Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第13回(2017年)は関西地区でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2017-02-15同時代ゲーム

[]同時代ゲーム 同時代ゲーム - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 同時代ゲーム - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 同時代ゲーム - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

2016年11月初めに読み始めて,ようやく読了した。その前に読んでいた「千年の孤独」と同じ程度に難解な小説だった。ちょっとこの手の小説はもう勘弁願いたくなった。筒井康隆さんが「タイトルがいい小説」枠で連続で紹介していたものだったから,内容的にも同じように難解だったのかもしれない。

これほど自分の文章読解力の不足を思わせたものなかった。この半年以上これらの2冊の本を読んでいたのだが,読書が苦痛にさえ感じた。俺って頭わりーんだなと思ってしまった。

読んでいて,書いてある内容は分かるのだが,繋がらない。読んでいるうちに気づくと別のことを考えている。かといって,次の日に読み始めたとき,前に何が書いてあったのか思い出せないのかというとそういうことでもない。読み終えて,ストーリー的なカタルシスを得られたのかというと,そういうものでもない。

きっと,国家とか,宗教とか,そういうもののメタファーだとは思うんだけれど,何がどう結びついているのかわからなかった。とにかく「千年の孤独」と「同時代ゲーム」は似ているところはたくさんあったということだけが残っている。

次に読み出したのは次男から借りたラノベなので,どんどん頭に入ってくる。このギャップはすさまじい。

同時代ゲーム (新潮文庫)
同時代ゲーム (新潮文庫)大江 健三郎

新潮社 1984-08
売り上げランキング : 139758


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

bunbun-hbunbun-h2017/02/17 19:30大江さんの文体は、かめばかむほどに味のでるスルメみたいなものでして、そこにこそその価値が・・・
・・・あ、いえ、私は『同時代ゲーム』は若いときに1回読んだきりですが、それに続いて発表された『「雨の木」(レイン・ツリー)を聴く女たち』『新しい人よ眼ざめよ』『いかに木を殺すか』『河馬に噛まれる』『懐かしい年への手紙』までの一連の本は所有して、このウン十年間ときおり愛読しております。実に長持ちするスルメです!w

2017-02-07岐阜出張

[][]岐阜出張 岐阜出張 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 岐阜出張 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 岐阜出張 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント


f:id:F-Katagiri:20170209091753j:image:w260:left

岐阜大学教職大学院シンポジウムに参加するために岐阜に出かけた。岐阜に泊まるといいうのは人生初めてのことだ。新幹線で通ったことはあったけれど,新潟から行くには,どういうルートで行くのか,想像もつかなかった。

東京経由,長野経由,富山から,金沢からというルートがある。感覚的には全てが遠回りの感がある。高い山があるからしかたがないか。




f:id:F-Katagiri:20170209084731j:image:w260:left

しかも,岐阜のイメージは長良川の鵜飼いくらいしかない知識の持ち主だったが,岐阜駅に着くと,金色の織田信長が出迎えた。岐阜駅前はとても広々として,気持ちがいい。しかも岐阜は天気がいい。それまで鬱々とした天気の中移動してきたから,太平洋側なんだとうらやましくなった。

初日の宴会は,店選びに失敗してしまった。「個室」というので,落ち着けるかな?と思ったが,よくある,安普請の仕切りだけの個室で,金がかかったいないし,料理も金がかかっていなかった。うーん,おいしいものが食べたかった。

ホテルは温泉がついていて,気持ちいいものだった。1人で12畳の和室に広々と泊まったが,シーズンオフということで,とても安く泊まれた。これであの値段だったら言うこと無い。眺めもいいし。




f:id:F-Katagiri:20170209084732j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20170209084730j:image:w260:left

岐阜は信長が命名して450年ということで,大々的にPRをしていた。そうか,そういう歴史があると言うことは,戦国時代,城を中心に戦乱の地だったのだろうなぁという思いを馳せた。日本3大大仏ということで,竹の骨組みの金箔の大仏を見にいった。いやぁ,すばらしい。すぐ近くまでいけるので,圧倒的に大きく感じる。火がつけばすぐに燃えてしまうかもしれないこの大仏が残っているということは,大切に守ったんだろうなと思う。




f:id:F-Katagiri:20170209084733j:image:w260:left

帰りには岐阜駅内で岐阜らしい食べ物をようやく食べられた。味噌おでんだ。太い大根がまるまる煮てあって,味噌が芯まで染みている。おいしかったなぁ。愛知,岐阜は文化圏が同じなのかな?と,今更ながら学んだ。

2017-02-03仲町飲み屋巡り

[]仲町飲み屋巡り 仲町飲み屋巡り - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 仲町飲み屋巡り - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 仲町飲み屋巡り - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

月に2回くらい,一人で高田駅近くの繁華街,仲町の飲み屋に夕食を摂りに行く。

当たり前だが,あたりの店と外れの店がある。私は基本的に1人で行く時は,静かな店がいい。もちろんおいしくて安ければいいのだが,そのおいしくて安くて,静かという要素が全部そろうのは至難の業だから,どれかが犠牲になる。

これは,巡り合わせなのだが,「もう行かないな」という店は

  • 煙草をすぱすぱ吸う声のでかい常連客が近くに座っていた店

だ。きっと次に行ったときもその客がいる可能性が高い。もしかしたらいないかもしれないけれど,そんな危険を冒してまでチャレンジする勇気とお金が無い。常連客だから,店員と大きな声で話し,テレビの音さえ聞こえない。店員は初めて来た客(私)はそっちのけで話し込む。別に話しかけてほしいということじゃ無いし,店員にとっては次も来てくれる常連の客の方が大切なのはよくわかる。

こうやって,ある店に行く客層って決まってくるんだなと思う。

でも,1人で行くときは,毎回違う店に行こうと思っているから,私はきっと常連にはなれないんだろうなと,今気づいた。

2017-01-31イチローと夢十夜

[]イチローと夢十夜 イチローと夢十夜 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - イチローと夢十夜 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 イチローと夢十夜 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

先日の「久米宏のラジオなんですけど」で,イチロー誕生秘話(?)を久米さんが話していた。

オリックスにドラフト3位か4位で入団した鈴木一朗はずーっと2軍でくすぶっていた。

そこに仰木彬監督が就任し,2軍にいた鈴木一朗を見つけ,1軍に引っ張り,選手登録名を「イチロー」にしたら,そのシーズンの最多安打記録を達成した。

この話を聞いて,夢十夜の第六夜「運慶が仁王を刻んだ話」とリンクした。

運慶が仁王を鑿と槌で作っているときに,見物人のある人が,「あんなに無雑作に彫って,よく思うように眉(まみえ)や鼻ができるな。」と感心すると,

あのとおり眉(まみえ)や鼻が木の中に埋まっているのを,鑿と槌の力で掘り出すまでだ。まるで土の中から石を掘り出すようなものだから決して間違うはずはない。

と答える。

木の中から「イチロー」を掘り出した運慶が今日まで生きている理由もほぼわかった。

2017-01-23教師は何に優れているべきか?

[]教師は何に優れているべきか? 教師は何に優れているべきか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教師は何に優れているべきか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 教師は何に優れているべきか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

昨日前任高校音楽科の卒業演奏会を聞きにいった。私が1〜2年生の時,古典を受け持っていたクラスだ。約1年ぶりに会った生徒も多くいたが,私に気づくと驚いてくれる。「先生聞きに来てくれたの?」

時間の都合で午前中の半分の生徒の演奏しか聞かなかったのだが,この子たちはすごいなと思う。絶対に私では奏でることのできない音を演奏している。当たり前だが音楽に関して私の能力,技術を完全に上回っている。私は同じように弾くこともできないし,歌うこともできない。

彼女たちが1,2年生の時,私は古典教師として古典の授業を受け持っていたが,その時,私は彼女たちのどの点で上回っていたと言えるのか?古典の知識?教師の力?少なくともそれらは上回っていなければならないはずだが,彼女たちの圧倒的音楽の技術や能力の私に対する差に比べたら,それ以上に私は上回っていたのだろうか?

