Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2010-01-30群馬の会

[][]群馬の会 群馬の会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 群馬の会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 群馬の会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20100130114037j:image:w260:left

群馬(高崎)には4年連続訪れている。始めはY小学校の校内研修、そして年が明けて、群馬の会1回目から。

昨年は送迎バス発車時刻ギリギリの新幹線だったので、街を巡る時間はなかったが、今年は1時間前に着いたので、一昨年行ったおいしいラーメン屋に行こうと思って記憶をたどって行ったら、なんと「貸店舗」になっていた……。残念。新潟に比べると高崎にはラーメン屋が少ないとそこの店主と話していたんだが、おいしいラーメン屋がまた消えてしまった。

しょうがないので近くの店でカツ丼とラーメンのセットを食べる。うちの近くの定食屋の雰囲気に似ていて、いい感じだった。

群馬の会に出席すると毎回感動してウルウルする。これは他の会にはあまりないことかもしれない。子どもたちの発表というものがいいんだなぁ。小学生が、プレゼンテーションソフトを使って、100人近くの大人たちに向かって、堂々とプレゼンしてしかも笑いをとっていた。うーん、『学び合い』恐るべし。

高校生たちの発表もよかった。小学校で半年『学び合い』に触れ、そして中学では全く『学び合い』はなく、「自主的に一緒に勉強していた仲間たちが勉強から離れていく姿を見るのがつらい」という言葉は、本当に『学び合い』を中学、高校でも浸透させなければならないと思った。「勉強では傷つかない」という言葉が印象に残った。

面と向かって自分の性格や、行動に対していろいろ言われると、傷つくけれど、「勉強」という同じ方向を向いているから、傷つかないということなんだろう。これはすごい言葉だ。

いつものように懇親会は盛り上がっている。Sさんと久しぶりに沢山しゃべり、「『学び合い』を子どもたちに浸透させる「空気」、「雰囲気」を持っている。」と思った。すごい人だ。きっと『学び合い』という言葉に出会わなくても、自然と『学び合い』になっていたんだろうと思う。若い人たちの成長ぶりを実感できる会だった。

f:id:F-Katagiri:20100130192029j:image:w260:left

月がきれいだったなぁ。そして寒かった。新潟と変わらない寒さだ。

iku-nakaiku-naka2010/01/31 17:36また先生の所に行き着く前に失礼して申し訳ありませんでした(大汗)。今度こそ・・・。次はいつになるでしょうか・・・?。

nome2733nome27332010/01/31 22:03大変お世話になりました!毎回先生とはお話ができず,何ともいえず悔しいです…ぜひ上越に行ってお話をさせてもらいたいです!私は聖地上越と聖地駒場に行ったことがないで行ってみたいです!

take1_No12take1_No122010/02/01 01:26昨日は遠いところありがとうございました。先生とお話ができて楽しい時間を過ごせました。ジウトン、長ーい目でサポートしたいと思います。10/31は、今年こそ、ビッグスワンへ参戦したいと思います。

katokiti2003katokiti20032010/02/01 20:27土曜日はお世話になりました(^^)/
来月のJ開幕に向けて、もう少し情報収集に励みます(^^;)

ghjalghjal2010/02/01 21:04なあんだ。新潟ってその程度の寒さなんだ。ならば、冬に新潟に行くのもありかな?なんて思ってしまいました。月に見送られ、「ウサギが見えるよ」などと叫びながら、学生と横浜に戻りました。

F-KatagiriF-Katagiri2010/02/02 06:09iku-nakaさん、また次の機会に。腰を落ち着けて語れればいいですね。

nomeさん、お疲れ様でした。群馬と日本の次世代を担ってください。期待しています。

takeさん、ジウトン温かい目で見守って下さい。いろいろ笑えますから。

katokitiさん、GK北野のゴールを割って見せます。

ghjalさん、群馬の夜の寒さは尋常じゃなかったですよ。でも新潟にも来てください。お待ちしております。

2010-01-28[学び合い]『学び合い』に”学び合う”ことは必要なのか?

