Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2010-08-08どのように『学び合い』を知ってもらうか

[]さらに付け加えるならば さらに付け加えるならば - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - さらに付け加えるならば - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 さらに付け加えるならば - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

学び合い』をする教師は、楽にならなければならない。今まで『学び合い』をしていて、その後環境が変わり、『学び合い』を続けることが苦になるというのでは、『学び合い』をする意味がない。むしろしなかった方がよいと言える。『学び合い』を勧める人(教師・管理職)は、そのことを考えて環境整備をしたり、理解を促したりしなければならないと思う。

環境が変わって圧力がかかっても『学び合い』をどこかで続けるしたたかさを『学び合い』をすることで身につけてほしい。

ybhdv7ybhdv72010/08/08 21:14今回はそのような意図だったのですね。
シンプルでとてもわかりやすいです。
『学び合い』体験と実践発表のバランスですが…
これまで大阪の会を企画するときに実践発表者の多様性を追及してきたのは、参加者の方が多様であるからだと思います。
バザールが有効なのはそのあたりですよね。

あー、新潟行きたかったです…