Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2008-06-29教科書に載っていない!

[]教科書に載っていない! 教科書に載っていない! - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教科書に載っていない! - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 教科書に載っていない! - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

以前の単元で、いつも合格点を取っている生徒が、今の漢文の単元ではなかなか合格点に達しない。というか、10点満点で1,2点を連発している。どうしてなのか?と聞いてみた。

そうしたら、以前の単元では中学時代に覚えたことで点数がとれていたようだ。しかし今回の漢文の単元は中学時代に学んでいない部分だ。じゃあ、教科書読めばわかるだろうと思うのだが、なんと、載っていなかった!

載っていなかったのは、漢文を書き下し文になおす方法だ。だいたい漢字は漢字で、カタカナはひらがなに直して返り点の順番で書けばよい。中には読まない漢字もあるが、それは教科書で示してあった。しかし、どんな漢字をひらがなに直して書くのかは書いていなかった。

以前の教科書には書いてあったのだが、教科書を新しくして私が初めてそれを扱ったので、気がつかなかった!私が教科書にあたっていなかった。申し訳ない。

黒板に大きく「書き下し文では、助詞・助動詞は平仮名で書く。」と大きく書いたら、教科書の後ろの付録にある助詞・助動詞一覧を見つけ出した生徒もいた。

2008-06-27「わかる」ということ

[]「わかる」ということ 「わかる」ということ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「わかる」ということ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 「わかる」ということ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「どうすれば現代文ができるようになりますか?」と聞かれるときは、ほとんどの場合「現代文の問題が解けるようになる。」である。そのためには「現代文の問題文を理解できるようになる。」ことが必要だ。つまり、文章を読み取れるようにならなければならない。

畑村洋太郎著「みる わかる 伝える 」では、「わかる」ということは、自分の中にできあがった「枠」(パターン、形式)に自分の外のものを当てはめるという作業をし、ある程度当てはまった場合「わかる」という現象になるというようなことが書かれてあった。

なるほど、自分の思考パターンを省みてみるとそうなのかもしれないと思った。自分の中にある「枠」にどう当てはめるかを考えて、当てはまる部分と当てはまらない部分があり、当てはまらない部分はさらに細かくして何とか当てはめようとしている。当てはまらない部分は「わけがわからない」ということになる。

さてじゃあ、「枠」をどのように作るのかというと、「枠」の外部からのインポートはできないと思う。自分の中に醸成されていくのを待つしかない。受験対策講座なんかで、「これは、こんなふうに考えます。」なんて言われて「枠」を示されても、同じ問題が出る場合は当てはまるけれど、その可能性は皆無に等しい。

ということは、「現代文がわかる」方法は、たくさんの文章にあたるしかないんだろうなぁという結論にいたってしまった。あらあら、受験まで時間が無い人には不可能だぞ。

みる わかる 伝える

みる わかる 伝える

[]緊急事態! 緊急事態! - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 緊急事態! - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 緊急事態! - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

昨日長男(小2)の連絡帳を見ていたら、「や」の字がいびつだったので、「もしかしたら?」と思ってソラに書かせてみた。

案の定筆順が違っていた。小学2年生から筆順を忘れている。緊急事態だったので、すかさず「や」の由来を説明して、ノートに練習させた。

小学校の習字の学習って3年生からなんでしたっけ?習字教室通わせようかな?

chunsuzumechunsuzume2008/06/27 18:47小学校での習字の学習は3年生からスタートですね。

F-KatagiriF-Katagiri2008/06/27 20:07chunsuzumeさん、コメントありがとうございます。やっぱり字を確実に書かせるのは親の仕事だと実感しました。

tsmumutsmumu2008/06/28 22:08たくさんの本を読み、たくさんの経験をする。そしてじっくり考える。わかるために必要なことは結局そういったことなのかな、と思います。最短コースはないんですよね、きっと。

2008-06-23テキストにあたる

[]テキストにあたる テキストにあたる - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - テキストにあたる - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 テキストにあたる - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

うちの子どもたちの学習方法を観察していると、「ただひたすら暗記」が多い。小テストを返すと正解を調べ、その正解を「ただひたすら暗記」している。どうしてそうなるのか?と疑問を持つ子どもが少ない。