[]『学び合い』に”学び合う”ことは必要なのか? 『学び合い』に”学び合う”ことは必要なのか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』に”学び合う”ことは必要なのか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 『学び合い』に”学び合う”ことは必要なのか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

こういう問いを提示しているということは、結論は「必ずしも必要ない」というものである。”学び合う”という言葉を今はいわゆる「教え合う」「交流する」「関わり合う」という他者との交流の意味で使う。

つまり、「他者との交流が無くても『学び合い』か?」ということであるが、もちろん『学び合い』である。他者との交流が無くて、何から学ぶのか?というと、自分からである。

「自分」には、「今の自分」「過去の自分」「未来の自分」がある。本当は「今の自分」しか「自分」とは言えないのかもしれない。「過去」「未来」はもう「他者」になっているのかもしれないが、そういう哲学的な考えはちょっと置いておいて、過去の自分から学ぶということは誰にでもあることである。

最近、2年生対象に作文のフォーマットについての課題を出した。もちろん、いろんな人との交流をして課題を作成するのだが、一方、たくさんの生徒が過去の自分の作文を見て、何を間違えたのか、同じ間違いを繰り返さないように学習している。これこそが「過去の自分」から学んでいることである。

「未来の自分」から学ぶこと、「未来の自分はどうなっていたいのか?」と将来を考え、そのために「今の自分」を変えること。これである。こんなことは誰でもやっていることだ。

学び合い』で「交流バンザイ!」と交流することがもてはやされるが、それだけが「学ぶ」ことではない。「今」「過去」「未来」が互いに交流することによって、「学び」が成立しているのである。人間は何からでも学べる。相手が教えようとしなくても学べるし、無機物からも学べる。過去の偉人からも学べるし、未来の子どもからも学べる。それらを全てひっくるめて『学び合い』なのだ。

2010-01-27大資本から分散資本へ

[]大資本から分散資本へ 大資本から分散資本へ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 大資本から分散資本へ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 大資本から分散資本へ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

国や企業が膨大な資金を使って開発やプロジェクトを進めるのに無理が来ている。ある組織がたくさんの資金を使って事を進めると無理ができなくなり、損失を出すと膨大になるので、安定路線を行く。安定路線だから、新しいものがなかなか産まれない。

また、そのプロジェクトは大資本を出す組織の言うなりになってしまい、その組織がお金を出さなくなるとあっという間に立ち消えになる。不景気になり広告費や支援金を出せなくなると、衰退したり、廃部になってしまうスポーツ組織がその例だ。

少額の資金を大勢が出すことにより、それほど多くのお金は集まらないかもしれないが、巨大スポンサーの言いなりにもならない。それよりも、多くの出資者の「気持ち」を集めることができ、その対象を愛することができる。流行に左右されずに、「文化」として根付くことができる。わかりやすい例でいうと資金集めに苦戦はしているが、アルビレックス新潟だ。

街作りも、地方公共団体がどうするかよりも、地域に住んでいる人がどう関わるかで動かなければ、結局はいいものが作れない。大切なのは自分がその街にお金を払ったり、行事に参加することだ。その街のその店が気に入り、その商品を買うことによって、自分の気に入った店が残り、気に入った街が作られる。行事に参加することで、その行事は守られ、自分の好きな街が作られる。

店に金を払わず、赤字を出すから撤退すると決まってから大騒ぎをしてももう遅いのである。だから、自分の地物のいい店に出向き、物を買うというのは、「がんばれ」と一票を投じるものである。「気持ち」が集まれば、店側もなんとか不況を乗り越えようという気持ちになれる。

私製研修に自腹で金を使って出席することにより、「気持ち」が集まるし、主催者もそういう「気持ち」に応えなければならないと思って、下手な会は開けない。各参加者がその会のサポーターとなって、自分たちで会を作る意識が高くなる。そういう会を8月に開催することを目指している。

2010-01-26「学び合い」について

[]『学び合い』について 『学び合い』について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 『学び合い』について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

学び合い』はなんの特別なものでもない。大昔からあるし、『学び合い』という言葉を知らなくても当たり前のようにやっている人も大勢いる。むしろ、学校外で、いや、学校内でも「授業」という縛りがないところで平気でやっていた。

自分のことをふり返ると、初めて今でいう『学び合い』を感じたのは、高校3年生、共通一次試験が終わり、自己採点が完了した後、授業が無くなって(次の日から授業がないということw全く知らずにいた)、じゃあ、明日からどうする?と仲間に聞いたら、図書館で勉強するというのだ。じゃあ私もということで、一緒に勉強しだした。そこでわからないことを即座に近くの者に聞ける環境があった。非常に効率がよい。

複数人数で勉強するなんて、当時つきあっていた彼女と一緒に図書館に行くくらいしかなかった(それほど回数はなく破局したが)。その時はたぶんそれほど効率は良くなかったと思うが、共通一次試験後の勉強(会?)はとても効率がいいのだ。その場の空気も勉強する雰囲気だったし、自宅でだらだらやっていても集中できないが、図書室という場所柄か、集中できた。

当時は教師がいると『学び合い』は無かったが、教師がいないところで『学び合い』はあった。教師が入ることで、目に見えない「とりきめ」があって、『学び合い』にならないのだった。教師もそういうことを知っていた(自分の学生時代の経験上)だろうけれど、「とりきめ」優先で、勉強効率は二の次という感じもあったんだろう。

しかし、今は、教師も『学び合い』環境を率先して作ろうという活動なので、私が仲間同士でやっていたことに比べて効果がぐーんとアップする。

言葉を与えるということは、漠然とした対象の一部分を見やすくするために切り取ることである。私が高校時代、仲間同士でやっていたことは、今、『学び合い』という言葉をあてることができた。もし、『学び合い』という言葉がなかったら、きっと別の言葉が与えられただろう。別の言葉だからって、私の高校時代のあの活動は全く変わらない。

学び合い』という言葉は、子どもの学びの活動から切り取った一部分であり、全てではない。「学び合い活動」が無い『学び合い』もある。私が昔から言っている「朝の読書」も『学び合い』である。

一方、志が同じ人が別の言葉を与えているかもしれないし、志が同じで、別のルートから山を登っているかもしれない。だから『学び合い』という言葉にこだわらなくてもいいのだと思う。志が同じかどうかは話してみればわかる。子どもたちの力がすごいことを知っているかどうかは話してみればあっという間にわかる。

志が同じ人は、何をやっても結局は子どもたちの人格の完成のために教育をしているのだ。

2010-01-25

[](101) 1限 百人一首 (101) 1限 百人一首 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - (101) 1限 百人一首 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 (101) 1限 百人一首 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

  • 10分読書
  • 百人一首暗唱大会
  • 百人一首コンテスト

[](56) 3限 課題研究 (56) 3限 課題研究 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - (56) 3限 課題研究 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 (56) 3限 課題研究 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

  • 10分読書
  • 課題研究 面談

[](55) 4限 文字言語表記トレーニング (55) 4限 文字言語表記トレーニング - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - (55) 4限 文字言語表記トレーニング - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 (55) 4限 文字言語表記トレーニング - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

  • 10分読書
  • 文字言語表記トレーニング 確認テスト

[](107) 7限 論語 (107) 7限 論語 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - (107) 7限 論語 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 (107) 7限 論語 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

  • 10分読書
  • 百人一首暗唱大会
  • 論語 曼画羅

2010-01-24ブロードウェイ・ブロードウェイ

[]ブロードウェイ・ブロードウェイ ブロードウェイ・ブロードウェイ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - ブロードウェイ・ブロードウェイ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 ブロードウェイ・ブロードウェイ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

16年ぶりに「コーラスライン」がブロードウェイで上演されることになった。そこでオーディションに3000名が集まった。その中から舞台に立てるのはほんの一握りである。どのような思いでオーディションに集まり、どのような思いでキャストを選ぶのかがドキュメンタリーとして描かれている。

「コーラスライン」の初演の時の演出家やその時のオーディションを受けに来た俳優たちの語りの音声テープも流され、「コーラスライ」という舞台はミュージカル俳優たちにとってはこの上なく重要なものであるのがわかる。

「コーラスライン」というのは、ミュージカルで、コーラスの役に応募してきた役者たちの物語である。そのミュージカルのオーディションを実際にドキュメントするという2重、3重の構造を持った映画で、とても面白い。役柄と現実のキャラクターがかぶってきたりしてくる。そして沖縄出身のYUKAさんがオーディションに受かっている。

「コーラスライン」という映画が昔から好きだった。どうして好きになったのか。16年前の初演の頃、あまりにも有名で、音楽はどこそこで流れていたので知っていた。そしてその頃ワハハ本舗があんまり有名じゃなかった(久本雅美だけがちょっと有名だった)時、下北沢の小さな劇場に見にいった。

そこでのエンディングで「コーラスライン」のパロディーで、「ONE」が流れ、C3POに扮した全身金色の劇団員がC3PO歩き方でコーラスラインを踊るということをしてくれた。その印象があまりにも強く、映画のレーザーディスクを買ってしまった。それから何度も見ている(もういまはレーザーディスクプレイヤーが壊れてしまって、ディスクのみ残っている。)。

「ONE」の曲が流れると、体が反応して、なんだかんだ言ってもミュージカルっていいなぁと思ってしまうのだ。ほとんど見に行けないけれど。

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢 (プレミアムエディション 2枚組) [DVD]ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢 (プレミアムエディション 2枚組) [DVD]

松竹 2009-03-27
売り上げランキング : 2102
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010-01-22

[](55) 4限 課題研究 (55) 4限 課題研究 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - (55) 4限 課題研究 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 (55) 4限 課題研究 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

  • 10分読書
  • 課題研究

[](55) 5限 文字言語表記トレーニング (55) 5限 文字言語表記トレーニング - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - (55) 5限 文字言語表記トレーニング - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 (55) 5限 文字言語表記トレーニング - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

  • 10分読書
  • 文字言語表記トレーニング 確認テスト

[](103) 6限 百人一首 (103) 6限 百人一首 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - (103) 6限 百人一首 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 (103) 6限 百人一首 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

  • 10分読書
  • 百人一首暗唱大会
  • 百人一首競技大会第1〜3試合

2010-01-20地縁血縁志縁

[]地縁血縁志縁 地縁血縁志縁 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 地縁血縁志縁 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 地縁血縁志縁 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「地縁」は住む地域を共有するものだ。近所だからということで、祭や行

事を一緒に行い、何とはなしに親しみが湧いてくるもの。昔すんでいたと

ころを訪れるというのは、不思議と心地よいものだ。「地」に何かしら感

ずるものがあって、そのパワーをもらうような気がする。今住んでいると

ころではなく、昔住んでいた近くに知り合いが住むということで何か縁を

感じる。不思議なものだ。「幼なじみ」なんていうのは、「地縁」のパ

ワーがかなり関わっていると思われる。

「血縁」は言わずもがな、祖先を共有するものである。これは切っても切

れないパワーがある。血縁ということで、親しみも湧くし、逆に憎しみも

湧く。それほど強い力で結びつかれている。いい時も悪い時も楽しい時も

苦しい時も「いっしょ」にいるという強みがある。

さて、この歳になると、自分と今強く結びついているものは、「地縁」で

あるし、「血縁」である。しかし他にもあると思って考えてみたものは

「志縁(しえん)」である。「志縁」とは私の造語だが、「同じ志で結び

ついた者たち」だ。

よくあるのは、例えば学校で同じ部活動に入り、一つの目標に向かって活

動した者たちは、その目標から離れても、結びつきを感じる。部活動の同

窓会は盛り上がるし、私なんかはフェンシングをやらなくなって、20

年以上経つが、国体の競技役員で本当に久しぶりに先輩や後輩に会うと、

懐かしさを感じ、結びつきを感じた。

学び合い』で志を同じくする人と、実際に会うのは初対面でも、懇親会

で異常に盛り上がるのはこういう「志縁」を感じるからなのかもしれな

い。物理的には遠く離れていても、「あいつが頑張っているから。」と思

うことで、自分も頑張れる。「あいつも悩んでいるから」ということで、

自分の悩みが少し軽減する。そういう「志縁」を持つ人が多くいれば多く

いるだけで、救われる。

今年も各地でたくさん『学び合い』の会が開かれる。なるべくいろんなと

ころに出かけて、「志縁」を強いものにしていきたい。197日後に

教室『学び合い』フォーラムも開かれる。一緒に働くことで「志縁」を広

げていきたい。

そして学校教室内にも教科学習をすることで「志縁」を作っていければ

なぁと望むのである。

ghjalghjal2010/01/20 23:53「志縁」!いい響きですね。なんで、こんなことやっているんだろう。わざわざ。自分の信念がゆらぐことがあります。そんなとき。「志縁」は自分の気持ち、志を支えてくれますね。
お互いにがんばろう。そう言い合える「志縁」の「支援」に支えられつつ。今日も一歩前進です。お互い頑張ろう!

ima-kiyima-kiy2010/01/20 23:55でっかい筆で大きな紙に書きましょう。そしてフォーラムの会場に掲げましょう。

F-KatagiriF-Katagiri2010/01/21 09:25ghjalさん、コメントありがとうございます。昨日は授業でちょっとトラブルがあって、げんなりしているときでしたが、コメントいただき、「志縁」を感じることができ、元気が出ました。ありがとうございます。

イマキヨさん、最近書道がブームになってきていますので、パフォーマンスとして会場で書くというのもおもしろいかも。どなたかやってくれないかな?

ghjalghjal2010/01/21 20:50イマキヨさん。次の押上に期待します。みんなで書くのもオモシロい。勿論、神奈川でも?私も同じくげんなりするのです。でもこの活発なブログ群で「志縁」を感じられる。だからがんばれるのです。

2010-01-17村松小学校公開授業

[]村松小学校公開授業 村松小学校公開授業 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 村松小学校公開授業 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 村松小学校公開授業 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント


1日朝から放課後まで保護者に公開しているということだった。すばらしい。村松には何度か行ったことがあったのだが、雪深いときに行ったのは初めてだった。山が近く、何となく六日町に住んでいた時を思い出した。雪で埋め尽くされたなか、しっとりとした空気が充満している。星が天気も良かったから、星が出たらさらに幻想的なんだろうなぁ。

