ切っている人は、何をやったとしても我々の言う『学び合い』なのである*1。信じ切っている人の指導だったら、必ずその指導に形として表れるはずだから。

結果、『学び合い』をやり出したらやめられないという結論に至る。ちょっと強引すぎるか?

*1:その人は『学び合い』なんて言葉を知らなくても、我々が意味するところの『学び合い』ということである。その人は別の言葉で言い表しているかもしれないし、ネーミングなんてしていないかもしれない。

jun24kawajun24kawa2010/12/16 16:27その次元で、シンプルに議論できる人がもっと増えて欲しいと願います。

tomkicktomkick2010/12/16 18:23激しく同意。
『学び合い』の考え方と反対の考え方というのは,

「子どもたちは無能であり、教師がいつも引っ張っていかなければならない。」という従来の考え方

ですよね。方法はその場に応じて変われども,この考え方を支持することはもう無理です。

ima-kiyima-kiy2010/12/16 19:37僕は4月から「潜伏期間」に入ることになります。でも『学び合い』はやめようがありません。『学び合い』を知り、自分の生き方に名前が与えられたような気がしています。だから、『学び合い』をやめるというのは生きるのをやめるのと同じことなのです(大げさかな? 大げさだな)。

sakusaku0428sakusaku04282010/12/17 05:03おはようございます。片桐先生が関わられた本(授業規律で学ぶ力を)を購入いたしまして先日読み終わりました。同僚の先生にもお貸ししてみようと思っています。

F-KatagiriF-Katagiri2010/12/18 12:08西川先生、tomkickさん、コメントありがとうございます。このレベルの議論だと、異論を挟む人はそういないですよね。

イマキヨさん、潜伏しても『学び合い』は『学び合い』です。イマキヨさんだったら、どう転んでも大丈夫でしょう。

sakusaku0428さん。ご購入ありがとうございます。ずいぶん前に書いた原稿なので、今と方法が変わっている部分もありますが、根本は「目の前の子どもたちを何とかしたい。」という気持ちです。

2010-12-13岡田武史講演会

[]岡田武史講演会 岡田武史講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 岡田武史講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 岡田武史講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

あべたかさんも福島で岡田武史さんの講演会を聞いたということだが、新潟にも来てくれて、はがきで申し込んだら見事当選した。約4倍の競争率だったそうだ。長男と行った。

長男には話は難しすぎたようだが、アルビの矢野貴章のワールドカップ出場の話や、マルシオが移籍するという話には食いついていた。

話を聞いて驚いたのは、国際練習試合4連敗でさんざんたたかれていた時に、ほとんど気にしなかったということだ。あえてマスメディアに触れなかったということだが(友達がわざわざメールで教えてくれてきたとも言っていた)、練習試合のイングランド戦前でシステムを思いついて、それを試みたら今までにないような動きをしていたので、カメルーン戦は絶対の自信があったということだった。

また、イングランド戦では、日本の選手が1対1で負けなかったという。これは日本のサッカー史上ヨーロッパのチームに1対1で負けなかったということは初めてのことだというのだ。なぜこんなことが起こったのかというと、選手達が各自でフィジカルトレーニングをしていた結果だという。どうして選手達が各自で行えたのかというと、選手、スタッフみんながワールドカップベスト4という目標を共有して本気に取り組んでいたからだという。

岡田武史さんさんや、本田は、インタビューで「まだまだやれる。」「こんなもんじゃない」「本気でベスト4を目指している」と言っていたけれど、実はそれはその2人だけではなく、全員だったということだ。目標を全員で共有することができたからこそ、選手、スタッフ各自がそのために何をすればいいのか独自に考え、実行していた。帯同するコックだったら、選手の食事風景を見て、ある選手が食欲がなかったなんていう情報をえたら、すぐさまスタッフに伝え、監督に伝わる。全員が全員の選手を見ることにより、連絡継投のシステムを作らなくても自然と連絡が伝わっていく。

だから選手も自分で何をすればいいのかきちんと考え、全日本の練習がない時も体を鍛え、あのイングランドでもフィジカルで負けなかったんだと言うことだ。

全てのことは目標の設定と意義を語ることなんだなぁとまたここでも再確認した。

2010-12-11岡田武史講演会

[]岡田武史講演会 岡田武史講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 岡田武史講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 岡田武史講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

あべたかさんも福島で岡田武史さんの講演会を聞いたということだが、新潟にも来てくれて、はがきで申し込んだら見事当選した。約4倍の競争率だったそうだ。長男と行った。

長男には話は難しすぎたようだが、アルビの矢野貴章のワールドカップ出場の話や、マルシオが移籍するという話には食いついていた。

話を聞いて驚いたのは、国際練習試合4連敗でさんざんたたかれていた時に、ほとんど気にしなかったということだ。あえてマスメディアに触れなかったということだが(友達がわざわざメールで教えてくれてきたとも言っていた)、練習試合のイングランド戦前でシステムを思いついて、それを試みたら今までにないような動きをしていたので、カメルーン戦は絶対の自信があったということだった。

また、イングランド戦では、日本の選手が1対1で負けなかったという。これは日本のサッカー史上ヨーロッパのチームに1対1で負けなかったということは初めてのことだというのだ。なぜこんなことが起こったのかというと、選手達が各自でフィジカルトレーニングをしていた結果だという。どうして選手達が各自で行えたのかというと、選手、スタッフみんながワールドカップベスト4という目標を共有して本気に取り組んでいたからだという。

