Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2007-11-28障子を貼る

[]障子を貼る 障子を貼る - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 障子を貼る - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 障子を貼る - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

この間の3連休のうち一番の大仕事は障子4枚の貼り替えだった。新築で住みついてから3年間、初めて変えた。息子たちがサッカーをしてボールをぶつけ、破れが目立ってきたからだ。

アイロンで貼れるというものを購入した。以前張り替えた時のイメージで、簡単に張り替えられたからだ。

さて、障子戸を外してみて驚いた。障子戸の中に障子が組み込まれている。枠から障子を外さなければならぬ。説明書なんて全くない。ということは簡単に外せるのか?と思ったが、ねじを外せば取り出せるなんてものじゃなかった。

アルミの枠のある一部にあるツメをラジオペンチで曲げて、枠の一辺をようやく外せた。どういう作りをしているんだ。仕上がってはめ込む時はどうすればいいのだ?と思った。

障子の部分を取り出し、ベランダに並べて、水をかけ、べりべり古い障子をはがしていく。こういう作業は今も昔も変わらない。

さて、ちょっと時間をおいて乾かして、アイロンでぱぱぱーっと貼れると思いきや、いくらアイロンをかけても貼れない。くっつかない。一番の外枠はくっつく。しかし中の細い格子の部分は全くくっつかない。

よく見ると何やら素材が違う。木ではない。カーボンぽい、なんやらざらざらしている素材なのだ。一番の外枠も木だと思ったら、アルミ素材に木のようなテープがはっつけられてあった。

簡単に終わると思っていた障子貼りが……と思いながら、ホームセンターに障子貼り両面テープと念のため糊も買ってきた。

両面テープは格子にくっついたので、ほっとした。しかしそれがアイロンで貼るより、糊で貼るより手間がかかる。

障子貼り作業を始めた時は、障子も近代的になって便利になったと思いきや、昔の障子の方が機能的なのかなぁ?なんて思ったりして。アルミ製はカビが生えないだけいいのかなぁ?でも貼り替えを簡単にできるように工夫してほしかったなぁ。

障子戸を組み込む時に、最後の1枚になってもう組み込んでいる障子戸にぶつかってびりーっと破ってしまった時は世界が終わった気持ちがしました。

ことこことこ2007/12/01 09:35お疲れさまでした。
最後の4行、読み返しては笑わせていただきました。^^;

F-KatagiriF-Katagiri2007/12/01 11:34障子は、破れた部分だけ補修して、なんとかそれがわからないようになっております。よかったよかった。

2007-11-22語る叱る怒る

[]語る叱る怒る 語る叱る怒る - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 語る叱る怒る - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 語る叱る怒る - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

私が一斉授業しか知らなかったとき、国語やホームルームで国語や学校生活の意義を語っていた。「語っていた」というのは、ある時には「怒っていた」場合もあるし、「叱っていた」場合もある*1

そして、『学び合い』を実践しようとしている今でもほぼ同じ事をしている。語るし、叱るし、怒る。ただその回数は減った。それはなぜかというと、子どもたちの行動の理由が見えてきたから、怒らなくてもいい場面があることを知った。大声を上げて静かにさせなくてもいい場面を知った。いや、静かにさせない方が学習が活性する場面も知った。教師が口を挟まない方がすばらしい学びをする場面があることを知った。

それは『学び合い』という「方法」を会得したからではなく、子どもたちの活動がそれまでよりも見えるようになったから、口を挟まなくてもいい場面を知ったのだ。そして子どもたちは勝手に『学び合い』をする(場面もある)。

しかし、語らなければならない場面はあるし、怒る場面も当然ある。語りたいときには語るし、怒らなければならないときには怒る。昔に比べて、私が怒ったとき、「しら~」としていることが無くなった。それは「怒られることをしたんだ。」と子どもたちは自覚しているときに怒るからじゃないかな?昔は「何でこんなことを怒っているんだろう?」というときに怒っていたかもしれない。