さて、1時間しか見ることができないので、いろんなクラスをちょっとずつ見た。最初はHさんの授業で、以前にビデオで見たとおり、活気のある授業だった。導入を見て、次のクラスへ。

この時間は全てが『学び合い』の授業をしているということだった。各クラスいろんなタイプがあっておもしろい。『学び合い』といえども、それぞれの先生によって方法が違うので、キャラが出るんだろうなぁと思う。

だから『学び合い』の授業を見る上で、たった1時間だけを見て判断することはできない。その時間の役割があるので、黙々と作業をする時間、交流する時間、子どもたちはそれぞれ切り替えている。

村松小学校に『学び合い』がかなり浸透していった背景には、『学び合い』の研究が学校でされていたということだろう。子どもたちにとってどのようなタイプの課題がいいのかという「枠」を生み出している。私が実践をして「こんな課題があるなぁ」と感じていたことをみごと言語化していた。

もちろんそれは単なる枠であって、枠は打ち破るためにあったりもする。それぞれの先生のタイプに合わせてアレンジすればいいのだと思う。

さて、学校全体で取り組むのは、今後が重要なのである。『学び合い』は打ち上げ花火ではいけない。地道にその学校の文化、その地域の文化と根付かなければ成功とは言えない。そこが『学び合い』に課せられた使命だ。

村松小学校は『学び合い』の次の段階に進もうとしている。写真はHさんの担任の教室掲示。度肝を抜かれました。私も次の担任の時にはワクワクするような教室レイアウトにしよう。

f:id:F-Katagiri:20100117135313j:image

2010-01-16「前例」にも負けず

[]「前例」にも負けず 「前例」にも負けず - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「前例」にも負けず - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 「前例」にも負けず - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「前例」にも負けず

旧態依然を踏襲する同僚の意見にも負けず

「期待してるよ」という言葉や

「結果さえ出せばいいんだよ」というプレッシャーの言葉を

聞き流す耳と

一時忘れられる都合の良い記憶力を持ち

ゆるぎない理想と目的を持ち

決してぶれず 私憤を起こさず

常に今までのやり方に疑問を持ち

いつも冷静な頭と広い心でみんなを見て笑っている

北に思い通りにならない子どもがいても

 同僚同士で子どもや保護者の悪口を言わず

南でやりたい授業ができなくても

 大学入試や社会情勢のせいにしない

東に気になる子どもがいても

 常にみんなの力を信じ

西に目標から外れた集団があれば

 暑苦しく語り続ける

期待を超える子どもの学びには涙を流し

みんなが目標を達成できるかどうか考えておろおろ歩き

とりたてて注目もされず

子どもたちからは苦にもされず

学び合い』以外はできない体になり

忙しくても家族の幸せを一番に考える

そういうものに

わたしはなりたい

yukari0841yukari08412010/01/16 12:52私もなりたい・・・と思っています。

F-KatagiriF-Katagiri2010/01/16 15:04特に初めの6行目までのあたりでしょうか?yukariさん。

yukari0841yukari08412010/01/18 11:11どうして最初の6行目までのあたりが特に・・・と思われたのでしょうか?
特にという言葉をあてはめて考えると、6行目までではないかもしれない・・・と思っているところです。また、仕事をはじめてからのどの時期の自分の気持で読むかによっても、特に・・・は変わってくるように感じています。『現時点』を意識しようにも、やはり重なってきたいろいろがありますので・・・
それから、授業に関しても、きっと高校・国語の片桐さんと高校・家庭科の私とでは「南でやりたい授業ができなくても  大学入試や社会情勢のせいにしない  」も違うのか・・・似ているのか・・・・同じなのか・・・と考えています。

「忙しくても家族の幸せを一番に考える」というところに関しては・・・反省です。
最近、どうもだめですね。
忙しくても・・・以下を
忙しくても家族みんなで家族みんなの幸せを考える ことを 特に  夫に暑苦しく語り・・・玉砕です。

ところで、越後の会にはいらしゃいますか???

F-KatagiriF-Katagiri2010/01/18 18:57yukariさん、「6行目まで」というのは冗談です。すみません。
私のような高校教師が『学び合い』をするときの「忘れないこと」を書き留めてみました。現時点ではできないことだらけです。『学び合い』ではできても、息子たちにはできないこともあったりして。難しいです。

F-KatagiriF-Katagiri2010/01/20 21:49yukariさん、越後の会には参加できないのです。申し訳ありません。出席のとりまとめお疲れ様です。

ghjalghjal2010/01/20 23:43わはは。すばらしい。苦にもされない…いいですね。そういうものに、私はなりたい。賛成一票。

F-KatagiriF-Katagiri2010/01/21 09:29ghjalさん、私は苦にされまくりなのです。自分で進んでやっているようなところもあります。うーん。厳しいことを言っても苦にされない教師になりたいなぁ。

2010-01-13求め続けることの辛さ

[]求め続けることの辛さ 求め続けることの辛さ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 求め続けることの辛さ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 求め続けることの辛さ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

セミナーの懇親会で話したことだが、『学び合い』で何が難しいかというと、求め続けることだ。技術的、表面的に『学び合い』は簡単に行えるように見えるが、実は精神的には辛い部分がある。

「みんなが達成することを目標とする」という目標設定は簡単なのだが、達成できない場合は、求め続けなければならない。ちょっとでも教師が甘いところを見せると、子どもたちは易きに流れてしまう。

易きに流れた場合は「崩壊」と似たようなものになる。自分の課題が完成した人は遊びに流れ、完成していないものはあきらめる。

教師が「みんなの達成は難しいかな?」と思って、ハードルをさげても同じようなことが起こってしまう。「達成できない場合は教師が達成したことにしてくれる」と思ってしまうからだ。

求め続けるためには、教師自身が『学び合い』の効果を確信していなければならない。確信していないあばあいは、ぶれてしまう。しかし、確信するということは非常に難しい。それほど強い人間ではない。いつも課題が「間違ったんじゃないか?」とか、「難しいんじゃないか?」とか、思ってしまう。思ってしまって反省しきりである。

私の授業では『学び合い』の課題が達成できたことはほぼまれである。達成できてその単元が完了したことはほとんどない。安易な課題だったら達成できるんだろうけれど、それをしたくないこともある。「これは押さえて欲しい」という最低ラインがあるのだが、なかなかそれも達成してくれない。だからここでまた悩んでしまう。

悩んでしまうが、『学び合い』の効果を確信するからこそ、『学び合い』での子どもたちのすばらしい学びを知っているからこそ、『学び合い』以外の授業はできない体になってしまっている。それが悩ましいところでもある。

iku-nakaiku-naka2010/01/13 11:47何度も頷きながら読ませて頂きました。
これからも、もがき続けなければいけない「苦しさ」と、生徒が学んでくれる「達成感」との狭間で悩む日々が続くと思います。でも、悩まなければ進歩しませんから、『学び合い』は、間違いなく私自身を成長させてくれていると思います。
「『学び合い』以外の授業はできない体」よ~く分かります。

bbcsuzukibbcsuzuki2010/01/13 13:22セミナー後の懇親会では、先生や中島先生と話が出来てよかったです。自分一人でいると、あれこれ悩んでドツボにはまりそうですが、こうしてみなさんと話をすることで自分自身の立ち位置の修正ができるし、また「なにくそ〜」という気持ちにもなります。

ima-kiyima-kiy2010/01/13 13:33『学び合い』以外は出来ない体、よくわかります。明日からもがき続ける日々が再開します。もはや辛過ぎて求められないクラスもありますが、ともかくもやるしかありません。
みんなが達成できた片桐さんの授業、僕は見てますよ!

KenET_66KenET_662010/01/13 15:46東京の専門学校で英語を教えている者です。ここ数週間のブログ読みのなかで、最も今の自分に必要だ、と思える言葉にここでであえた気がします。年末からこのかた、「ぶれまくってしまった一年だったなあ」とへこんでいたところだったので。私は「『学び合い』以外の授業は出来ない体」にはまだなっておらず、むしろ一斉授業に引き返しそうになるくらいでしたが、こちらで勇気を頂きました。有り難うございます。

KenET_66KenET_662010/01/13 15:46東京の専門学校で英語を教えている者です。ここ数週間のブログ読みのなかで、最も今の自分に必要だ、と思える言葉にここでであえた気がします。年末からこのかた、「ぶれまくってしまった一年だったなあ」とへこんでいたところだったので。私は「『学び合い』以外の授業は出来ない体」にはまだなっておらず、むしろ一斉授業に引き返しそうになるくらいでしたが、こちらで勇気を頂きました。有り難うございます。

F-KatagiriF-Katagiri2010/01/13 19:05片桐です。
先日セミナーで対話したことをきっかけに書いたことがこんなに反響があるとは思いませんでした。

みなさん同じようなことを思っていて、私も励ましてもらいました。

『学び合い』授業をある程度体験していくと、みなさん私と同じような、こういうところで行き詰まり、悩むんですね。

コメントを書き込んでくれた人はみなさん教科教育専門の方々のようです。共通の悩みがありそうですね。

夏のセミナーでは教科教育について取り上げます。そこでこんなことについても語り合う場があればいいですね。

MizuochiMizuochi2010/01/13 22:44F-Katagiriさん、夏のフォーラムでは「走れメロス」の教材研究部会をやりましょう!

