Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2010-10-31引き寄せの法則が科学的に証明?

[]引き寄せの法則が科学的に証明? 引き寄せの法則が科学的に証明? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 引き寄せの法則が科学的に証明? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 引き寄せの法則が科学的に証明? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

茂木健一郎著「脳をやる気にさせるたった1つの習慣」を読んだ。

ちょっと前から気になっている「引き寄せの法則」を脳科学的に証明している気がする。もちろん本では、「引き寄せの法則」なんて書かれていないけれど、「やりたいことを書き出すと実現する」ということが、脳科学的に書かれてあるのだ。

未来のことを書くことによって、脳はそれが現実であるかのように錯覚するというのだ。錯覚することによってそれを実現させるような行動を取るようになる。結果的に実現するということだ。なるほど。

「書く」ことでも、「他人に言う」ことでも、どちらも同じだという。しかし、「書く」という行為は結果を残すことで、半永久的に書いた文字は残る。「言う」ことは言ったとたんにそのことばは消えて記憶の中にしか残らない。記憶というのは曖昧なものだから、変化する。

だから「書く」ほうが確実だという。ブログというのも効果的であると書かれてあったので、手で書いても、キーボードで入力しても効果は変わらないようだ。

不確定なことを確定的にするということで、自叙伝を書くことを進めてもいる。自分の現在の状況のターニングポイントになったことを思い出して、書いていくというのだ。さっそく自分が教員になれたきっかけを思い出して書き出してみた。


脳をやる気にさせるたった1つの習慣ーなぜやりたいことを書きだすと実現するのか?-脳をやる気にさせるたった1つの習慣ーなぜやりたいことを書きだすと実現するのか?-
茂木 健一郎

ビジネス社 2010-06-16
売り上げランキング : 1148
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools