Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2010-11-25言葉の学習

[]言葉の学習 言葉の学習 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 言葉の学習 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 言葉の学習 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「言葉」・「言語」そのものを学ぶ教科は国語だけと言っていいだろう。もちろん他の教科でも言葉や言語を使って活動をするが、「言葉」や「言語」の役割や機能を学ぶのは国語という教科である。

従って教科書には言葉の機能について書いてある文章が必ず掲載されている。それを読んで、「あ、言葉とはこういう機能があるんだ。」という知識を得るだけではなく、その機能を体感させなければその文章が掲載されている意味がない。

たとえば、今3年生では「言葉を理解する」という文章を読んでいる。言葉は曖昧性や抽象性を含んでいるという内容だ。いくらある言葉の定義を突き詰めて表現していっても、完璧に表現することはできない。それを3年生が1年生に教科書に出てきた「外延的定義」や「内包的定義」という言葉を説明することで体感させようとした。

自分ではその言葉が何を指すのかわかっているが、何を指すのかを言葉を使って伝える時に、言葉では言い尽くせないという歯がゆさを経験する。もちろん「犬」という言葉を伝えるためには相手は「犬」という言葉を知っているから、簡単なのだが、「内包的定義」というような、今まで見たことも聞いたこともないような言葉はそれがうまくいかない。

結構いい課題だったな〜と自画自賛している。

2010-11-21ザ・ロード

[]ザ・ロード ザ・ロード - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - ザ・ロード - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 ザ・ロード - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

ほとんどメディアの話題にもならなかった映画だが、2009年に原作を読んでいたので、観に行った。ヒットもしていないから、2〜3週間の上映だったんだろう、気づいたら、この日曜に行かなければもう終わってしまうということで、「どうしても観に行きたい映画があるから」と家族に断って出かけた。

原作もそうだが、どうしてこんな世界になったのか、世界の全体像はどうなっているのかなんていうことは描かれていない。滅亡に向かっている世界で、父親と息子が生きるために道を歩くということが淡々と描かれている。原作のテイストがうまく現れている。父親と息子という関係が、私にとってぐっと来る。

父親と息子の関係というのは、これほどまで強いものなのか。特にアメリカでは。ストーリーの中では、母親は家族を捨てて命も捨てるのだが、父親は息子のために最後まで諦めようとしない。

前も書いたが、「アリー・マイラブ」では、離婚して息子がいる男性が、きれいで若くて魅力的なアリーを結局は選ばず、息子のために離れていく。

アメリカの中のドラマの設定だから、もしかするとそっちの方が「理想」として扱われ、現実は逆なのかもしれない。

自分も息子ができて、ちょっとはその感情が理解できるようになった。

ザ・ロード [DVD]ザ・ロード [DVD]

Happinet(SB)(D) 2010-12-03
売り上げランキング : 1085

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010-11-18最も効果的なICT教育

[]最も効果的なICT教育 最も効果的なICT教育 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 最も効果的なICT教育 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 最も効果的なICT教育 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

先日、総務事務システムが導入されたと書いた。そこで今までパソコンなんか触ったことがない同僚に手取り足取り教えることの難しさを述べた。

しかし、その先生はもう総務事務システムに関しては私より進んでいる。年休の取得、出張申請、旅費請求、勤務の振替なんてお手の物だ。私は総務事務システムが稼働してから初めて年休を取ったが、その先生にちょっと聞きながら操作した。

結局ICT教育なんて、必要性がものをいう。必要だと思えばいとも簡単に覚えるのだ。総務事務システムを使わなければ、年休が申請できない。旅費が振り込まれないとなれば、やらざるを得ないだろう。もちろん知っている人に聞きながら。ICTの「C」が活かされるのだ。

逆に、学校現場で行われている「IT」機器導入なんて、必要もないのに導入し、必要もないから進まない。必要もない技術を教えるから、浸透しない。ICTなんて、手段であって目的ではない。しかし多くの現場では手段が目的になっている。現場だけではなく生活において、ICTが手段ではなく目的になっている。

