Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2009-07-25四国の旅その2

[]四国の旅その2 群読研究大会 四国の旅その2 群読研究大会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 四国の旅その2 群読研究大会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 四国の旅その2 群読研究大会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今回は「上級講座」ということで、「古典群読」を行った。いつもは古典群読講座はあんまり集まらないのだが、地元の運営委員の宣伝もあって、20人以上の方が集まってくれた。

前半は別の講師の方が、古典群読の発声の仕方や、古典の文章での技法の練習をおこなった。古典群読の発声はなかなか奥が深い。

後半は私が担当して、シナリオ作りと発表会を行った。4つの班を血液型で作り、それぞれ作品を選んで発表会をおこなった。シナリオを作る様子に聞き耳を立てていたけれど、作品の解釈とシナリオを絡めて作っていて、作品を読み取る方法としての群読は録っても効果的だと思った。

そして発表会だが、これがとてもレベルが高い。どの作品も完成されていて、作品の雰囲気が良く伝わってくる。しかも、私の独自の解釈では、絶対こんなシナリオを作らないだろうなぁと予測を超えた作品も登場し、しかもその作品を聞いてみると、こういう解釈もあるのかと納得できた。

作品はhttp://gundoku.jimdo.com/第-回高知大会/群読作品-ビデオ/:title=このサイト]にまとめてあるので、御覧ください。

午後は長男といっしょに、物語の群読の分科会に参加した。2年前の北海道大会に参加したのだが、今回の驚きは、自分から積極的に声を発したということだ。

講師が「この作品のソロをやりたい人!」と聞いたら自分から「はい!」と手を挙げてみんなの前に出てソロをやっていた。うーん、いつの間にこんなに積極的になったんだろう?

家で音読をやっていて、みんな読める作品だったからかもしれないが、自信を付けたのかな?私も一緒に参加して「きつつきの商売」の群読を演じた。

夜は懇親会に参加した。地元高知の実行委員と全国各地から駆け付けた群読役員が入り交じって、しかも役員の子どもたちも参加しての老若男女が参加する珍しい懇親会だ。参加者全員の挨拶がある。子どももスピーチをする。小学校高学年の男の子もしっかり喋った。小さい頃に参加したことがあり、今はもう中学3年生の男の子なんか、笑いをとりながら喋った。

私の次男は早早に寝てしまったのだが、会の終盤に長男の番になった。かなり前から緊張していた様子を見せていた。長男の番になり、自分からマイクを颯爽と取ったところで「おおー」というどよめきと大きな拍手をもらったのにさらに緊張したのか、みんなの前に立って一言も喋れなくなってしまった。いろんな人の助けをもらい、「さんねんとうげがたのしかったです。」と一言喋って拍手をもらった。そうそう、思っていたことは案外喋れないものなんだよ、息子よ。

sumi-chansumi-chan2009/07/28 15:11旅先からのアップ、すごいです〜!
長男さん、がんばってますね!!