Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2010-11-18最も効果的なICT教育

[]最も効果的なICT教育 最も効果的なICT教育 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 最も効果的なICT教育 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 最も効果的なICT教育 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

先日、総務事務システムが導入されたと書いた。そこで今までパソコンなんか触ったことがない同僚に手取り足取り教えることの難しさを述べた。

しかし、その先生はもう総務事務システムに関しては私より進んでいる。年休の取得、出張申請、旅費請求、勤務の振替なんてお手の物だ。私は総務事務システムが稼働してから初めて年休を取ったが、その先生にちょっと聞きながら操作した。

結局ICT教育なんて、必要性がものをいう。必要だと思えばいとも簡単に覚えるのだ。総務事務システムを使わなければ、年休が申請できない。旅費が振り込まれないとなれば、やらざるを得ないだろう。もちろん知っている人に聞きながら。ICTの「C」が活かされるのだ。

逆に、学校現場で行われている「IT」機器導入なんて、必要もないのに導入し、必要もないから進まない。必要もない技術を教えるから、浸透しない。ICTなんて、手段であって目的ではない。しかし多くの現場では手段が目的になっている。現場だけではなく生活において、ICTが手段ではなく目的になっている。

携帯端末も手段であって目的ではない。しかし、iPhoneやらAndroidやら、BlackBerryのどれがいいかなんて議論になり、それぞれがそれぞれを批判するけれど、目的が達成されれば、どれを使っていようといいのであり、自分が持っていない携帯端末を批判する方もおかしいし、もっていない人から自分が持っている携帯端末の批判をまに受けて反論するのもおかしい。どうでもいいじゃん。

なんでICT機器になると、本末転倒なことがよく起こるんだろう?究極は、ICT機器が無くたって、目的が効果的に効率的に達成されることが理想なんだけど。なぜなら、ICT機器は故障するから。それが一番のストレス

MugenMugen2010/11/19 23:21整備することが目的となり、活用はほとんどされていないというのが大半の学校の実情な気がします。

事務処理に関しては、慣れればICTの方が便利はいいですが、慣れるまでが大変ですよね・・・。

F-KatagiriF-Katagiri2010/11/19 23:56Mugenさん、コメントありがとうございます。本当にそうですね。なんのために整備するのか?という議論が全くありませんね。安易すぎる気がします。経済効果のために整備しているんでしょうね。完全に官と民の癒着だ。

私は、慣れれば慣れるほど、ICTのバージョンアップに悩まされます。だから意を決してMacにしました。こちらはバージョンアップしてもほとんどインターフェイスは変わらないから。

今まで約15年間成績処理で使っていたロータス123がとうとう使えなくなってしまった今日この頃。