Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2008-10-23読み飛ばしをする子どもたち

[]読み飛ばしをする子どもたち 読み飛ばしをする子どもたち - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 読み飛ばしをする子どもたち - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 読み飛ばしをする子どもたち - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

朗読コンテスト真っ最中である。事前に準備するグループ、行き当たりばったり(行き当たってばったり)グループと様々である。

気になったのが、読み飛ばしてしまう子供がかなりいる。内田樹先生の「下流思考」では、分からない漢字を読み飛ばして、そのまま放置してしまう学生の例*1が載せられていたが、音読でもそのようなことが起こっているのか?

1~3音を読み飛ばす。「いつもにも似ない」⇒「いつも似ない」なんて言うのはざらだ。読み飛ばしても違和感を感じないから言い直さない。

普段使わない言葉だからと言われるとそうなのだが、それでも感覚として違和感を感じられるバックボーンを前提として授業をしたいのだが、そうではないのだ。

音読の必要性を強く感じた。小川洋子著「博士の愛した数式」で博士は「分からなかったら問題を声に出して読みなさい。」と子供に指導していた。音読というのは人間言語感覚にかなり重要なんだろう。

*1:「矛盾」を「無純」と書き、「矛盾」を「むじゅん」と読めないままでいる学生

ikutosuikutosu2008/10/23 17:23今日から「故郷」のグループ発表に入りました。同じような問題が出てます。
「血色のいい」を「ちいろの」と読んだりしてます。
練習不足のグループに見られますね。

F-KatagiriF-Katagiri2008/10/25 08:09筑田さんコメントありがとうございます。
自分の中での語彙が少ないと、「分からない言葉」がありすぎて、そう読むか読まないかの判断が付かないから、どうとでも読んでしまうのでしょうか?
「ケッショクノイイ」という可能性の方が否定されちゃうんでしょうかねぇ。