Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2009-11-10それでも

[]それでも それでも - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - それでも - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 それでも - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

授業の中でもいろんなタイプがある。理解を深める授業や表現を追求する授業。あるクラスでは理解を深める授業に黙々と取り組む。ノートに詩の解釈を書かせるような授業だ。しかしあるクラスでは大半が乗らず、情報収集との名目で、教室内を「這い回る」状態が続く。ノート提出率も60%を切る。

ところがそのクラスで群読をやったりすると、声をそろえて、リズム感良く、他のクラスにはない修得の速さであったりする。こういう時に(こういう時こそ)力を発揮する生徒もいるからおもしろい。

じゃあ、これをきっかけに次の授業でも集中力を高めるかというと、全くそういうことはない。次の授業で理解を深めるような内容になるととたんにぐったりする。そういうものである。

あることをきっかけに、その後授業に取り組むようになった。なんていうドラマのような、すばらしいことは起こらない。あるときは取り組み、あるときは取り組まないのである。その繰り返しだ。

じゃあ、取り組むような授業ばかりしていればいいじゃないかというと、そういうわけにもいかない。文章を読んで、書いていることや、書いていないことを読み取ろうとする力は必要だし、何回か文章を読めば、わからないことがわかるようになるという経験も積ませたい。

そりゃあ、毎時間子どもたちが意欲的に盛り上がる授業をしたいが、それでもぐっとこらえてイライラすることを我慢することも必要だ。

[]濃厚接触者 濃厚接触者 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 濃厚接触者 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 濃厚接触者 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

とうとう我が家庭にも新型インフルエンザがやってきた。長男がかかったのだが、どうして私は発症しないのか不思議だ。超濃厚接触者なのだが。長男が発熱する日から、次男も同じコップで飲み物を飲んでいた。でも次男はまだ大丈夫。

ちょうど長男のクラスが学級閉鎖になった。楽しみにしていた行事も延期である。祖父母のところにあずけたり、交代で看護休暇を取ったりと、やりくりをする。これで次に次男も……てなことになったらちょっと大変だなぁ。

写真は以前長男が熱を出したときに次男が読み聞かせをしていた風景。

f:id:F-Katagiri:20090926070236j:image:w260:left