Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第14回(2018年)は静岡県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2010-07-09「願う」こと

[][]「願う」こと 「願う」こと - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「願う」こと - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 「願う」こと - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

朝の読書機関誌「はるか」次号(101号)に投稿した原稿を下記に載せる。

ここ10年間にさまざまな方の講演会を聞いている。聞くと元気がもらえる方ばかりだ。

そのような講演会の私にとって最初の方は丸山浩路さんだ。勤務校にお呼びした。

http://www.kouji-maruyama.com/

そして教室『学び合い』フォーラムを企画してお呼びした中村文昭さん。

http://www.kurofunet.com/fn/

たまたま公演当日に同僚からチケットをもらって行った大島啓介さん。

http://ameblo.jp/k-teppen/

今の勤務校の生徒向け後援で聞いたてんつくマンさん

http://www.tentsuku.com/home.shtml

すべての方は、目の前にある壁を乗り越え、自分の夢をかなえたかたがただ。

最近ようやく気づいたのだが、すべての方が共通しておっしゃっていたことは「夢を持ち続け、努力すれば必ずかなう」ということだ。ちょっと前は、

「夢を持ち続けるのは重要だとはわかっているけれど、でも、そんなこと言っても、成功した人、夢がかなった人が言っている結果論じゃないか?かなった人だからこそそういうことが言えるんだ。私みたいな、希望をそれほど実現させていない人間が、夢を持ち続けていたって、かなうわけないじゃないか!」

なんていう考えを持っていた。講演会を聞いて、元気をもらってはいたのだが、そんな夢物語はそう多くないなんてあきらめていた。

でも、ひょっとして、これほどまでの人が、みんな共通して同じようなことを言っているということは、本当のことなんじゃないかな?なんて思うようになってきた。大島啓介さんが講演会で紹介していた映画「ザ・シークレット」を見たせいかもしれない。

「ザ・シークレット」

http://www.thesecret-jp.tv/

「引き寄せの法則」というのがあって、頭に念じたことが実現するというものだ。大昔からこの法則は実在し、その法則を知っていた人は、歴史上名を残してきたということから始まり、身近な成功や、怪我からの奇跡の回復までが紹介されている。

なんだか宗教じみているなぁと思いながらDVDを見ていたのだが、別に高価な水晶玉を買うとか、高価なつぼを買うとか、どこかに行って怪しげな呪文を唱えるとかいうものじゃない。単に「願う」というものだ。

じゃあ、自分もやってみようかな?と思って、夜寝るときに布団に入って、自分が今一番望んでいることをイメージして目をつぶることにした。そうしたら、寝つきがよくなった。以前は、仕事上であった嫌なこと、明日ありそうな面倒くさいことに頭をめぐらせ、嫌だ嫌だと思いながら床についた結果、夜中まで目がさえてしまうということはたびたびあった。しかし、望みをイメージしながら寝ると、寝つきがよくなり、睡眠時間が長くなったのだ。

まだまだ自分の希望は実現されていないが、深い睡眠を得られるようになり、目覚めもスッキリするようになるだけでも、なんだか夢に一歩近づいているんじゃないか?というポジティブな気持ちになれる。


約10年前に朝の読書に出会い、そのとき、私は願っていた。教室の中の、授業が成り立たないような状態をなんとかしたい。文字を読もうとしない、いすに座って集中できない子どもたちの内面を何とかしたい。深く考えず、気分で言動を決める子どもたちの荒れを何とかしたい。そこで授業始めの読書を取り入れた。直感的に「朝の読書は本物だ」とわかった。そして願った。実現した。実は10年前に「願えばかなう」ということを体験していたじゃないか。

今、『学び合い』に取り組んでいる。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/

学び合い』は、子どもたちの力を信じ、目標を語り、子どもたちのあるべき姿を願うことが重要である。願い続けるということは非常に難しい。すぐに挫折しそうになる。夢をかなえることが難しいんじゃなくて、夢を願い続けることが最も難しいんだと思う。

さて、今夜もぐっすり眠れるかな?