Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2008-01-09時間割

[]時間時間割 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 時間割 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 時間割 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今読んでいる本で時間割というのは教える側の発想であり、学ぶ側にとって、1日にいくつもの教科が入れ替わり立ち替わりする時間割は不都合である。ということが書かれてあった。

時間割というのを当たり前に受け入れてきた私にとって、学ぶ側に沿ったカリキュラムというのは、どういうものなんだろう?と考えて、分からなくなった。

時間割がない場合、好きなことばかりしてしまって、苦手なものは後回しにしそうな気がする。後回しどころか、やらない気もしてくる。それを避けるために時間割というものがあるのかなぁ?

大学受験勉強をしていたときは、私は苦手なものも勉強しなければならなかったので、あんまりやりたくない勉強を先にして、一番楽しみだった現代文の読解問題を最後のしめとして持ってきた。

ということは、自分自身でも時間割を組んで勉強していたということだ。

時間割というのは学ぶ側にとってそれほど学びを阻害するものでもない気がする。でもどうなのかなぁ?

ikutosuikutosu2008/01/10 18:18自分で時間割を組む場合は、自分の進み具合に応じて柔軟に入れ替えることができますよね。
しかし、学校の時間割は、一度決めたら動かすことができないという点が問題なのではないでしょうか。ちょうど「いい学校の選び方」を読んでいて、同じような箇所がありました。
例えばうちの学校の時間割でも、高三の選択j授業に漢文があります。
学年当初、履修した時には受験で必要だからという理由で履修したはずが、その後の勉強の進み方やAO入試などの結果によって、必要なくなってしまう場合があります。そしてその時間を他に必要な受験科目の勉強にあてたい、という生徒が毎年出てきます。
「そんなのわがままだ」とか「もっと見通しを持って履修すべきだった」とか「一度履修したものは最後までやり通せ」とか言うことは可能ですが、たとえ履修を途中でやめて単位を落としても、卒業するための単位を満たしていて、自分の成績に「1」がつく覚悟があるなら、別にいいのかななどと思ったりもします。

F-KatagiriF-Katagiri2008/01/10 20:35時間割自体が学校のシステムに沿ったものだから、教える側中心の考え方なのかなぁ?とも思ってきましたが、そういうシステムもバランスよく学ぶことにおいて必要なことなのかなぁ?なんて思います。
大学の授業は、途中で履修をやめることは自由ですよね。私は高校でもそういうことがあっていいと思います。ただしうちの学校では1単位でも取れないと留年ですが。