さて、その「○○すべき時」はどうして知ったのかというと、実のところ直感である。しかし、昔のように何でもかんでも怒らなくなったのは、大学院で研究したときに子どもたちの会話を録音し、聞き直したからである。「ああ、脱線しているときは、こんな話をしているんだ。」「課題に関連してこのように雑談し、このように会話に戻っていくんだ。」と分析したからである。

考えてみれば、高校1年までは、授業中よく雑談をしていた。先生に注意されるのではなく、前に座っているクラスの生徒に注意されたこともあったっけ。その後雑談なんかはしなくなった。だから授業中に雑談をすることは全く忘れてしまって、教師になったら雑談をする子どもの気持ちや、状況や、雑談の意義なんて思いをはせることなんて不可能だったんだと今気づいた。

だから、雑談しても見守っていればほぼ課題に戻る。あまりにもひどいときは近寄っていてその子達をちょっといじる*2。そうすれば課題に戻る。子どもたちは「課題をしなければ」という気持ちを必ず持っている。

また、グループでの活動を数時間全くしなかった子どもたちが、突然するようになった姿も見ている。それまでは私が直接そのグループに行って活動を促しても「しら~」としていたのだが、私が離れてからなぜか活動をしだした。「なんで?」とあとで聞いたらそれは「○○が『やろうよ』と言ったから。」という、いたって単純な回答が返ってきた。それって、『学び合い』だよな。私では動かせなかった子どもたちは、子どもたち同士で活動しだした。私にはそんな力はない。

学び合い』を方法として捉えていると、外見上の教師の行動・活動を真似るしかない。それじゃぁうまくいかない。「『学び合い』は文化である」のだが、その文化の裏には「子どもたちの力を信じる」という信念(?)がある。それがなければ何をやってもうまく行かない。

世の中には子どもたちの力を積極的に信じていない教師が多い。そんな教師が形だけの『学び合い』をやろうが、一斉授業をやろうが、そのクラスや授業は必ずほころびが出る。力で抑えても、その時はおとなしく、問題が無いような姿を子どもたちはするかもしれないが*3、必ず後から表出する。後で受け持った先生のクラスで表出した場合、その先生の責任が問われてしまい、その前の先生は「自分のクラスではいい子でしたよ。」ととぼけたことを言う。あんたのせいだよ!

「『学び合い』をやって子どもが活動しなかったらどうすればよいのですか?」という質問を受ける。どうもこうもない。活動しないのはあなたの授業の持って行き方(具体的には目標設定や活動内容)のせいですよ。それを改善するしかありません。としか言えない*4

そうなると、「活動しない姿を見るのがショックだから『学び合い*5はしたくない。」と言う教師の何と多いことか。

問題が見えている方が対処がしやすいのも事実である。「活動しない」というのも問題が見えていると言うことだ。『学び合い』をやった時、問題が見えていたら、よくするように対処すればいいだけの話である。一斉授業で問題を表出させないまま授業をすすめて、何が「教育」だろうか。

id:jun24kawa先生のこの記事とコメントを読んで一気に書きたくなりました。

*1:私にとっては「怒る」も「叱る」も同じ事。辞書を引くとほぼ同じ意味です。どうして教育用語では区別されているのかな?子どもにとっては同じ事なのに……。

*2:それが「楽しみ」であったりもする。

*3:問題が表に出ないことが自体がすでにもう問題であるが。

*4:実際はもっとやんわりとは言うが

*5:もしくは話し合い活動

OB1989OB19892007/11/24 16:30同感です。

jun24kawajun24kawa2007/11/24 17:13ありがとう同志!

F-KatagiriF-Katagiri2007/11/24 19:09ありがとうございます。勇気づけられます。

2007-11-20つがわ式記憶法

[]つがわ式記憶法 つがわ式記憶法 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - つがわ式記憶法 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 つがわ式記憶法 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

池田修さんの「教師になるということ」で「つがわ式記憶法」が紹介されていた。この手法で漢字がバシバシ覚えられたというのだ。

さっそく本を買ったり借りたりしてやってみた。初めにやった「薔薇」という漢字が、書けるようになった。やったすぐ後ではなく、今でもかける。今まで私は覚えられなかった。

この方法は、今まで漢字学習によくありがちな「何度も書いて覚える」とは全く違うやり方。「書かないで覚える」というものだ。まぁ、書かないと覚えているかどうかは分からないので、「覚えるために何度も書く」ということはしない。

確かに覚えられるような気がする。以前の記事で書いたように、たくさん同じ字を書くとゲシュタルト崩壊を起こして、訳分からなくなるから逆効果なんじゃないかな?と思っていた。しかし、それに対抗する漢字学習法は分からないままでいた。

しかし、この方法は自分自身直感的に受け入れられた。「何回も書いて覚えなさい。」という指導自体、学習者によっては間違った部分を含んでいるということがわかり、一概にそう口に出してはいけないという確信を得た。

さっそく授業でやってみよう。池田修さんの実践では、絶大な効果があったそうだ。

教師になるということ

教師になるということ

世界最速「超」記憶法 (講談社+α新書)

世界最速「超」記憶法 (講談社+α新書)

池田修池田修2007/11/21 18:14試されましたか(^^)。
面白いですよね、これ。ただ、短期記憶と長期記憶のメカニズムについて超記憶術では説明を省いている(と思う)ので、そこは理解して指導しないとダメだと私は思っています。

小書もお読み頂きまして、ありがとうございました。

F-KatagiriF-Katagiri2007/11/22 13:06アドバイスありがとうございます。漢字の小テストでやり方を説明し、その後子どもたちの反応を見ながらやってみようと思います。
「漢字ウォーリーを探せ」は、好評でした。
「教師になるということ」よかったです。再読して、初心に帰りました。

イクトスイクトス2007/11/22 13:32津川式に関しては、私も池田さんに教えていただいて実践しました。
やっていないクラスと平均点でかなり差ができました。
http://ikutosu.sakura.ne.jp/blosxom/blosxom.cgi/edu/tsugawa03.find?seemore=y
高校生でも有効な方法です。

F-KatagiriF-Katagiri2007/11/22 15:11イクトスさん、コメントありがとうございます。
漢字をたくさん書いて覚えられる人と、覚えられない人がいて、覚えられない人にとってはいい方法なんだろうなぁと思います。この方法で私がまだ「薔薇」を書けるのが驚きです。紹介して、「この方法で覚えられる!」と思う子どもが少しでもいればいいかなぁと思います。
あくまでも「方法」なので、万人に有効なわけでは亡いですよね。

ikutosuikutosu2007/11/24 11:41そうですね。方法を紹介して、一緒にやってみて、「なるほど!」と思わせる所まではできますが、それを継続して使い続けるかは本人次第ですね。
そういえば、現代文の残り授業があと4時間になり、「舞姫」の漢字100題テストを最終日にすることにしました。
まだ「学び合い」の何たるかもつかんでおらず、勉強途中ですが、「クラス全員80点以上で合格」という目標を与えました。
今年の我が学年の目標が「実行!ともに最後まで」なので、それになぞらえて、最後にみんなで学び合って目標を達成しようという話をしました。

授業中の様子を見ていると、いつもは寝てしまう生徒に、他の生徒が寄って行って一緒に漢字のプリントを作ったり、最初内職をしていた生徒が、他の生徒の動きにつられたのか、漢字の学習を始めたり、けっこう動けるもんだなあと感心してみていました。

F-KatagiriF-Katagiri2007/11/24 19:12あれ?イクトスさんって、高校国語でしたっけ?中学だと思い込んでいました。

目標を設定したとたん、生徒が(いつも寝ている生徒も含む)それに向かい、活動し出すというのは、きっといい空気(雰囲気)作りを普段からなさっているからなんでしょうねぇ。『学び合い』の文化が根付く土壌があるんでしょう。

ikutosuikutosu2007/11/27 11:20中高一貫校ですので、どちらも教えますが、ここ10年以上ほぼ高校に固定されております。
ただ、一昨年病欠の講師のピンチヒッターで中二の現国を1月から3月まで持ちました。
つがわ式暗記法を行った最初の生徒達はその中二です。
今高1になってますが、「あの時の授業は楽しかった」などと行ってくれるので、光栄ですね。

