Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2009-03-17学んだこと作文 1年生

[]学んだこと作文 1年生 学んだこと作文 1年生 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学んだこと作文 1年生 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 学んだこと作文 1年生 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20090315074404j:image:w260:left

1年生の特徴は「情報の共有化」という言葉がふんだんに出てきたことだ。それほど何回も授業で使ってはいなかったのだが、子どもたちの琴線に触れたんだろう。

1年生には1年間を通して結構語っていたような気がする。「目的」と「目標」に付いても書いた子どももかなりいた。

また、以下に載せたように「1人ではできないことがある」ということを学んだという作文も複数あった。「できないことがわかること」ということは学校教育の最大の目的だと思う。自分の有限性を認識して、できないことを他に頼むことを学べる。

学び合い』って、まずは自分の有限性を認識しないと始まらないのかもしれない。

 自分は国語の授業で、1人では何もできないということを学んだ。片桐先生の授業では、クラス全員で合格しないと不合格になるという課題や、グループ全員で合格しなければならない課題を出す場合がある。それは決して1人ではできない。近くの人からヒントを聞いたり、答えを知っている人から教えてもらったりすることで全員が合格できる。つまり、「情報の共有化」が必要なのだ。「情報の共有化」をしないと、一時間ぼーっと過ごすことがあったり、答えを間違えていてクラス全員の人や、グループの人に迷惑をかけてしまう。しかも、「情報の共有化」は非常に便利だ。その問題の答えがわかるだけでなく、周りの人とのコミュニケーションになるのだ。普段、全く話さない人とも、それがきっかけで話すことができたり、協力して課題を解くことで非常に中野良い友だちになれることだってある。これは社会に出ても同じだ。会社の同僚や先輩にわからないところを聞く機会は必ずある。その時に、この一年間でやって来た「情報の共有化」をおこなえば、難しい問題もすぐに解決する。

 だが、自分はこれをなかなかすることができなかった。だから、何回も読んでいかないと著者の意見や、その文の本当の意味も理解できないということを学んだ。自分はただ単に教科書の文を読むだけで、著者の意見、書かれていることだけではない、著者がこの分で本当に伝えようとしているものを全く読み取ろうとはしなかった。だが、方入り先生の説明を受けてから、注意深く読むといろんな著者の意見を読み取ることができた。このことから、別の観点から着目してみるという生きる上で役に立つことを学ぶことができた。