Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2007-03-02『学び合い』の有時間性

[][]『学び合い』の有時間性 『学び合い』の有時間性 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』の有時間性 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 『学び合い』の有時間性 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

教室内で『学び合い』が起こると、それぞれの子どもたちが何を学んでいるのかわからない。当たり前である。「学ぶ」ということは、学んでいる人によって全く内容が違う。同じ活動をしたとしても、学ぶ内容は人それぞれである。

その「人それぞれ」の学びが有機的におこなわれるのだから(子どもの人数)^2 分の学びがおこなわれることは想像できる。1人の教師がとうてい把握できるものではない。

教師は目標に対する到達度でしか測るしかない。ということは、『学び合い』の効果必然的に『学び合い』開始から時間がかかることになる。脊髄反射的に効果を求めるのは不可能である。

このことから、グループ活動をしてみたいが*1、踏み出せないでいる教師の不安「話し合わなかったらどうするんですか?」というものは、無時間的な考え方から出ているということがわかる。「話し合わなかったらどうするんですか?」というのは、何かをしかけたらすぐにその効果が現れなければその仕掛けは失敗だという考えだ。そういう考えでいる場合は、教育上何をやってもうまく行かないということになる。

*1:『学び合い』をしてみたいということではないが……

ことこことこ2007/03/04 00:16難しいことはよく分かりませんが、、、、。答えがすぐ出ることだけが、教育じゃないってことも、この文章から読み取れるような気もしますが、、、。違いますか?

F-KatagiriF-Katagiri2007/03/04 07:11そうですね。人が成長するには、「こうすればこうなる」という単純な公式は無いということだと思います。