2007-11-18辞書を買う

[]辞書を買う 辞書を買う - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 辞書を買う - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 辞書を買う - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

長男が「学習パズルを買って」と言ったので、本屋にいって見繕っていた。反対側の書棚に小学1年生から使える国語辞典があった。2,500円もしたけれど、すかさず買い与えてしまった。

小学生用の国語辞典は全ての漢字にルビが振ってある。これで長男も分からない言葉があったらすぐ引ける。家に帰ってさっそく辞典を開いていました。

[]タイヤ替える タイヤ替える - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - タイヤ替える - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 タイヤ替える - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

日曜深夜から雪が降るというので、さっそく替えました。家の掃除の延長で、気が乗っている時じゃないと替えないと思ったので、勢いで替えました。きっとほとんど積もらないんだろうなぁとも思ったけれど、積もってからあわてるよりはいいかなぁ?と、昨年の失敗から学習しました。

今年の春はあまりにも温かくなって3月になる前にノーマルに交換したのだけれど、それも失敗でした。「高校教員は高校入試まではタイヤを替えてはいけない。」という教訓があるそうです。心に刻みました。

2007-11-17エンジン01文化戦略会議in新潟

[]エンジン01文化戦略会議in新潟 [http://www.enjin01.org/index2.html:title=エンジン01文化戦略会議in新潟] - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - [http://www.enjin01.org/index2.html:title=エンジン01文化戦略会議in新潟] - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 [http://www.enjin01.org/index2.html:title=エンジン01文化戦略会議in新潟] - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「なまら」の江川さんが出演する「なぜ今お笑いブームなのか」に出席した。どれも1講座500円。リーズナブルだった。朱鷺メッセで開催されている。

とっても天気がよくて、気持ちいい日だった。信濃川べりで開催されて、心地よかった。もっとたくさんの講座に出席したかったが、どれも売り切れで、チケットを購入できなかった。

出席者はホリプロの社長や、「ハケンの品格」を書いた脚本家などがいたけれど、「お笑い」に関して、みんな常識的すぎて、お笑いを語るにはイマイチ。「小島よしおはすぐいなくなる。」なんて、本人だって知っているよ。

それらのテレビ人間達がただ1つ認めたがらないのは「テレビは終わっている」ということ。それを認めないから「テレビでどうするか」という不毛な議論に終始していた。


江川さんだけが見方が違い、「テレビ」や「東京」なんかとは全く違い世界で生きている。見ている先が「障がい者」や、「北朝鮮」だったりする。うーん、すごい。再来年のフォーラムの講師に江川がいいんじゃないかな?

2007-11-14連敗の日々

[]連敗の日々 連敗の日々 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 連敗の日々 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 連敗の日々 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

連戦連敗である。

なぜこうなるか?

目標設定がよろしくないからに決まっている。

教師は自分がやれることを生徒に求めたがる。

そういうときに決まって

その目標設定は失敗に終わる。

自分がやれない、分からないことを

設定した時は

案外うまく行ったりする。

優れた指導者は、自分ができないことを

他人に実現させられる力を持つ人だと思う。

[]作文交流クラス募集 作文交流クラス募集 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 作文交流クラス募集 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 作文交流クラス募集 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

小学校の先生の皆さん、高校生と小学生を作文交流させませんか?

高校生に以下の内容からどちらかを選んで作文を書かせる予定です。

  • 「朝」・「昼」・「夕方」・「夜」の違いを小学○年生に分かるように説明する。
  • あるものごとを表す言葉が、言語の違いによって対応が違ってくる(水・湯・氷について、日本語では「水」と「湯」は区別されているが、英語では「水・湯」は合わせて「water」で「氷」は「ice」というように)こととその理由を説明する。

