Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2010-09-07夏目漱石「こころ」の疑問をぶつける

[]夏目漱石「こころ」の疑問をぶつける 夏目漱石「こころ」の疑問をぶつける - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 夏目漱石「こころ」の疑問をぶつける - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 夏目漱石「こころ」の疑問をぶつける - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

昨日は教育センターの研修の「授業力向上研修」の助言者だった。私よりも10歳くらい若い国語の先生方が、授業料向上研修の参加者で、研究授業の指導案を持ち寄って検討する会だった。いろいろ話を聞いて、先生方の願いや、狙っていることを引き出して、言語化していく。

みなさん、自分の今の授業について、足りないところ、うまく行かないところを何とか改善したいと努力している。教員経験10年くらいだと、自分の経験を振り返って、改善していく時だ。私はそのときくらいに「朝の読書」に出会ったのかな?

午後からは早稲田大学の石原千秋先生の講演だ。石原先生は夏目漱石「こころ」研究の最先端を行く人だ。「こころ」の解釈で、私が「当然そうだろう」と思っているようなこと*1は、石原先生の説なのだが、文学研究界ではそれがマイノリティーであることを聞かされて、驚いた。その説に反論する論理は、どういうものなんだろう?

私がかねてから持っていた疑問、「Kがお嬢さんへの恋を自分で意識したのは、お嬢さんに『何か難しいことでも考えているんだろう。』といわれて、顔が赤くなったときか?」という質問をした。「答えは、Kの体が反応はしているが、その時点では完全に意識したとはいえないかもしれない。でもその可能性は十分にある。」というものだった。

夜の懇談会でもお話ができて、私の質問は実は、10年以上前、授業中に生徒が言ってきたことだと打ち明けた。そのときの私はその発言がすばらしすぎて、全身に鳥肌が立ったことを覚えている。もしかしたら、「子どもたちの力はとてつもない」と思った最初の経験だったかもしれない。

その疑問(生徒が考えた説)を10年以上持ち続けていて、今回は石原先生に質問できて、なんだかスッキリできた。いやぁ、いい機会をいただいたものだった。

昨夜はそんな時間は長くなかったが、少々飲みすぎた。

*1:Kが自殺を考えていたのは、一番初めに襖を開けた場面