Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2009-01-09習慣

[]習慣 習慣 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 習慣 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 習慣 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

以下の内容は私の想像なので、違っていればご指摘ください。

(A)教員経験の少ない人が、『学び合い』をおこないつまずいて、『学び合い』を知らない先輩からアドバイスを受けると「『学び合い』なんてことするから授業がうまく行かないんだ。」と言われ、最悪の場合は「『学び合い』をやめなさい。」と言われる。

(B)教員経験の少ない人が、今まで自分が受けてきたような「一斉授業」をおこないつまずいて、先輩からアドバイスを受けると「授業技術を身につけなさい。」とか、「授業を工夫しなさい。」とか、「子ども一人一人をよく見なさい。」とか言われる。

(C)教員経験の少ない人が、『学び合い』をおこないつまずいて、『学び合い』を知っている先輩からアドバイスを受けると、「授業技術を身につけなさい。」とか、「授業を工夫しなさい。」とか、「子ども一人一人をよく見なさい。」とか言われる。

(A)と(B)の違いは何だろう?(A)のアドバイスは『学び合い』という「授業方法」をやめればうまくいくというアドバイスだ。(B)のアドバイスは教師の「職能」を磨けというアドバイスだ。

(B)と(C)のアドバイスは同じだ。意図している内容も細かいところでは違うかもしれないが、そんな真逆の意味を言っているわけではない。

(A)は方法論でアドバイスしているのだが、(B)・(C)は職能としてのアドバイスである*1

「今までのものがよい」と無批判的に習慣化している人は、今までのものの実証的裏付けがないまま(A)のようなアドバイスをするのかな?とも思う。習慣とはそれほど手ごわいものだ。しかし、(B)・(C)のアドバイスが根本をついているものだと思うので、とりあえずはそこを磨いていくしか道はないのかな?とも思う。

かくいう私もこの学年末におよんで、磨き足りなさを痛感している今日この頃なのです。

[]追伸 追伸 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 追伸 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 追伸 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

上の記事の追伸である。

(C)のアドバイスの「授業技術を身につけなさい。」というのは、(B)のアドバイスとそれほど変わらない。教室に通る声で話すとか、発話すべきタイミングを見きわめるとか、そういうことだ。

「授業を工夫しなさい。」というのは、子どもたちが食いつく目標設定をしなさいということだ。(B)の場合は子どもたちが食いつくネタを見つけなさいということで、ちょっと意味合いは違う。

「子ども一人一人をよく見なさい。」は、全体の中で子どもたち一人一人がどう動いているか見るということだ。「一人だけを見る」とは違う。(B)の場合は、《「一人だけを見る」×クラス人数》という意味の場合が多い。しかし、(C)は「ある1人の言動はクラス全体との関わりの中でどういう意味を持っているかということを探る。」という意味合いが強い。このことは教員経験20年近くになってようやくわかってきたことである。

*1: (C)は教育理念レベルまでおよんでいるようにも思える。

tomkicktomkick2009/01/12 19:20F-katagiri様
全くその通りだと思います。
Cの方が,『学び合い』の考えかたを中心においているだけに,アドバイスとしてはより切迫している感じもします。
『学び合い』の考え方を持っているのと,持っていないのとでは,子どもの見方が180°くらい違うと思います。
「子どもは未熟だ」という発想で,技術を身につけるようにアドバイスするのと,
「子どもは有能だ」という発想で,技術を身につけるようにアドバイスするのとでは,少しニュアンスが違いそうな気もします。
Cは,やっぱり,教育理念のレベルまで及んでいるように感じますね。

F-KatagiriF-Katagiri2009/01/13 20:35tomikickさん、コメントありがとうございました。「子どもは未熟だ」という考え、「子どもは有能だ」という考え、一瞬で見破れちゃいますよね。きっと子どもたちも一瞬で見破っているんでしょうねぇ。