最初の課題は、私の小学1年の息子がいつも、「ねぇ、今、朝?ねぇ、今、昼?」と聞いてきて、どうして分からないんだろう?という疑問から発生した課題です。

子どもたちに読んでもらって「わかった」「わからなかった」という2択の評価をしていただければと思います。

いかがでしょう?今のところid:Mizuochiさんにお願いしました。あと4〜5クラス分です。

また、「学び合う国語」掲載の実践のように、「小学生から高校生への質問」を書いていただけるところも募集しております。

niagara@cocoa.ocn.ne.jpにご連絡ください。詳細をご連絡いたします。

rion_fujirion_fuji2007/11/14 15:09よくわかります。本日理科の授業でどう子どもに理解してもらおうか悩んでいたのですが,他の人に理解させるにはどう説明するかという課題にしてそのまま提示したところ,こちらが驚くような分かりやすい説明にしてくれました。う~ん,やはり教師は狭い枠で考えがちなのかも・・。

F-KatagiriF-Katagiri2007/11/14 16:37なるほど。悩んでいることを課題にすればいいのですよね。
先が見えてきました。

koushinsenjinkoushinsenjin2007/11/14 18:41本当に、自分の説明の下手さ加減が身にしみます。
ところで、作文交流に応募したいのですが、よろしいでしょうか。小学校2年生担任です。

F-KatagiriF-Katagiri2007/11/15 03:32koushinseijinさん、ありがとうございます。niagara@cocoa.ocn.ne.jpまでメールください。住所や時期など詳細を詰めましょう。

HirarinHirarin2007/11/15 06:30小高の作文交流いいですね。年が離れているので、いつもと違った相手意識がもてるところとがおもしろいです。
今回の実践も楽しみにしています。

sumi-chansumi-chan2007/11/16 21:47出遅れました〜。
メールをお送りしますので、まだ募集中でしたらよろしくお願いします。

sumi-chansumi-chan2007/11/16 23:01すみません。メーラーが調子悪いデス。(受信はできるのですが…)
明日またトライしてみます。

F-KatagiriF-Katagiri2007/11/17 07:22sumi-chanさん、応募ありがとうございます。助かります。確か小学2年生ですよね。メール待っています。

2007-11-13漢字指導

[]漢字指導 漢字指導 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 漢字指導 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 漢字指導 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今日も全くの直感に基づいて書いています。

以前このブログで漢字や文字の指導が以前に比べると困難になってきたと書いた。何の字か区別がつかない字になっているというものである。

原因として、書いた文字を他者に読ませる機会が減ったとか、携帯のディスプレイには省略された漢字しか表示されないとか、いろいろ考えられるが、感覚的には文字認識の根本がわれわれの世代と違っているような気がする。

それは「意識」の違いなのか、習慣の違いなのか、脳の機能の違いなのか、なんだか分からない。

漢字は表意文字である。仮名(かな)は表音文字である。日本人はその二種類を同時に使える数少ない文化を持っているそうだ。

漢字を見る(読む)とき、まず何という意味かが先に来て、次に読みが来る(ようなきがする)。「三」というときは、「3」という抽象的な意味が来て、「さん」なのか、「み」なのか「ざん」なのか浮かび上がってくる。

しかし「さん」と平仮名で書かれたときは、読みの方が先に浮かんでくる。そして「3」なのか、名前に付ける敬称なのか、前後の文脈で判断する。

漢字の指導は、まず「よみ」・「かき」が先に来る。「意味」はあまり問題にされない。漢字テストで「よみ」と「かき」しか問題にされないからだ。そして「かき」の場合は「かたち」が問題になる。

そこで、次のような漢字練習問題を作ってみた。池田修さんの「教師になるということ」に載っていたものである*1。私は「ゲシュタルト崩壊漢字テスト」と名付けてみた。期待する効果は次の通り。

  • 意味をいったん崩壊させ、不安にさせることにより、自ら再認識してもらう。を考えた。
  • 文字の違いを注意深く見ることにより、「かたち」を意識する。

こんなものである。(ちょっと文字が小さいので、見づらい人は、拡大させてやってみてね。)

