Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2009-12-04言葉の習得

[]言葉の習得 言葉の習得 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 言葉の習得 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 言葉の習得 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

かなり大きくなっても、間違ったまま言葉を覚えているということが非常に多い。感じも書き方もそうだし、例えばバトミントン部の生徒が「バトミンドン」という競技をしていると思っているというようなものだ。内田先生の本にも「ムジュン」という言葉に「無純」という漢字を当てるものだと思っている大学生が紹介されていた。

4歳の息子は言葉をどしどし覚えて、字も見よう見まねで書き始めている。もちろん間違えや思い違い言い間違いはたくさんある。きっとこれから先、兄や私やいろんな本やメディアに触れて修正されていくんだろうなぁと思う。

でも、もしかしたら「無純」と漢字を書いてしまう大学生のように、知の欠落が起こる可能性もたくさんある。今と昔で、どのような知の集積の違いがあるんだろう?「活字離れ」なんていう簡単な原因じゃないだろう。

でも、私が家庭でも教室でもできることは、モグラたたきのように、間違いを指摘していくしか無いんだような気がする。