携帯端末も手段であって目的ではない。しかし、iPhoneやらAndroidやら、BlackBerryのどれがいいかなんて議論になり、それぞれがそれぞれを批判するけれど、目的が達成されれば、どれを使っていようといいのであり、自分が持っていない携帯端末を批判する方もおかしいし、もっていない人から自分が持っている携帯端末の批判をまに受けて反論するのもおかしい。どうでもいいじゃん。

なんでICT機器になると、本末転倒なことがよく起こるんだろう?究極は、ICT機器が無くたって、目的が効果的に効率的に達成されることが理想なんだけど。なぜなら、ICT機器は故障するから。それが一番のストレス。

MugenMugen2010/11/19 23:21整備することが目的となり、活用はほとんどされていないというのが大半の学校の実情な気がします。

事務処理に関しては、慣れればICTの方が便利はいいですが、慣れるまでが大変ですよね・・・。

F-KatagiriF-Katagiri2010/11/19 23:56Mugenさん、コメントありがとうございます。本当にそうですね。なんのために整備するのか?という議論が全くありませんね。安易すぎる気がします。経済効果のために整備しているんでしょうね。完全に官と民の癒着だ。

私は、慣れれば慣れるほど、ICTのバージョンアップに悩まされます。だから意を決してMacにしました。こちらはバージョンアップしてもほとんどインターフェイスは変わらないから。

今まで約15年間成績処理で使っていたロータス123がとうとう使えなくなってしまった今日この頃。

2010-11-16ヤバい経済学 [増補改訂版]

[]ヤバい経済学 [増補改訂版] ヤバい経済学 [増補改訂版] - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - ヤバい経済学 [増補改訂版] - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 ヤバい経済学 [増補改訂版] - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー著

人間の動きは全てインセンティブ*1で決まっているというのがこの本の内容である。目の前の現象にはどんなインセンティブが働いているのかということをいつも考えるようになった。

ニューヨークで1990年代犯罪が極端に減ったということがあったが、一般的に語られているのは「割れ窓の理論」であるが、それを真っ向から否定する。その理由は……それが「ヤバい」と名付けられているゆえんである。

警察が頑張ったから、警察官を増やしたから、犯罪が減ったということは、安易に結びつけられるし、明らかに美談として語り継がれるような話である。しかし実際はそうではないらしい。「美談」に我々は飛びついてしまい、間違いを犯す。

教師が頑張ったから、自分の家庭を顧みず、時間を割き補習やらなんやらし、子どものために働いたというのは美談になりがちだが、その結果どうなったかという因果関係は実証されていない。実証されていないにもかかわらず、その行動が求められる。そんなことで子どもたちのインセンティブは働くんだろうか?たんなる学校側の自己満足だ?

内田樹先生のブログには、英語を学ぶとお金が稼げるということを子どもに伝えた結果、子どもたちは英語を学ばなくなったということが紹介されていた。

けれども、過去30年間、日本の教育行政は「教育立国」に失敗した。

申し訳ないけれど、この期間の政府主導の教育施策は「文化的な力」の育成にはほとんど関心を向けなかった。

それよりは、「金が稼げる力」の育成を最優先したからである。

「わずかな手銭で短期的に巨富を回収できる能力」こそが優先的に開発されるべき人間的資源であるというイデオロギーに教育行政は振り回されてきた。

「英語ができる日本人」のプログラムを起案したとき、文科省はそのHPに堂々と「経済競争を勝ち抜くため」と書いた。

英語ができないと金儲けができない。

それが教育行政のトップが英語教育の必要性を基礎づけるために使ったロジックである。

爾来、日本の生徒たちの英語学力は底なしの低下を続けている。

こんな「下品」な教育目的で活性化するほど人間の知性は「下品」に作られていないからである。

「お金」ではインセンティブは働かないのである。

「ヤバい経済学」では、次の事例も紹介されていた。

幼稚園で迎えが遅くなる保護者が増えてきた。そこで幼稚園側は苦肉の策として送れた保護者に1回数ドル程度の罰金(延長保育代として)を払ってもらうことにした。その結果……。

迎えが遅くなる保護者が激増したというのだ。

つまり、罰金を払わないでも良かった時は、「子どもを早く迎えに行こう」というインセンティブは「遅くなったら悪い」ということで働いていた。しかし、罰金が科せられることによってそれが無くなったのである。

子どもたちの学びへのインセンティブを働かせる方法を暗示している気がする。

実はアメリカでこの本が映画化されているそうだ。本の内容には無い実験がされて映像化されている。その中では、成績が上がった子には報奨金を与え、そうでない子には与えなかったグループと、全くそういうことをしないグループで、最終的に成績はどうなるのか?という実験結果があるそうだが、その結果は……?日本で上映されるかなぁ?内容的に難しいかも。

ヤバい経済学 [増補改訂版]ヤバい経済学 [増補改訂版]
スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー 望月衛

東洋経済新報社 2007-04-27
売り上げランキング : 1491

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*1:目標を達成するための刺激。誘因。

2010-11-15『学び合い』宮城の会

[]『学び合い』宮城の会 『学び合い』宮城の会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』宮城の会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 『学び合い』宮城の会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20101113120031j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20101113120012j:image:w260:left

朝7時過ぎに自動車で出発し、仙台の親戚のところで息子たちを下ろし、JRで矢本駅まで行き、徒歩で会場の東松島市コミュニティーセンターに到着した。天気が良くてよかった。けっこう矢本駅から歩いた。

組合の研修会として開かれた『学び合い』の会だった。懇親会の時に隣の人に聞いてみたら、みんな『学び合い』のことをわかってらっしゃるし、実践もしていらっしゃる。組合の研修会のネタとして『学び合い』を持ってきて、開催した会なのかと思いきや、そうではなく、『学び合い』が浸透している中、どうせ組合のみんなが『学び合い』にかかわっているんだから、組合の研修会としてやろうかというかんじだったのかな?

大学生や院生、司書の先生も参加して、30名ぐらいの参加者だった。ツイッターを覗いていたら、熱心につぶやいている人がいた。もしや、あそこでMacを使っている人かな?と思って挨拶をしたら案の定そうだった。フリートークで隣になった大学生は、なんと佐渡出身。縁というものは不思議なものです。

学び合い』体験授業で「『学び合い』とは○○だ。」ということを考える授業だった。ふと思いついたのが以下のものだった。結構言い当てているなと気に入っているので、読んでください。

「『学び合い』とはお酒である。」

なぜなら、

  • 飲める(わかる)ようになるにはちょっと時間がかかる。
  • 味を占めたらやめられなくなる。
  • 失敗をして痛い目にあったとしても、次の日には飲んでいる。
  • あまりに飲み過ぎていい気になってしまい、失敗する。
  • お酒を受け付けられない人は全く受け付けられない。
  • しかし、練習すれば徐々に受け付けられるようになる。
  • 悪い時にお酒のせいにしがちになるが、お酒のせいではない。飲み方が悪いのである。
  • お酒に頼ってはいけない。自分の飲み方、自分の力量に合わせなければならない。
  • お酒は、全国各地、それぞれの風土に合ったいろいろなものがある。

sumi-chansumi-chan2010/11/15 17:54『学び合い』はお酒である。
面白い~!!

sumi-chansumi-chan2010/11/15 17:55『学び合い』はお酒である。
面白い~!!

motoryoumotoryou2010/11/15 19:44遠くからご参加いただきありがとうございました。遠くから来ていただいたぶん,内容的にお返しできたか不安もありますが。
 重ねてありがとうございました。

F-KatagiriF-Katagiri2010/11/19 18:32motoryouさん、お疲れ様でした。楽しかったです。懇親会でも、Jリーグ談義を咲かせられて有意義でした。各地に行くのはいいですねぇ。

2010-11-13『学び合い』宮城の会

[]『学び合い』宮城の会 『学び合い』宮城の会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』宮城の会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 『学び合い』宮城の会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

朝7時過ぎに自動車で出発し、仙台の親戚のところで息子たちを下ろし、JRで矢本駅まで行き、徒歩で会場の東松島市コミュニティーセンターに到着した。天気が良くてよかった。けっこう矢本駅から歩いた。

組合の研修会として開かれた『学び合い』の会だった。懇親会の時に隣の人に聞いてみたら、みんな『学び合い』のことをわかってらっしゃるし、実践もしていらっしゃる。組合の研修会のネタとして『学び合い』を持ってきて、開催した会なのかと思いきや、そうではなく、『学び合い』が浸透している中、どうせ組合のみんなが『学び合い』にかかわっているんだから、組合の研修会としてやろうかというかんじだったのかな?

大学生や院生、司書の先生も参加して、30名ぐらいの参加者だった。ツイッターを覗いていたら、熱心につぶやいている人がいた。もしや、あそこでMacを使っている人かな?と思って挨拶をしたら案の定そうだった。フリートークで隣になった大学生は、なんと佐渡出身。縁というものは不思議なものです。

学び合い』体験授業で「『学び合い』とは○○だ。」ということを考える授業だった。ふと思いついたのが以下のものだった。結構言い当てているなと気に入っているので、読んでください。

「『学び合い』とはお酒である。」

なぜなら、

  • 飲める(わかる)ようになるにはちょっと時間がかかる。
  • 味を占めたらやめられなくなる。
  • 失敗をして痛い目にあったとしても、次の日には飲んでいる。
  • あまりに飲み過ぎていい気になってしまい、失敗する。
  • お酒を受け付けられない人は全く受け付けられない。
  • しかし、練習すれば徐々に受け付けられるようになる。
  • 悪い時にお酒のせいにしがちになるが、お酒のせいではない。飲み方が悪いのである。
  • お酒に頼ってはいけない。自分の飲み方、自分の力量に合わせなければならない。
  • お酒は、全国各地、それぞれの風土に合ったいろいろなものがある。

2010-11-09ICT機器の導入

[]ICT機器の導入 ICT機器の導入 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - ICT機器の導入 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 ICT機器の導入 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今年度になってから、いろんな自治体や学校でICT機器が導入されている。電子黒板やプロジェクタ、スクリーンにPCが接続可能な大画面モニター。

環境整備がされて、使いたいときにいつでも使えるようになるのはとってもいいことなんだけれど、なぜか、ICT機器に関しては、それを使うことが優先されている。なぜだ?

例えば予算が付いて、図書室に書籍がたくさん入ったとする。しかし、学校でその図書を必ず使って授業を行う、なんていう研究授業はない。

しかし、ICT機器に関しては平気で「そのICT機器を有効活用した授業研究」なんていうことが当たり前に行われる。

よって、そのICT機器を使わなくてもいいのに、無理矢理使った授業を行い、教師があたふたして、効果は変わらないということもあり得る。

わざわざプロジェクタで投影しなくても、黒板に書けばいいんじゃない?なんていう授業。

スライドソフトをわざわざ使って、教師のストーリーを子どもたちに押しつける授業。

結局教師から子どもたちへの一方的な情報の伝達のみにICT機器が使われ、子どもたちからの情報発信に関しては、全く効果がない。というか、スライドソフトを作ると、教師のストーリーが子どもたちに押しつけられ、臨機応変な授業は出来なくなる。よって、子どもたちからの情報発信は遮断される。

あれ?「ICT」の「C」って、「コミュニケーション」の「C」なんじゃないの?誰と誰のコミュニケーションなんだろう?というか、一方的な情報伝達って、コミュニケーションとは言えないんじゃないか?