F-KatagiriF-Katagiri2010/01/14 10:35「走れメロス」面白くなりそうですねぇ。「フォーラムに参加する人は『走れメロスを読んできましょう』という宿題が出されることになりますね。

o4dao4da2010/01/14 21:00方法に走らず「確かめ合ってね」を求めますが、定着しません 涙

2010-01-09臨床教科教育学セミナー

[]臨床教科教育学セミナー 臨床教科教育学セミナー - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 臨床教科教育学セミナー - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 臨床教科教育学セミナー - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今年度は期日を1月に移して開催となった。雪を避けて12月に開催すると、小雪だったり、1月に移すと雪が降ったりと、どうも天候との相性が悪いな。

今年は50本の発表があり、大盛況となった。すばらしい。回を重ねるごとに盛り上がって行くことがわかる。子どもの学び、活動に着目する教育研究の必要性が浸透していっているからだろう。

若い人の発表も多く、未来を感じられる。若い人がどんどん入ってくることで、内部で使っている「言葉」を一つ一つ説明する必要があり、説明することで昔から当たり前に使っている言葉の意味を再確認し、新鮮でいられる。学会が形骸化することを防ぐことになっている。

だから、単に研究の手続きだけを突っ込んでくるちょっと意地悪な質問が少ないのが本学会の特徴である。バリバリの教育研究者だったら、検定やら、先行研究やらに関して気になる発表もたくさんあるのだが、若い人の発表はそんなことは後からどうとでもなるので、今は問題に対する新鮮な切り口に目を向けてほしいと思う。その新鮮な切り口が無くなってしまっては、教育研究としての先はなくなる。

私が修士だった頃、ある学会発表で、私の研究の視点ではなく、検定方法にけちを付けられたことがあった。そのけちを付けた人の発表を聞いて「それは現場でどのような役に立つのか?」と突っ込んで、しどろもどろにさせたこともあったことを思い出した。

今回の運営は私がほとんど全く口を出すこともなく、すべて上教大のメンバーで独自に運営して、すばらしい成果を上げてくれた。年々運営がスムーズになっていくことを実感した。一つの文化ができあがっているということがわかった。すばらしいなぁ。運営のみなさん、お疲れ様でした。

f:id:F-Katagiri:20100109091500j:image:w260

f:id:F-Katagiri:20100109113658j:image:w260

f:id:F-Katagiri:20100109173538j:image:w260

f:id:F-Katagiri:20100109173645j:image:w260

MizuochiMizuochi2010/01/12 12:01事務局長、お疲れ様でした。
総会の運営には、事前の準備がたくさん必要ですから
冬休みをずいぶんと奪ってしまったと恐縮しています。
また、当日は遅くまで引っ張り回したり、大学まで送ってもらったりと申し訳ありませんでした。
今後ともよろしくお願いいたします。

F-KatagiriF-Katagiri2010/01/12 15:53水落さん、お疲れ様でした。K保田さんとお二人で細かいところまで気を配っていただいたおかげだと思っております。

来年度からセミナー内では総会がないので、少しは楽になるのでは?と思います。ありがとうございました。

2010-01-07金を使う

[]金を使う 金を使う - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 金を使う - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 金を使う - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

ネットは無料が当たり前の世界になっている。ユーザーは無料で使い、サイト運営側は広告費で稼ぐというのがビジネスモデルだ。しかし、サービスを提供する側は、広告費で稼ぐよりも、ユーザーから直接金をもらった方がいいに決まっている。

パソコンのsoftwareも無料が当たり前なんて思ったりして、有料ソフトも違法コピーをして無料で使う人も大勢いる。最近は学校で使われるパソコンが限定され、そこに入っているソフトはきちんとライセンスを取ったものになっている。昔は公認で違法コピーを使っていた。

しかし、数十万円や数万円じゃなく、1万円ぐらいだったら、お金をちゃんと払って使わないと、そのsoftwareが便利だと思っていても、そのうちその会社は潰れてしまって、そのsoftwareの提供が終わってしまう。結局は使っていた自分も不幸な目になる。

ネットのサービスも同じだ。この「はてな」だって、無料だが、経営が立ちゆかなくなれば、あっという間にサービスが終了してしまう。『学び合い』グループも無くなってしまう。ブログがグループ組織になっているサービスは、あんまり知らない。しかも、ブログに広告が出ないというのがすばらしい。

