Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2010-07-14「形から入る」

[]「形から入る」 「形から入る」 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「形から入る」 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 「形から入る」 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今回の作文課題は、ナンバリングとラベリングで4段落の文章というものでした。今紹介した数編の作文は、みな同じ「型」(=フォーマット)でかかれたものでしたが、すべてに個性があり、同じような文章にはなっていなかったと思います。「型」を与えられて、カッコの中だけ考えて文章を書いたとしても、こんなに個性のある文章になるんです。

作文課題で「型」や「形」を学びましたが、「形から入る」という言葉があります。これはあまりいい意味では使われないのですが、実はとっても重要なことなんです。

みんなには好きなスポーツ選手がいるでしょう。その選手と同じスポーツをするときに、同じシューズをはいたり、同じメーカーのユニフォームを着たりするじゃないですか。同じようなバッティングフォームを真似たり、フリーキックのときに同じようなかっこうをしたり。それは「形から入る」ということです。

こうすることによって、その選手と同じようなプレーができるんじゃないか?なんて思ってプレーすると、思った以上に成果が出たりなんかします。気分がよくなるんです。気分がよくなるから、プレーもよくできるんです。

決して「形から入る」ということは、悪いことでもありません。文章の「型」をまねることで、論点が整理され、自分で思った以上の整然とした文章が書けたりもします。

あのスーパープレーヤーのイチローは、集中力を保つために、形から入ります。同じ時刻に目を覚まして、朝、必ずカレーを食べて、試合開始の決まった時間前に自動車で家を出て、この風景が見えてきたら、後どのくらいでスタジアムに着く、ということがきちっ、きちっ、と決まっているそうです。バッターボックスに入ったときのあの動きも毎回同じです。ソウすることで集中力を高めていくんです。あのイチローでさえ、集中力を精神力だけで高めることはできず、体の動きを使って高めていくんです。すべては「形から入る」ということです。

みんなが授業中にだらっとしたかっこう、机に突っ伏して課題をやっていたり、いかにも眠る体勢になろうとしているときには、私は起こします。または立って課題をやらせたりします。だらけた体勢は、集中力を消す体勢だからです。どんなに気持ちが高ぶっていても、そんな姿勢になれば一気に集中力は消えていきます。体と精神はシンクロしているんです。

逆に、気持ちはそれほど向かなくても、体つきを整えれば、自然と集中力は沸いてきます。今日はやる気がしないな、と思っていても、ピシッと背筋を伸ばして顔を上げていけば、精神がついてくるんです。

格闘技で「三戦(サンチン)」という構えがあります。キックボクシングムエタイや、空手でよく見る構えです。これをやると自然と力がわいてきます。みんなもちょっとやってみてください。私なんかも朝、やる気が出ないとき、この構えをやって目を覚ましたりします。

日本代表の試合で長友の姿勢を注意して見て下さい。長友はいつも胸を張っています。点を取られて負けていても下を向いてうなだれる姿を見たことがありません。これは日本の選手みんなが見習うべき姿です。ピンチのときに胸を張って、自分の精神を高めていく。その姿を見た相手チームはどう思いますか?「リードされているのに、まだ何かやってくるんじゃないか?」と思って焦ってきます。しかし、うなだれていたら、「もう戦う気がないんだ。」と余裕が出てきます。その違いは大きいです。

形ということでは、皆さんが書いている字にも言えます。自分の考えや、意見を書く「字」が、乱れていたら、それをいつも目にする自分もやる気がなくなってきます。丁寧にしっかりと確実に書いていけば、そこに書かれた意見も丁寧にしっかりと確実なものに思えてきます。もちろん読む人もそう受け取ります。文字で言えば「型」は筆順になります。だいたいアクロバィックな字を書く人は、筆順がめちゃくちゃなんです。人間の自然な筆の運びに基づいた筆順が決められています。それを無視して書くから、めちゃくちゃな字になるんです。まずは「型」をしっかりと身に着けてほしいです。

正しい「形から入る」ということで、精神によい影響を与えてきます。「型」には意味があるんです。これは箸の持ち方や、正座の仕方に通じるものなんです。