ICT機器を使うことのメリット、デメリットを見きわめて、使い分けないと、子どもたちにとってマイナスになり、ICT機器販売業者だけがプラスになることになるぞ。


さて、電子教科書に関しても考えていること。

今のガジェットでは、絶対に効果はない。iPadは電子教科書にはなり得ない。重すぎるし、落とせば壊れるし、なにしろ視野角が狭い。1つの教科書を数人で眺めることが出来ない。紙の最大のメリットは、1つの情報を複数人で眺めることが出来ることだと思う。

だから、電子ペーパーが実用化されて、ちょっとやそっと曲げても壊れず、見たい角度に曲がるようになって、ようやく教科書として使える。しかも、指や鉛筆のように先のとんがったものでどこにでも書き込めるようになり、それが保存される。まだまだ先のことだ。

MugenMugen2010/11/09 20:59そうなんですよね。
ICT導入によって先生方が振り回されている場面もありそうですし・・・。

情報発信や他校生徒との交流など、活かせる要素も多数あると思うので、その方向での活用が増えればいいなと思います。

Y.MochizukiY.Mochizuki2010/11/10 05:38授業をICT機器を活用することでよりわかりやすくかることが目的であって、
ICT機器を使って授業することが目的ではないですね。

http://mochizuki.la.coocan.jp/mochizuki_ict/

Y.MochizukiY.Mochizuki2010/11/10 05:39わかりやすくする、ですね。
失礼しました。

F-KatagiriF-Katagiri2010/11/10 06:24Y.Mochizukiさん、Mugenさん、コメントありがとうございます。目的と手段がごっちゃになっている典型的な例ですよね。

2010-11-05なぜパソコンは難しいといわれているのか

[]なぜパソコンは難しいといわれているのか なぜパソコンは難しいといわれているのか - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - なぜパソコンは難しいといわれているのか - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 なぜパソコンは難しいといわれているのか - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

本県の教職員は、要約といっていいほど今更、オンラインによる各種申請(総務事務システム)が始まった。簡単にいえば、年休や出張なんかをパソコンを使って申請するのだ。とりあえず今は紙メディアとパソコン入力の並行時期で、来年からパソコン一本になる。

総務事務システムをすぐに使えるのかというと、初期設定が必要だ。自分の自宅住所を登録しなければならないが、それが一苦労なのだ。マニュアルがややこしい。しかしそのマニュアルしかない。

私は何とかそれを完了したのだが、私の斜め前の年配の先生は、今までパソコン自体を触ったことがない人だ。文字を入力する時に、アルファベットでは入力できるが、漢字に変換するという作業が身についていない。漢字が表示されてもそれを「確定する」ということがわからない。超初心者といってもいい。その人に私が苦労して設定した作業を完了させなければならない。

さて、教えるのだが、どこにつまずくのか非常に興味深い。私にとって完全に気にならないところが気になるのだ。マニュアルに書かれてある入力欄とは別のところを指して「ここは何?」と聞いてくる。いやいやいや、今はそんなことは気にしている場合じゃないですよ。マニュアルに書いてある通りにやってください。しかしなかなかそれができない。

自宅住所を登録するのに、なぜか県庁までの道のりを登録しなければならない。「別に県庁に出張するわけじゃないから、これは(入力しなくても)いいよね。」いやいや、マニュアル通りにやってください。

このやりとりをビデオに撮って、どうすれば良いマニュアルができるかということを研究したら面白いかもしれない。

実に興味深い久しぶりの体験だった。方やそのことをほぼ精通している人、方や全くわからない人。精通している人は、全くわからない人に教えられないという、あれ?どこかの本にこんなこと書いてあった?