だから、「はてな」のサイトの広告があったら、それをクリックしたり、何かを買う機会があったら、その広告経由で物を買ったりするのが「はてな」の財政面を支援するうえで有効だ。

もっと有効なのは、「はてな」の有料サービスを使うこと。私は「はてなフォトライフ」を使っている。これはとっても便利だ。無料で使えるのだが、有料(月額180ポイント=180円)になると、月々のアップ容量が3GBとなる。これは、普通にデジカメを使う人であれば、絶対にオーバーすることのない容量だ。

「文書ファイルやらなんやらは、もしそれが消えたとしても、思い出したり、どこかにあったものをコピーしたりして、あとからなんとか再生することができる。しかし写真はそのデータが消えると二度と再生できない。」ということを聞いて、バックアップをとる必要があると感じた。

普通はパソコンにバックアップするのだが、パソコン自体が信用ならない。過去に何度も一瞬でパソコンやHDDのデータが吹っ飛んだり、誤って消去したりしたことがあった。もちろん写真もなくなった。「こっちにバックアップしたから、こっちは消していいか。」なんて思って、実はバックアップされていなかったことも何度かある。その時、他の文書ファイルは何とかなったが、写真だけは戻る術はなかった。

だから「はてなフォトライフ」を使うようになった。私はデジカメに「Eye-Fi Share」というSDカードを使っている。これはデジカメに入れている状態でも、無線LANにアクセスして、どんどん指定した写真共有サイトにアップしてくれるのだ。わざわざパソコンを立ち上げてwebブラウザで写真を選んでアップなんていうことは必要ない。どんどんアップして、あとからいらないものは削除すればいいのだ。

動画もアップできるものも売っているらしい。私は写真しかアップできないものを使っている。

Eye-Fi Share 無線LAN内蔵SDメモリーカード(Jpegのみ転送)Eye-Fi Share 無線LAN内蔵SDメモリーカード(Jpegのみ転送)

Eye-Fi Inc
売り上げランキング : 1866
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私は、アップする写真共有サイトを「はてなフォトライフ」にしている。写真共有設定が、[公開]、[非公開]できるのはもちろん、[パスワード付き公開]なんていうのも簡単にできるからだ。

月額180円だったら、缶コーヒー2本分にも当たらない。今のご時世、どこの企業がいつまで経営できるかわからない。それならお世話になっているところに、ほんのわずかばかりだけれど、お金を使って応援しようという考えだ。

最近私はPayPalの登録をしたので、ちょっとしたドネーションウエア(寄付金を受け付けているオンラインソフト)にも1ドルやら、1ユーロやらを簡単に送金できるようになった。お金を払うということは、そこに「ありがとう」とか、「がんばって」と投票することである。ウィキペディアも今、寄付金を募集している(私は「はてなキーワード」を主に使うから、寄付しないけど。)。あの有名なウィキペディアも寄付を募らなければやっていけなくなっているということだ。

アルビレックス新潟も最近懐事情が悪いせいで、選手が流出してしまっているのか?ということが相次いでいる。1度招待券で観戦して、あの雰囲気をもう一度味わってもらいたいと考えている人は、2度目はお金を払って観戦してもらいたい。アルビを応援する人は、アルビのグッズを買ってもらいたい。スポンサー企業の商品やサービスに対して積極的にお金を払ってもらいたいと思う今日この頃だ。

我が家では、新潟日報を購読し、亀田製菓のお菓子と株を買い、全農の牛乳を飲み、三宝でラーメン食べている。ビールはもちろんサッポロビール(たまに)。

2010-01-05群読作品

[][][]群読作品 群読作品 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 群読作品 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 群読作品 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

年末に授業でおこなった群読コンテストの優秀作品をYou Tubeにアップしました。

http://d.hatena.ne.jp/F-Katagiri/20100104

http://d.hatena.ne.jp/F-Katagiri/20100103

授業で創作群読を扱って、群読は文章読み取りにとっても有効だということがわかりました。

2010-01-03今年の目標

[]今年の目標 今年の目標 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今年の目標 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 今年の目標 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「全てを受け入れる」

NAMARAの江口歩さんの言葉より。

なかなか難しそうだなぁ。今年中には達成できなさそう。

mzakisyomzakisyo2010/01/03 17:31おお!宣言ですね!!
達成できますよきっと!!

F-KatagiriF-Katagiri2010/01/04 06:00mzakishyoさん、励ましありがとうございます。達成できそうにないので、宣言してみました。頑張ります。