Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2009-03-12学んだこと作文

[]学んだこと作文 学んだこと作文 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学んだこと作文 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 学んだこと作文 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20090308065634j:image:w260:left

3年生の学んだこと作文をようやくデータ化した。中で一番感動したものを載っけてみます。その他はこちらに掲載しました。

 1点目の提出期限について説明する。高校卒業したら就職をする。就職をしたら提出期限をしっかり守らなければ会社に迷惑になる。会社に入ってから、提出期限を守ると決めても、高校で提出期限を守ることができなかったら、会社でも長続きはしない。片桐先生は、社会の大変さを自分たちに少しでもわかって欲しいから、厳しく提出期限を守らないと、赤点にしたり表にして、誰がやっていないのかを生徒達にもわからせている。

 2点目の暗唱について説明する。暗唱は自分の頭で覚え、それを声に出してするから、生きる上で、先生から教えてもらったことを、頭に入れ、声に出すことはかけられたときに、しっかり声を出せるようにしている。暗唱のテストでは、はっきりと読まなかったり、小さい声を出すと、注意があるので、日常生活でも役に立つ。

 3点目の言語楼について説明する。言語漏斗であったのは高校1年生の時である。最初は何が間違っているのかわからない字があった。その中で自分も同じ間違いをしていることがわかった。社会に出たら、漢字を間違うことは恥ずかしいから、言語楼は毎日毎日大変だったけれど、必要な授業だった。

 4点目の片桐授業について説明する。片桐先生は他の先生と違って立派な点がいくつかある。他の先生は、テストの時以外チャイムが鳴って3分や5分遅れてくる先生ばかりだ。でも片桐先生は5回くらいチャイム前に来なかったことがあったけれど、毎日時間前に必ずくる。これは当たり前のことだけれど先生になってまだできない先生はどうかと思う。学校の先生だから、許せるかもしれないけれど、企業では許せる問題ではない。生徒だからという気持ちがあるからである。遅れても、普通にして入ってきて、うるさいって言うのは、どうかと思う。注意するなら、自分がチャイムと同時に授業を始められるようにするのが先生としての役割である。

 5点目の読書について説明する。10分間読書は自分の好きな本を読めるので、読む本をしっかり選び、しっかり読むことが大切だ。漢字もたくさん出てくるし、メリットがたくさんある。3年間国語総合から現代文までお世話くださり、今まで本当にありがとうございました。