岡田武史さんさんや、本田は、インタビューで「まだまだやれる。」「こんなもんじゃない」「本気でベスト4を目指している」と言っていたけれど、実はそれはその2人だけではなく、全員だったということだ。目標を全員で共有することができたからこそ、選手、スタッフ各自がそのために何をすればいいのか独自に考え、実行していた。帯同するコックだったら、選手の食事風景を見て、ある選手が食欲がなかったなんていう情報をえたら、すぐさまスタッフに伝え、監督に伝わる。全員が全員の選手を見ることにより、連絡継投のシステムを作らなくても自然と連絡が伝わっていく。

だから選手も自分で何をすればいいのかきちんと考え、全日本の練習がない時も体を鍛え、あのイングランドでもフィジカルで負けなかったんだと言うことだ。

全てのことは目標の設定と意義を語ることなんだなぁとまたここでも再確認した。

2010-12-10岡田武史講演会

[]岡田武史講演会 岡田武史講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 岡田武史講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 岡田武史講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

あべたかさんも福島で岡田武史さんの講演会を聞いたということだが、新潟にも来てくれて、はがきで申し込んだら見事当選した。約4倍の競争率だったそうだ。長男と行った。

長男には話は難しすぎたようだが、アルビの矢野貴章のワールドカップ出場の話や、マルシオが移籍するという話には食いついていた。

話を聞いて驚いたのは、国際練習試合4連敗でさんざんたたかれていた時に、ほとんど気にしなかったということだ。あえてマスメディアに触れなかったということだが(友達がわざわざメールで教えてくれてきたとも言っていた)、練習試合のイングランド戦前でシステムを思いついて、それを試みたら今までにないような動きをしていたので、カメルーン戦は絶対の自信があったということだった。

また、イングランド戦では、日本の選手が1対1で負けなかったという。これは日本のサッカー史上ヨーロッパのチームに1対1で負けなかったということは初めてのことだというのだ。なぜこんなことが起こったのかというと、選手達が各自でフィジカルトレーニングをしていた結果だという。どうして選手達が各自で行えたのかというと、選手、スタッフみんながワールドカップベスト4という目標を共有して本気に取り組んでいたからだという。

岡田武史さんさんや、本田は、インタビューで「まだまだやれる。」「こんなもんじゃない」「本気でベスト4を目指している」と言っていたけれど、実はそれはその2人だけではなく、全員だったということだ。目標を全員で共有することができたからこそ、選手、スタッフ各自がそのために何をすればいいのか独自に考え、実行していた。帯同するコックだったら、選手の食事風景を見て、ある選手が食欲がなかったなんていう情報をえたら、すぐさまスタッフに伝え、監督に伝わる。全員が全員の選手を見ることにより、連絡継投のシステムを作らなくても自然と連絡が伝わっていく。

だから選手も自分で何をすればいいのかきちんと考え、全日本の練習がない時も体を鍛え、あのイングランドでもフィジカルで負けなかったんだと言うことだ。

全てのことは目標の設定と意義を語ることなんだなぁとまたここでも再確認した。

2010-12-07経験しなくちゃわからない

[]経験しなくちゃわからない 経験しなくちゃわからない - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 経験しなくちゃわからない - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 経験しなくちゃわからない - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

傲慢なもので、頭で知っていることがわかったことと思ってしまう。だから、本当はわかっていないのに、わかったつもりになり、他人のことを評定してしまう。けれど、自分の身がその状況に陥ると、やっとその状況の辛さがわかるようになる。

病気やら、子育てやら、仕事の状況やらだ。

つらい状況になっていても、アクティブに活動している人に本当に敬意を覚える。

私なんてすっかり萎えちゃうもんなぁ。

つらい状況になった時は、叱咤よりも、心なくてもいいから優しい言葉が有効だ。言葉にはそれだけの力がある。

sumi-chansumi-chan2010/12/16 21:09>>つらい状況になった時は、叱咤よりも、心なくてもいいから優しい言葉が有効だ。

私も本当にそう思います。
逆のことをされれば、気持ちが離れて行っても仕方がないでしょうね。

2010-12-02クライマーズ・ハイ

[]クライマーズ・ハイ クライマーズ・ハイ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - クライマーズ・ハイ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 クライマーズ・ハイ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

映画は昨年公開されていたのだが、NHKのドラマは2005年に放映されている。私は数年前再放送の後半だけ観ていたのだが、是非とも前半も観たいと思っていた。

CSの日本映画放送チャンネルで先日放映されたので、録画して観た。はっきりいって映画よりも断然いい。佐藤浩市の憂いある演技がいい。佐竹役の大森南朋がさり気なくていい。

横山秀夫の小説を読んだときは、長男は5歳くらいだった。このストーリーの中では、父親と息子の関係についても濃く書かれている。そしてその関係で最後には号泣するのであるが、子どもを持っていなければきっと感じることがない感情だなぁと最近思う。

先日観た映画「ザ・ロード」もそうなのだが、きっと若いときで、子どもを持つなんていうことを全く考えていない時に見たとしても何も面白く感じない映画が、子どもを持った今、信じられないほど涙腺をゆるませるということがある。子どもを持った自分が観るからいい映画なのか、もともといい映画なのか、判断がつかない。

「ライフ・イズ・ビューティフル」もおなじことが言える映画だ。

クライマーズ・ハイ [DVD]クライマーズ・ハイ [DVD]
横山秀夫

アスミック・エース エンタテインメント 2006-05-12
売り上げランキング : 14873

Amazonで詳しく見る
by G-Tools