Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2007-11-13漢字指導

[]漢字指導 漢字指導 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 漢字指導 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 漢字指導 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今日も全くの直感に基づいて書いています。

以前このブログ漢字や文字の指導が以前に比べると困難になってきたと書いた。何の字か区別がつかない字になっているというものである。

原因として、書いた文字を他者に読ませる機会が減ったとか、携帯ディスプレイには省略された漢字しか表示されないとか、いろいろ考えられるが、感覚的には文字認識根本がわれわれの世代と違っているような気がする。

それは「意識」の違いなのか、習慣の違いなのか、脳の機能の違いなのか、なんだか分からない。

漢字表意文字である。仮名(かな)は表音文字である。日本人はその二種類を同時に使える数少ない文化を持っているそうだ。

漢字を見る(読む)とき、まず何という意味かが先に来て、次に読みが来る(ようなきがする)。「三」というときは、「3」という抽象的な意味が来て、「さん」なのか、「み」なのか「ざん」なのか浮かび上がってくる。

しかし「さん」と平仮名で書かれたときは、読みの方が先に浮かんでくる。そして「3」なのか、名前に付ける敬称なのか、前後の文脈で判断する。

漢字の指導は、まず「よみ」・「かき」が先に来る。「意味」はあまり問題にされない。漢字テストで「よみ」と「かき」しか問題にされないからだ。そして「かき」の場合は「かたち」が問題になる。

そこで、次のような漢字練習問題を作ってみた。池田修さんの「教師になるということ」に載っていたものである*1。私は「ゲシュタルト崩壊漢字テスト」と名付けてみた。期待する効果は次の通り。

  • 意味をいったん崩壊させ、不安にさせることにより、自ら再認識してもらう。を考えた。
  • 文字の違いを注意深く見ることにより、「かたち」を意識する。

こんなものである。(ちょっと文字が小さいので、見づらい人は、拡大させてやってみてね。)

問:次の漢字群の中で、違う漢字がいくつかある。その漢字に○をつけ、その漢字の読みを全て記しなさい。

答答答答答答答答答答答答

答答答答答答答答答答答答

答答答答答答答答答答答答

答答苔答答答答答答答答答

答答答答答答答答答答答答

答答答答答答答苔答答答答

どうなるかな?ただの遊びだったりして……。

koushinsenjinkoushinsenjin2007/11/13 23:20こんにちは。なんだか、懸賞付漢字パズルの雑誌によく載っている問題だな~と思いました。ということは、その手の雑誌の問題は、大変有効ということでしょうか。

F-KatagiriF-Katagiri2007/11/14 05:48有効かどうかは、今後子どもたちの反応をご報告いたします。ただ、漢字の形に意識を向けてくれればと思いまして……。