Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2008-12-26補習2日目

[]補習2日目 補習2日目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 補習2日目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 補習2日目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

毎年冬休みの出勤日は補習をしている気がする。2学期になって補習をせねばならないということは、学年赤点が濃厚な子どもたちを強制的に参加させる。「強制的」といっても欠席した場合に連れてくることはできないし、最低限本人が自分の力で来ないと効果がないので、欠席してもそのままである。年間赤点の可能性が高くなるだけだ。

私の補習はまず教具をそろえることから始める。赤点を取る子どもたちは概して持ち物がなかったり、持ち物に名前が書いていなかったり、配ったプリントを無くしていたりという人が多い。ここをきちっとそろえて、学習に対する姿勢を作っていく。昨日からやっているのだが、2日目にようやく揃えられる子どももいる。

ファイルに書いたクラスが昨年度の学年のままだったり、大部分のプリントを紛失していたりする。プリントを紛失した場合は他の人のものをコピーさせる。私は一度配ったプリントを2度と配ることはしない。そうすると自分の教具を大切に保存するという姿勢が無くなるからだ。1gilで1枚のプリントを売買した時もあるが、今は3年生はgil制度を廃止しているので、それもできない。

学力向上というのは、「自分のことは自分でする」という姿勢を身につけさせることから考えなければならない。手取り足取りであれば、「やらされている感」は払拭できず、何のために学習するのか?という根本に本人が気づかないまま学校を終えることになってしまう。