圧倒的に上回っていたと言える1つのことは,「先生」と思わせる力(能力?立場?)だったろう。確実に言えるのはそれだけだ。彼女たちから学んだことはいろいろあるが,彼女たちを「先生」と思ったことは一度もない。

「「先生」と思わせる力」は技術でもあったかもしれないし,能力だったかもしれない。しかし,「立場」であるのがほとんどだ。彼女たちが通っている学校に赴任していたという1点に尽きる。

「先生,聞きに来てくれたの?」と笑顔を見せてくれた生徒は,2年間私が教師の立場だったということだけで,話しかけてくれたのだと思う。それは大きい。きっと10年後でも,私のことを覚えてくれていたとしたら,笑顔を見せてくれるだろう。不思議であるし,恐いことだ。たった2年間であっても,「教師−生徒」という立場はいつまでたっても継続する可能性がある。

じゃあ,教師は何に優れているべきか?というと,「いつまでたっても「先生」であると思わせる」ことなのかな?とぼんやり感じた。

2017-01-20ドント・ブリーズ

[]ドント・ブリーズ 2016 ドント・ブリーズ 2016 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - ドント・ブリーズ 2016 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 ドント・ブリーズ 2016 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

盲目の退役軍人の家に泥棒に入ったら,その軍人は素手で人を殺せる殺人者だった。

盲目だから,目の前にいても音さえ立てなければ,気づかれないのだが,音に敏感なので息さえもできないというのが「ドント・ブリーズ」という題だ。殺されてしまうという恐ろしさの中で,息の音も立てないというのは至難の業で,観ているこっちも息を殺してしまう。

久しぶりにホラー映画を観て,いろんな仕掛けでビクッとなっていた。ホラー映画は一人で行ってもあんまり面白くないな〜。

地下室に追い込んで,ライトを消してしまうと,見える,見えないが逆転してしまい,どんどん泥棒が追い込まれていくという恐怖。昨年行った「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」を思い出した。アテンドの方がひょいひょいと真っ暗闇の中でわれわれを案内してくれた。

この手の映画で,ありがちなのが,こんなダメージを負ってもまだ動けるということ。退役軍人は別として,特段鍛えている人物じゃないよね?私だったらあんな高さから落ちたら2〜3日は動けないかも。映画だし,続編も作りたいのかな?「ダイ・ハード」のブルース・ウィリスのよう(下の写真)

f:id:F-Katagiri:20170128172140j:image

2017-01-19朝から涙

[]朝から涙 朝から涙 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 朝から涙 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 朝から涙 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

NHKBSで,朝,「ごちそうさん」の再放送をしている。和枝(キムラ緑子)の登場場面が好きだ。希子(高畑充希)の祝言を開くということで,姉の和枝に西門家に来てもらい,実は今まで和枝のために祝言を挙げられなかった主人公め以子(杏)の祝言も挙げようと希子が画策して,それが和枝に知られたという場面だ。

希子はじめ,みんなが土下座をし,和枝が完全に悪者になってしまった場面,さて,和枝がどう切り返しているのかというのが見所である。

「そんなみんながお願いするんなら。」なんていうように簡単に折れてしまうのなら,このドラマは全く面白くないチープなものになってしまう。和枝の意地悪具合を保ちつつ,祝言を挙げることを許すという場面にならなければならない。和枝のプライドを保ちつつ,希子の希望を認めるという台詞はなんだろう?と観ていた。

ワテはもうよその人間ですし,口を出す立場でもおまへんさかい,好きにやっておくれやす

と言う。憎まれ口だけれど,認めたということが分かる台詞だった。この後希子は和枝に抱きつく。ここで涙があふれてしまう。

抱きつくことで,希子には和枝の優しさが伝わったということが表現されている。うまいなーと思った。

f:id:F-Katagiri:20170119122038j:image

2017-01-17本能寺ホテル

[]本能寺ホテル 2017 本能寺ホテル 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 本能寺ホテル 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 本能寺ホテル 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