「せんせー、この訳しかたはどうなるんですかー?」

「そんなの教科書に書いてあるでしょ。教科書を読みなさい。」

教科書をじっくり読まず、手っ取り早く「正解」を知り、それを暗記するのを「勉強」だと思っている。

なかなか手ごわいぞ。

tsmumutsmumu2008/06/28 22:06私もそれを感じることが最近多くなりました。資料集とか教科書とかに当たれば解決することを私に聞くことが多いんです。この間はちょっと怒りまじりに資料集を見ろと言ってしまいまして(反省)。ただ、見ていると索引の使い方などがわかっていないので、使いようがないのかなとも思います。同様に教科書を読んでもわからないのかもしれないな、とも思います。学習方法ってムズカシイですね。

ただ、F-Katagiriさんのおっしゃるテキストにあたるということはとても大事だと私も思います。

F-KatagiriF-Katagiri2008/06/29 09:32国語辞典の使い方がわからない子どももいました。そういう子は、「ここから」なんだなぁと思います。自分から引こうとしなければ覚えられないし、今までは、引かせられていたんだろうなぁと思います。
高校生だからといって、当たり前のことが当たり前になっていない現実がありますから、当たり前のことも、それ以上のことも、その全てを網羅するには『学び合い』しかないんだろうなぁと思います。

2008-06-20CTスキャン

[]CTスキャン CTスキャン - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - CTスキャン - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 CTスキャン - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

放課後寝耳に水の会議(私が連絡を聞き逃していただけ)があった。そして私が司会だった。会議を始めてすぐ緊急の電話が入っているという知らせがあった。

長男の学童保育からだった。怪我をしたので、来てほしいということだ。顔面を打って腫れが引かず痛がっているということだ。これから向かうにも時間がかかるので、医者に連れて行ってもらうことにした。

状況を聞くと、近くの神社で野球をしていて、走って球を拾いにいった拍子につまずいて、灯籠の台座の角に顔をぶつけたということだ。

しばらく休んでいたが痛みも引かず、腫れもひどくなってきたので、連絡をくれたということだ。

整形外科に連れて行っていただいたのだが、脳神経外科でCTスキャンをとらねばならぬということで、私は脳神経外科に向かった。行ったらまだ長男は着いていず、しばらくしたら学童保育の先生と一緒に来た。

顔がずいぶん腫れて、泣きながらやって来た。

問診票を渡されて、書き出したのだが、動揺したのか自分のことを書いていた。あ、息子のことを書くんだった。

痛いのとショックと私に会ってちょっと安心したのか、息子の顔には涙がぽろぽろ流れていた。鼻血も流れていた。

CTスキャンが恐いのか、その部屋では泣き声も聞こえたが、無事撮り終えて診察を受けた。結果は骨にはひびは入っていなく、腫れが引けば大丈夫とのこと。一時は手術も必要なのか?と思ったが、案外何事もなかったので、安心した。

本人も学童保育でおやつをもらっていなかったから、お腹が減ったといいだし、報告がてら学童保育に行き、おやつをもらった。

今は冷えピタシートを貼って寝ています。

もしかしたらしばらく顔面マスクをしてちょっと前の鹿島岩正のようにマスクをしてサッカーか?と思ったが、大丈夫だった。

子どもが怪我するといろんなことを考えてしまいます。これを機に臆病になったらどうしようとか、サッカーしなくなったらどうしようとか……。杞憂が多いんでしょうけれど。

MizuochiMizuochi2008/06/21 12:34息子さん、大変ですね。痛かったでしょう。
「サッカーしなくなったら・・」を心配するところがKatagiriさんですね。。。
お大事に。

F-KatagiriF-Katagiri2008/06/23 18:46ご心配ありがとうございます。体育のプールは入るけれど、サッカー部は休むと言っていました。ちょっと心配ですが、心配しすぎかな?なるようにしかなりませんよね。

nokogirisounokogirisou2008/06/25 21:12大変でしたね。本当にいろいろ考えてしまいますね。でも子どもはすぐに治ってまた元気に動き出します。懲りません。うちもホントによく怪我をします。生傷たえません。お大事に。