問:次の漢字群の中で、違う漢字がいくつかある。その漢字に○をつけ、その漢字の読みを全て記しなさい。

答答答答答答答答答答答答

答答答答答答答答答答答答

答答答答答答答答答答答答

答答苔答答答答答答答答答

答答答答答答答答答答答答

答答答答答答答苔答答答答

どうなるかな?ただの遊びだったりして……。

*1:漢字ウォーリーを探せ

koushinsenjinkoushinsenjin2007/11/13 23:20こんにちは。なんだか、懸賞付漢字パズルの雑誌によく載っている問題だな~と思いました。ということは、その手の雑誌の問題は、大変有効ということでしょうか。

F-KatagiriF-Katagiri2007/11/14 05:48有効かどうかは、今後子どもたちの反応をご報告いたします。ただ、漢字の形に意識を向けてくれればと思いまして……。

2007-11-09「文化」とは

[]「文化」とは 「文化」とは - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「文化」とは - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 「文化」とは - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

授業開始の10分読書をしている。

私はチャイムが鳴る前に教室に入り、

子どもたちはチャイムが鳴ると読書を始める。

少々私が教室に遅れて入っても

子どもたちはチャイムがなると読書をしている。

タイマーで10分計り、

タイマーが鳴ると始業の挨拶をする。

一昨年は全員が読書に入るのに3分以上かかったところもあったが、

今年はほぼ30秒以内には読書に入っている。

そうするように私が厳しく言ったわけではない。

ただ教室に入ってタイマーをセットするだけだ。

私は黙々と出席簿に必要事項を記入し、

返却するプリントを教卓の上に載せて準備するだけだ。

これが「文化」というものだろう。

現代文の時間ではチャイムが鳴ったら読書をするという

文化ができあがっている。

文化を作ったのは私ではない。

子どもたちだ。

そういう雰囲気に教室がなっている。

だから『学び合い』である。

かといって、全ての教科でも

静かに授業に取り組んでいるということでもない。

私の力というよりも

実は本の力であり、

学び合い』の力である。

私はただ機会を提供しているだけ。

そしてそれを続けているだけ。

子どもたちにとって有益なことが続くと、

それは「文化」になる。

jun24kawajun24kawa2007/11/09 22:13今日のメモは、誌のようだ。リズムがある。いいな~

2007-11-07急なお休み

[]急なお休み 急なお休み - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 急なお休み - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 急なお休み - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

次男が熱を出したので、授業数の少ない私の方が看護休暇を取った。看病していると、本当に何もすることができない。何もしない休みというのもめずらしい。次男は熱があるものの、具合は悪そうでもない。

次男が昼寝をしているときに本を読み上げた。今日したことは読書ぐらいかな?

今年度初めて1日中クラスを空けた。去年よりもクラスを空ける不安がない。いろいろ任せられるクラスになってきた。

しかし授業は……。

MizuochiMizuochi2007/11/07 22:25息子さん、お大事に。
ところで・・・
「何もしない休み」とありますが、
セミナーの発表要項はもうできたの?
私は札幌の再放送で昨日、送りました。。。

HirarinHirarin2007/11/08 04:27↑私もセミナーの発表期待しています。
次男くん、お大事に。

F-KatagiriF-Katagiri2007/11/08 06:09何と加熱はひいたようです。今日は保育園行けるかな?私も仕事に行けるかな?

2007-11-06第4回フォーラムの打ち合わせ

[]第4回フォーラムの打ち合わせ 第4回フォーラムの打ち合わせ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第4回フォーラムの打ち合わせ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 第4回フォーラムの打ち合わせ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

昨日、MさんとKさんと新潟市で飲んだ。フォーラムの打ち合わせである。平日に飲むというのは、なかなかの楽しみがある。その日の仕事に少しは張り合いが出てくる。

そこで、講演者の話になって、U先生を推したら「そうしよう。」ということになってしまった。酔った勢いというのは恐いものだ。

はて、どうやってアポを取らなければならないんだろう?と1日いろいろ調べていて、結局ブログに掲載してあったが、本来閉じられた連絡用のアドレスにえい、やぁ!と「講演依頼はこのアドレスでよいのでしょうか?」とメールをしてみた。