綾瀬はるかは映像作品で活きるなぁと思った。素の綾瀬はるかがテレビでレポーターやら司会やらするけれど,あんまり魅力を感じないが,ドラマ,映画などでは格段に魅力的になる。映画監督やプロデューサーの力なんだろうけれど。

現代の京都にある本能寺ホテルというホテルが,本能寺の変の前日とエレベーターで繋がっていて,綾瀬はるかが行ったり来たりするという話。

主人公綾瀬はるか演ずるまいこが堤真一扮する織田信長に出会い,変化していく。「やりたいこと」,「やらねばならぬこと」のためには手段は選ばず,突き進むべきというテーマ。まいこの「やりたいこと」の描写はちょっと薄かったけれど,織田信長のそれにはぐっときた。そうだったらいいなと思った。

歴史タイムスリップものの中では,最も納得いく落としどころだった。ドタバタだったが,うまく落ちを付けたいい映画だった。

今年1本目でいい映画を観た。

f:id:F-Katagiri:20170118142057j:image

2017-01-15雪国で生きる

[]雪国で生きる 雪国で生きる - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 雪国で生きる - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 雪国で生きる - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

上越市はここ数年にないどか雪のようだ。私も長岡に住んでいた以来のどか雪の経験だと思う。あ,新潟市に住んでいたときも,一度に20cm位積もって,交通が麻痺したときがあったっけ。

f:id:F-Katagiri:20170115154516j:image:w260:left

雪が降ると絶対に一人の能力では乗り超えられないことが起こる。自動車なんかを持っていると必ずなる。そこでは必ず互いに助け合うということがおこる。助けてあげることで,自分もいつか助けてほしいという気持ちがあるからなのか,当たり前のように助け合う。

これぞ雪国で生きていく術だ。これをやれない人は雪国で生きていけない。いや,雪国にいる人は,それが身についているんだと思う。

他人のためにちょっと多く雪をのけてやったり,スタックした自動車をみんなで押してやったり,雪が積もって動けなくなっている自動車をみんなで掘り出したり。普通の掃除ではこうはいかないのが不思議だ。

雪は多く降ると,憂鬱なことも多いけれど,それでもこういう互いに助け合うという雰囲気が街にあるから,雪国はいいんだよな〜。若いときに六日町にずっと住んでいたからそう思えるようになったのかな?

2017-01-07第15回臨床教科教育学セミナー

[]第15回臨床教科教育学セミナー 第15回臨床教科教育学セミナー - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第15回臨床教科教育学セミナー - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 第15回臨床教科教育学セミナー - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20170109100309j:image:w260:left

信州大学教育学部で開催した。事務局として毎回参加しているけれど,転職して,研究職になったので,そりゃあ発表しなければならない。ということで,去年からプレゼンの準備,いやいや,プレゼンの準備ではなく,データを取るための調査は去年11月からおこなっていた。

発表はプレッシャーだけれど,発表するとしないとでは参加する楽しさ(達成感と敗北感)は段違いだ。発表しなけりゃ学会は楽しめないなぁ。この学会には,必ず発表をしようと心に誓うのだった。ちょっと前まで毎回発表していた大先生の意図がようやく分かった。

発表は2008年以来だった。しかも信州大学でおこなったものだった。まさに約8年ぶりで,それまで上越教育大学でおこなっていて,信州大学でおこなったセミナーは初の上教大以外でのセミナーだった。いろいろと縁がある信州大学だった。

2004年に上教大を修了して,セミナーに参加すると,当時の戸北西川研の「軍団」メンバーがもちろん参加していて,一大勢力で発表やら上教大会場の時は運営をしていた。私は軍団OBだったんだけれど,軍団の中にはいなくって,ちょっと寂しい感じがいつもしていた。発表もあんまりしなかったから,そう感じるのは当然なんだけれど。

ところが今年からNKM48軍団のメンバーに入れてもらい,院生のみなさんと一緒に行動し,発表でき,傷を舐め合うという,修士の時の思い出が蘇ってきた。ありがたいことです。