F-KatagiriF-Katagiri2008/06/26 08:22nokogirisouさん、コメントありがとうございます。
治ってきたのですが、サッカー部復帰はまだ見送っています。私は「行ったら?」と言っているのですが、「まだ恐いから」だって。根性なしだなぁ。

2008-06-18人生の折り返し地点

[]人生の折り返し地点 人生の折り返し地点 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 人生の折り返し地点 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 人生の折り返し地点 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

明日の午前0時に決めました。

これは村上春樹著「回転木馬のデッドヒート」にあやかったものなのですが、今日までを往路、明日からを復路とすると、これからの人生の計画も立てやすいかな?と思ったからです。復路の方が長かったり、短かったりするかもしれないけれど、勝手に決めることにしました。

回転木馬のデッド・ヒート (講談社文庫)

回転木馬のデッド・ヒート (講談社文庫)

[]雑音 雑音 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 雑音 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 雑音 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

私はまわりがうるさいと仕事ができない。「うるさい」と言っても音量ではない。1人の声でも、はっきりと聞こえる場合はそれが雑音となってしまう。だからその時はイヤフォンをして音楽を聴く。他の人は気にならないのかな?

今日の内田先生のブログでおもしろいことが書かれていた。

これをもとに考えてみると、大きな音楽は仕事のじゃまにならないのに、人の話し声はじゃまになる。私の場合は仕事を言語脳でやっていて、人の話し声が聞こえると言語脳が混乱するからなのだろうか?竹内まりやの音楽をガンガンかけてもそれは音楽として聞こえるので、仕事にはじゃまにならないのかな?

まぁ、現実には私にとってじゃまになる声の人と、じゃまにならない声の人と、2通りいるのだけれど。

janglejapjanglejap2008/06/18 18:03私もつい最近読み返したところです。「回転木馬のデッド・ヒート」
私は教師として38年勤められるとすると、今年から復路・・・ということを意識していました。よいタイミングで学び合いに出会えた!と思っているところです。

F-KatagiriF-Katagiri2008/06/18 18:44をを、私と同じ事を考えていた人がいたなんて!私は教師としての折り返し地点はちょっと前に過ぎましたが、「同志!」と呼ばせて下さい。

KatokyonKatokyon2008/06/18 19:52片桐さん、たぶんコメント投稿もうだいじょうぶ!
私も似たような感じで、38年間、持ち上がりで担任したとして、出会うのは19学級の子どもたちでしょ。たった19なんだなあと、新しい学級に出会う度に思います。
しかも、子ども時代って人生の宝物じゃないですか。そんなことを時々、ふっと考えますよ。結構、まじめなもので・・・(笑)

F-KatagiriF-Katagiri2008/06/19 14:42かときょんさん、コメントありがとうございます。
私もあと担任を何回もてるかと考えると、3年間持ち上がりだとして3〜4回なんだろうなぁと思います。
今まで子どもたちから学んだことを次の子どもたちに恩返しをしないといけないんだな〜としみじみ思っています。
前受けもった子どもたち、「ごめん」。

tsmumutsmumu2008/06/19 23:15私は音楽があると邪魔で、人声があった方が集中できたりします。イヤフォンをして勉強できる人は何でできるのだろうと思ったりします。音楽が趣味だからかもしれません。聞いていると分析しちゃったりするので。

F-KatagiriF-Katagiri2008/06/20 02:16tsmumuさん、コメントありがとうございました。きっとtsmumuさんの場合、仕事をする時の脳と音楽を聴く時の脳が同じ部分だから音楽が仕事のじゃまになるんだと思います。(素人考えですが。)

2008-06-17子どもを信じるということ

[][]子どもを信じるということ 子どもを信じるということ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 子どもを信じるということ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 子どもを信じるということ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

昨日の記事に続き、私のことをふりかえろうと思う。

十数年以上前、ある学校に転勤して、授業は全くうまくいかず、子どもたちは学ばず、なんだかどーしよーもないやるせなさを感じていた。そんな時に出会ったのは「朝の読書」だった。今となってはどうして出会ったかは忘れてしまった。本でも読んだのか?テレビで紹介されていたのか?