そうしたら、即座に返信が来た。お忙しい方というのは、メールの返事が早い。すばらしい。

Mさんへ>U先生のお返事待ちです。

MizuochiMizuochi2007/11/06 17:22了解!「期待してるよ。」

nokogirisounokogirisou2007/11/14 22:07私も期待しています。
来年はますますやる気まんまんに。

2007-11-04文字の修得について

[]文字の修得について 文字の修得について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 文字の修得について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 文字の修得について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

目の前の高校生たちを見ていて、あまりに文字が乱れているのがとても気になる。ひらがながゆがんでいる、なぜゆがんでいるのかというと、筆順が違っている。筆順の基本は小学生の時に学ぶのだろうが、目茶苦茶だ。

目茶苦茶だから「れ」と「ネ」の区別がつかないような字を書く。「か」と「や」の区別がつかない字を書く。「お」と「よ」の区別がつかない字を書く。

漢字も同じ。辞書を見ても、教科書を見ても、一本足りない字を写してしまう。「達」なんて、下の横棒は二本しかない。まぁ、パソコン画面上(携帯電話画面上)では二本しか出ていないからなのかもしれない。

これまでは、漢字学習時間の短さ、単なる「うっかり」「注意力不足」と思っていたのだが、なんだかそうでないような気がする。「鏡文字」を書く人と同じような現象がかなり多くの子どもたちに起こっているのではないか?と思ってきた。

人間は文字を単なる画像として認識はしていないと思うが、その文字認識力が非常に低下しているのではないか?とも思える。じゃあ、この力をどのようにつけていくのかというと、全くわからない。

「何回も書く」という方法は、6割の子どもにしか通用しない。結局間違い字だよと「気づかせる」しかないのかな?しかし気づかせてもその気づきが長続きしない。

これは高校生だけではなく、うちの長男にもあてはまる。かなり字を乱雑に書く。自分の名前を適当に書く。今朝宿題の名前の欄に乱れた自分の字を書いていたから「書き直しなさい!」なんて言って怒ってしまった。しかしこんなことを言ったって、次から丁寧に書くとは限らないんだよなぁ。

「これは『ういろう』しか読めないから、明日から『ういろう』という名前になりなさい!名古屋名物『ういろう』だ。」なんて言ったら「やだ」と言って書き直した。

字は上手になって欲しいが、上手とはいかなくても丁寧に書くようになって欲しい。

2007-11-03授業研究会10月定例会

[]10月定例会 10月定例会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 10月定例会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 10月定例会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

10月定例会は鳥屋野地区公民館でおこなった。公民館を借りての開催は初めてだったが、最近は公民館の予約はネットでできるし、使用料は無料だし、駐車場は広いし、とっても便利だということがわかった。

さて、今回は私が担当で、単元(作品・文章)において、どんな目標を設定すれば子どもの学びは深まるのか?というテーマでおこなった。

定番の「山月記」、「羅生門」と、加藤典洋の「オフ・サイドの感覚」の3つについて語り合った。

気づいたのは、教師というのは枝葉末節にこだわって、目標や課題を設定したがるが、子どもはそんなことはお構いなしだということ。そしてよく考えると、枝葉末節はその作品を読む上で、ほとんど関係ないということ。

教師は文章を読む上で、いろんな細かいことに気づくのだが、それは大筋がすでにわかっているからだ。大筋をまだわからないのに、細かいことに対する目標設定をすると子どもたちは混乱する。

適切な目標設定をすれば、子どもたちは勝手に細かいことにこだわるはずだ。

上記3作品に関して話し合ったことは、別のサイトでアップすることにする。

2007-11-01学力低下

[]学力低下 学力低下 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学力低下 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 学力低下 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

教育とはなんぞやということを考えたことがない人が教員やっているんだもん。学力低下して当たり前だなぁ。

プロフェッショナル仕事の流儀」で、京都市立堀川高校の荒瀬校長先生が登場した。その実践は、特別なことは全くやっていなかった。「子ども本来の探求心を呼び起こした。」というものだった。そして校長は「ただぼんやり見ているだけ。」と言っていた。

公立高校への期待が京都ほどに下落しないと、新潟県高校教育課も思い切ったことができないのかな?

  2007/11/07 21:36自分がすごいとでもおもってるのか?