Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2008-09-21「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方

[]「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方 「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

ITベンチャー企業学生社長が病児保育NPO法人を立ち上げて採算のとれるようにしたという話だ。

病児保育というのは、病気になった子ども保育園では看てくれないのでその時だけ預けられるという制度。長岡にいるときに、預けていた保育園で病児保育の施設ができて有り難かった記憶がある。結局幸いにも預けることはなかったけれど。

新潟市引っ越してきてから、本当にどちらも休めない場合はカミさんの祖父母にお願いしていたが、そのように簡単に預けらる人がいない場合は、子ども病気は恐怖でさえもある。

世間は女性社会進出を推進していながら、子どもが熱を出したときは母親に「仕事を休むのが愛情だ」と強要するのも世間だ。その矛盾に真っ向立ち上がったのが、子どももいないし、結婚もしていない単なる大学卒業した元ITベンチャー企業社長だった。

なかなかこの人おもしろそう。講演会があったら聞きたいな。

「社会を変える」を仕事にする――社会起業家という生き方

「社会を変える」を仕事にする――社会起業家という生き方