しかし、「これだ!」と思って、年度途中の夏休み明けから始めようと思った。そのためにブックオフに行って各クラスに本を用意して、各担任に「本を置かせてもらってもよいか?」という了承を得て、開始した。

もちろん、初めは読まない子どももたくさんいる。しかし読む子どもも思った以上にいる。クラスにおいてあった本が捨てられていたり、焼かれたり、いろいろあったが、長い目で見ようと思って、「我慢」していた。

あるとき、めちゃめちゃ暑い日があった。想像を絶するほど暑いのだ。こんなんで授業をやっていてもしょうがないと思って、「どう?1時間中本を読む時間にしては?でも、寝るようなことがあったらすぐに中止するよ。」と提案した。

私も読んでいたが、ふと気づいて周りを見渡すと、普通に授業をやっていたら必ず寝るような子どもも熱心に読んでいる。すごいじゃん、本、すごいじゃん、子どもたち!なんて思った。子どもたちは学びたがっているんだと気づきだした日だった。

翌年も翌年も続けた。これがなければ私の授業は成り立たないと思ってきた。年度当初は読まなかったり読んだりと必ず温度差がある。読まない子には「どうしたの?」と声かけをしていった。マンガを読んでいるような子を見つけられるようにもなってきた。ある時、机に頭を突っ伏していた子がいたので、「寝ているなぁ」と思い、起こそうと寄っていったら、額を机に付け、本を持った手を床近くまで伸ばして読んでいた。愕然とした。こんな姿で読む子もいるのか。

さらに思った。「この子は本は読まないもんだ」という先入観があったからこそ「寝ているなぁ」と思ったわけで、子どもを本当に信じ切ってはいなかったのだ。

年度の終わりには「読書について」を書いてもらった。その中で「読んでいるときは自分が主役」という記載があった。子どもたちにとって、学習する上で、自分が主役だと感じることが必要なんだ。とわかった。そしていつかはそう感じさせられるようにしなければと思った。

そしてスタンスがちょっと変わった。「今」読ませるよりも、「この1年間のうち、年度の終わりまでに自分から読むようになればよい。」、「必ず読むようになる。」と信じられるようになってきた。

これが子どもたちの力を信じられるようになったきっかけです。

tsmumutsmumu2008/06/19 23:12狭い例かもしれませんが、型にはまってはいけないということなんですよね。たとえば、床に座っては学べない、という型をもっていると、そうしている子達が気になってしまうように。

F-KatagiriF-Katagiri2008/06/20 02:22そうそう、以前どなたかのブログで、机、椅子がない時に床に寝そべる姿で学んでいることについて賛否両論ありました。しつけが必要だとか、自由に学んでいる姿だからいい、とか。

しかし、どうして床に寝そべっているのかを観察してみると、単にだらけている姿なのではなく、机、椅子がない状態で、お互いの距離を近くするために、床に寝そべって顔を近づけているということに気づいた方がいらっしゃいました。

つまり、そういうことなんだと思います。どうしてそうなのか?ということを真剣に観察すれば、子どもたちの行動は理由がちゃんとあるということをわれわれ教師はきちんと把握しなければならないんだと思います。

2008-06-16本当に信じているか?

[]本当に信じているか? 本当に信じているか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 本当に信じているか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 本当に信じているか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

学び合い』ではまず子どもの力を信じることが大前提である。しかし、本当に信じているかどうかは、非常に重要なことである。

私は以前は全く信じていなかった。教師が目を離せば、子どもは必ず怠け、教師が引っ張っていかなければ高みに登っていかないと思っていた。そう思っていたからそのような授業や、そのような生徒指導をしていた。その時の生徒に会うと必ず謝っている。

しかし、十数年かけて、自分の思い込み(習慣)はおかしいということがわかってきた。「朝の読書」での子どもたちの学びに触れたことが大きいと思う。

だから、教師の言動の端々から、「あ、この人は子どもの力を信じているな、信じていないな」ということを敏感に感じとることができる。

きっと子どもたちは自分たちのことだから、私よりも敏感なんだろう。「本当に自分たちを信じているか、実は形式だけ信じている真似をしているか。」を正確に見分けることができるんだろうと思う。

