Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2008-01-312種類の『学び合い』の目標

[]2種類の『学び合い』の目標 2種類の『学び合い』の目標 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 2種類の『学び合い』の目標 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 2種類の『学び合い』の目標 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

子どもは誰の評価を意識しているか。学校では大きく分けると教師と仲間である。教師が「みんなが90点以上とりなさい。」と言った場合は、子どもは「90点とらなかったら先生はどう反応するか?」ということを考えるから、このような目標の場合は教師である。

一方、「みんなをあっと言わせるようなものを作りなさい。」とした場合、評価者は子どもに移るから、教師の目は気にしなくなる。

「90点以上……」でも「みんなをあっと言わせる……」でもどちらでも『学び合い』は生じる。

私の場合は後者が主だったが、前者をやってみて、その絶大なる力に最近気づき始めた。後者は周りの仲間が「試す相手」だが、前者は周りの仲間が「協力者」であると同時に「シバリ」であるという相反した関係になっている気がする。だから絶大なる力があるんだろう。

後者は子ども同士が互いに互いの基準で認め合える(または認めさせようと努力する)ので、価値観が広がっていく感じがする。しかし、逆に「他の人がやらなくても気にしない」という考えも生まれる可能性もはらんでいる。

2つをうまく組み合わせて『学び合い』文化を教室に作っていく必要があるなぁと思った。

jun24kawajun24kawa2008/01/31 15:00鋭い!

 rion_fuji rion_fuji2008/01/31 15:39 なんか目標の設定に関して悩んだり,他の人の目標に疑問を持っていた部分に関して1つの視点を得ることができました。ありがとうございます。

D902iD902i2008/01/31 15:43勉強させていただきました!