マニュアルというのは、精通している人が書いているので、全くの初心者はそれを見ても作業ができないのだ。精通している人はなぜ別のところにそんなことがあるのか、気にならないのだ。「とりあえず、別のところは気にせず、ここだけに集中してください。」どうして県庁を指定しなければならないのか、気にしないのだ。「ここはともかく疑問を持たないで、県庁を指定してください。」そんなことをマニュアルに書いていたら、マニュアルが膨大になってしまうし、ちょっとわかる人の混乱を招いてしまうかもしれない。

私もひらがなの書き方や、仮名遣い、下の「は」と上の「わ」の違いなんかを教えるが、なかなか身につけてもらえない。「だってそうなんだもん。」としか言えないのだ。「そっちは気にせず、目の前のことだけかんがえて。」としか言えない。どうしてそっちが気になるのかわからないのだ。わかっている人が「教える」というのはかなりの限界があるというか、不可能に近い。

最近、自分の小学校からの日記を押し入れの奥から引っ張り出して、スキャンして破棄する作業をしている。今は高校時代のものをやっている。ちらっと内容を見て愕然とした。いま、高校生に指摘している「こんにちは」の「は」は「わ」じゃなくて、「は」なんだよ。ということ。自分の日記に「こんにちわ」と書いてあった。

「超初心者」だったことを思い出さないと、人間は傲慢になってしまうなぁ。

2010-11-03ゴールは偶然の産物ではない

[]ゴールは偶然の産物ではない ゴールは偶然の産物ではない - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - ゴールは偶然の産物ではない - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 ゴールは偶然の産物ではない - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

夏のフォーラムの時の懇親会で長尾彰さんに教えてもらった本。

FCバルセロナは今から5〜6年前、今ほど有名で強い世界的なチームではなかった。地元密着型のチームで、レアルマドリードや、マンチェスター・ユナイテッドのようなチームにどうやればなれるか模索していた。その最高責任者が書いた本。

「ゴールは偶然の産物ではない」というタイトルがいい。読んでいるときにどんなにこの言葉に勇気づけられたか。今目の前に起こっていることは必然であり、必然ということは、必ず対応策がある。

FCバルセロナは今ではメッシ、ちょっと前ではロナウジーニョが全世界的に有名だが、その前は世界にあまり知られていないチームだった。タイトルもあまりとったことがない。それを今のような地位に押し上げるために、チーム改革、リーダーの変更、サポーターへのサービス改革、スポンサーとの契約などなど、たくさんの改革を行った。

チームの発達段階は、学校のクラスをグループからチームへと成長していくことに当てはまる。ただし、この本では意欲、才能が欠けるチームに対しては、「メンバー入れ替え」という手法をとる。もちろんサッカーチームだからそれができるが、学校ではそういうことは出来ない。そりゃそうだ。

そして、そのチームの発達段階に対応したリーダー(監督)のタイプについても書いてある。お、これって、夏のフォーラムで長尾さんに教わったことだぞ。

さて、アルビレックス新潟は今、どんな状態なのかな?なんてチームの発達段階に当てはめてみたりして。最近「ジャイアントキリング」のコミックを借りて読んでいたから、その時もこれに当てはめていたりして。アルビもETUも同じカテゴリかな?

ゴールは偶然の産物ではない~FCバルセロナ流世界最強マネジメント~ゴールは偶然の産物ではない~FCバルセロナ流世界最強マネジメント~
フェラン・ソリアーノ グリーン裕美

アチーブメントシュッパン 2009-12-01
売り上げランキング : 7620
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010-11-01SP野望編

[]SP野望編 [http://sp-movie.com/index.html:title=SP野望編] - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - [http://sp-movie.com/index.html:title=SP野望編] - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 [http://sp-movie.com/index.html:title=SP野望編] - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

TVドラマシリーズが好きで、映画が出来るとかなり前から知っていたので、楽しみにしていた。ちょうど代休で、映画の日で、平日ながら混んでいた。その前の金曜日から上映ということもあったんだろう。久しぶりに混んだ映画館で見た。

実は見ようか、どうしようか迷っていたこともあったんだけれど、そういえば、「龍馬伝」のおりょうが真木りょう子だということを前日に思い出して、見ることに決めたのだ。

『SP 野望篇』オリジナルサウンド・トラック『SP 野望篇』オリジナルサウンド・トラック
菅野祐悟 サントラ

avex trax 2010-10-27
売り上げランキング : 586

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む