学び合い』において、本当にここが重要なことなんだろうと思う。

歌2008/06/16 20:52最近、子供たちを信じてなかったかも・・・と反省いたしました。子供たちを信じ、信じている気持ちを伝えようと思います。

F-KatagiriF-Katagiri2008/06/17 14:11歌さん、コメントありがとうございます。
テクニックやセオリーを重視しすぎると根本のところを忘れてしまいますよね。私もいつもふりかえっています。
逆にいうと、根本のところがしっかりしていれば、「何をしても大丈夫」と思うのです。

osugi-symphonicityosugi-symphonicity2008/06/19 15:31片桐先生はじめまして、大阪のおすぎといいます。
この記事を読んで、『学び合い』の文化を創るには、人間の力を信じることが大事なんじゃないかと思いました。相手が大人であっても、『学び合い』の子ども観というか…僕は人間観だと捉えています。
そして、相手は自分と同じくらい有能であり無能であるが、可能性や強みは人それぞれ違うから互いに補完し合うことが大切、と捉えるようにしたいなと思いました。

F-KatagiriF-Katagiri2008/06/19 16:20おすぎさん、コメントありがとうございます。
「相手は自分と同じくらい有能であり無能であるが、可能性や強みは人それぞれ違うから互いに補完し合うことが大切、と捉えるようにしたいなと思いました。」
いいことばですね。
誰に対しても尊敬の気持ちを持っていれば、『学び合い』文化が自然と生まれてくるのかもしれません。しかし私は教師になってからそうなるのに十数年もかかったし、気を抜くとその文化を簡単に壊してしまいます。

精進が必要です。

2008-06-14群読講習会

[][]群読講習会 群読講習会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 群読講習会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 群読講習会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今日は群読講習会で東京まで行きます。

7月26日(土)横浜で全国大会があるので、その打ち合わせです。

http://gundoku.web.infoseek.co.jp/

私は古典群読の1講座を受け持ちます。

もちろん、『学び合い』でやります。

お近くの方、是非参加をしてください。

[]地震 地震 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 地震 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 地震 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

東京へ向かう新幹線が、越後湯沢駅前のトンネル内で急停止した。宮城で地震がおこったということだが、トンネル内のことなので、情報の得ようがない。20分ほど停車して再び動き出したから安心した。

今は関東に入り、イー・モバイルを接続して更新している。イー・モバイルは新幹線のような高速異動中でもいつもと同じように使えるから驚きだ。

[]事前研修会無事終了 事前研修会無事終了 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 事前研修会無事終了 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 事前研修会無事終了 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

新幹線の運行状況は気になったが、古典群読の収録も終わり、無事終了した。その後の飲み会も大いに盛り上がった。年に数回群読のために全国(北海道から九州まで)から集まって、大会のための打ち合わせをし、学び合い、酒を酌み交わすという、とてもいい機会である。

さらに今年は、北海道からいらしたKKさんが、実は『学び合い』を始めたということを聞いて驚いた。もちろん「学び合う国語」も購入なされ、西川先生の本も大人買いして読んでいるそうな。なんと赤坂さんのお知り合いだということで、話が盛り上がってしまった。

「是非夏の新潟に来てください。」と誘っておいた。「生西川先生」にも興味を持っていらした。うんうん、実際に会ってみる価値は十分ありますぞ。そして赤坂さんからの話で、「水落さんってどんな方ですか?」という質問も受けたので、「全てのことを『笑い』で返せるすごい人。」と返答しておきました。「生水落さん」も会う価値十分です。

来年のフォーラムの話題提供者第1候補です。『学び合い』の子どもたちの動きに関して、なかなか鋭い洞察力をお持ちです。というか、全てのことで、子どもたちが見えているんだよね。そういう人は『学び合い』を成功させる力をお持ちです。

あ、KKさん、今日の飲み会の請求、忘れずにしてくださいね。

カタギリカタギリ2008/06/16 19:43コメントテスト
あれ?はてなユーザーでないと、コメント書く時にキーパスみたいなものを入力しないといけないのか。

katokyonkatokyon2008/06/16 20:01片桐さん、再チャレンジです。
飲み代はN塚さんが立て替えています。3800円なり。横浜ですね。
勘と度胸で生きてるワタクシです。鋭い洞察力なんてカッイイもんじゃないっすよ。
夏の新潟~おもしろそうですね~。
どうしようかなあ~。
うーん、ちょっと悩んで見ます。

F-KatagiriF-Katagiri2008/06/17 14:10かときょんさん、コメント投稿成功ですね。
飲み代の件、了解しました。
教師にとって勘が信頼できるほど強い武器はありません。というか、それが全てなのかもしれません。勘を磨くことが教師の研鑽の第一です。
新潟でお待ちしております。おいしいお酒を飲みましょう!今なら早割ですよ!

2008-06-12体育祭優勝

[]体育祭優勝 体育祭優勝 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 体育祭優勝 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 体育祭優勝 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

昨日は体育祭でした。みごと我が黒軍連合は優勝を勝ち取れました。

ほとんどの仕事を子どもたちに任せて、ちょこっと苛立って叱ったこともあったけれど、期待以上の仕事でした。

なにせ、リレーでアンカーが負けて、アンカーが泣きながら席に戻った。体育祭で勝って泣く姿は見たことがあるけれど、負けて泣くなんて、うちの軍ならではだなぁ。しかもそのアンカーを拍手で迎えてアンカーはさらに泣いていた。

遠くから見ていてウルウルしてしまった。青春だねー。こんな経験も初めてでした。3年担任で総合優勝も20年目にして初めてでした。

今日はLHRの時間に2年生と一緒に祝勝会をしました。(1年生は学年集会で不参加でした。)盛り上がった盛り上がった。

2008-06-09体育祭練習期間まっただ中

[]体育祭練習まっただ中 体育祭練習まっただ中 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 体育祭練習まっただ中 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 体育祭練習まっただ中 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

昨年は体育祭でうちのクラスはいろんなトラブルがあったが、今年は3年生で、軍団を引っ張っていく立場である。安心してみていられる。完全優勝を目指している。

応援練習やら、パネル作成やら、競技練習が、各部署で自発的に活発におこなわれている。見ていて頼もしい。

私は体育祭自体は子どもたちにおまかせして、「いかにして体育祭打ち上げを盛り上げるか」ということを考えている。1,2年生の担任に話を付け、体育祭の次の日に3クラス合同でLHRの時間に打ち上げを開催することにした。

その時に、3年生から「これは、おれたちの気持ちだ、飲んでくれ」と渡してもらうために、500mlペットボトルを120本購入してきた。いやぁ、120本のペットボトルというのは、あんなにかさばるものだったのか。買ってしまって悔やんでしまった。これをどうやって冷やすんだろう?気になって眠れない。

その時に体育祭の風景を撮ったビデオを流したら盛り上がるかな?なんて考えていたら、さらに眠れなくなってしまった。

2008-06-04文学読み取りの有時間性

[]文学読み取りの有時間性 文学読み取りの有時間性 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 文学読み取りの有時間性 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 文学読み取りの有時間性 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「下流志向」には、文学や、音楽は「有時間的」に読む(感じる)ものであると書いてある。例えば音楽は、今聴いている「音」だけでは音楽を感じることができない。もうすでに聞いた余韻と、これからくる音の予想で音楽を味わうのである。

文学も全く同じで、今読んだことがすぐ理解できずに、後を読んだことによって、理解できないことが理解できるというものだ。

しかし授業で文学を扱うときには、無時間性のものとして扱ってしまう。子どもたちに文章の最初から順を追って「わからせながら」扱う人が多い。「あともどり」をさせる余地のないまま、教師の読み方(読む手順)を押しつけていく。

しかし、文学の読み方(味わい方)なんてものは、人それぞれで、疑問に持つところ、わからないところも人それぞれだ。後戻りしたい箇所も全く違う。教師が考えさせるところを押しつけることにより、じつは子どもたちは考えることがなく授業が進んでいくという矛盾がある。

今「羅生門」で、「下人はいつどのように〈大人〉になったか。」という課題を与えて、4時間でみんながわかるようにしようね。としている。

残りあと1時間です。