Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2019-08-20らくち〜の

[]らくち〜の らくち〜の - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - らくち〜の - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 らくち〜の - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190823120527j:image

今年の新規開拓サウナ10件目。今年の目標達成。

休みを取って、長男を泊駅まで送っていったついでに、泊駅近くの日帰り温浴施設に行く。長男は2時間も風呂にいられないと言って自分のアパートに帰る。

ゴミ焼却熱を利用した温浴施設で、サウナも広く、風呂の種類も多く、しかも露天風呂が充実しているという最高の施設なのだが、行った日は大雨洪水警報が発令しているときで、豪雨。外気浴を満喫できなかったのはとても残念だった。

内風呂はジャクジー、広い風呂、入浴剤(その日はマンゴーの湯)が入った風呂などがあり、とても広い。そしてサウナは大人24人が平気では入れるくらいの広さで、3段もあった。3段あるサウナはなかなかない。スーパー銭湯じゃなくてあるのは珍しい。テレビが付いていた。それは残念だが、この規模の温浴施設だと、テレビは必須なんだろう。

90℃ぐらいだが、とても熱く感じた。3段目に座ると、皮膚にじりじり来る熱さがあった。

水ぶろは3人くらいが入れる広さで、結構深い。水も冷たい。天然水だという。掛け流しになっていて、清潔である。2分も入っていると手足の先がじんじんとくる。

露天風呂は、休憩部分も広く、ベンチやリクライニングシートがたくさん置いてある。しかし、なにせ豪雨の中なので、ひさしの下にあるベンチやリクライニングシートで休憩するしかない。雨が体の半身や足先に当たり、ちょっと気になり、残念ながらいいととのいは感じられなかった。

ととのうための条件は本当に厳しく、おっさんのお喋りや、体に水が流れたり水があたったりの触覚的刺激もさまたげになる。風はとてもととのいにプラスになるのだが。

晴れていれば立山連峰も見られてとても眺めがいいんだろうと思われるが、今日はそれもかなわず。しかし、裸で雨に当たるという経験も人生のうちにそれほどないから、貴重な経験と言えばそうなのだけれど。

今日のととのい度→3 ☆☆☆★★

2019-08-15トイ・ストーリー4

[]トイ・ストーリー4 トイ・ストーリー4 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - トイ・ストーリー4 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 トイ・ストーリー4 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190816092453j:image

3が2010年公開ということで、9年ぶりに観たということだ。3は息子と見にいった記憶があるのだが、長男だったか次男だったか忘れてしまった。14歳の次男と行ったのか?と思ったが、9年前は5歳だから、きっと長男と行ったのだろう。しかし、次男は見にいった記憶があるという。どっちだったか……。それとも観に行ったという私の記憶は思い違いだっただろうか?家でビデオで観たのだろうか?*1

子別れがテーマだった。そして女性主導によるストーリー展開は、最近の映画界の流れだろう。ウッディーやギャビー・ギャビーの成長が上手く描かれていたし、腹話術人形がめちゃくちゃ恐かった。完全にホラー映画だった。「チャイルド・プレイ」かと思った。

とはいっても、絵に描いたような悪者はどこにもいず、みんなちょっと間抜けで、いい感じ。宣伝通りまさかの結末だが、この展開で5も期待できると思った。また9年後だろうか?

行きつけの床屋の店主が言っていたように、チョコレートプラネットの吹き替えが秀逸だった。

*1:後で調べたら、DVDを借りて2011年に見たことがわかった。

2019-08-10第1回子どもに学ぶ教師の会 静岡

[][]子どもに学ぶ教師の会 静岡 子どもに学ぶ教師の会 静岡 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 子どもに学ぶ教師の会 静岡 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 子どもに学ぶ教師の会 静岡 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190813134858j:image

今年も静岡に来られた。上教大院1年後輩(同年齢)のYさんが、満を持して会を開くというので、駆け付けた。今回は、接続がとてもよかったので、約3時間で着いた。上越新幹線は、途中大宮しか止まらないものだったし、今回はちょうどいい東海道新幹線がなく、「ぷらっとこだま」を使わなく、ひかりにしたから、こんなに早く着いたのだろう。スマートEXを使い、新潟から藤枝までApple Watchだけで移動できた。Apple、素晴らしい。

f:id:F-Katagiri:20190813135412j:image:w260:left

藤枝には初めて足を踏み入れる。そうか、サッカーの街か。藤枝順心高校は、ここなんだな。道路に藤枝順心ののぼりがずらーっと立っている。こんな街、他にあるか?

それはさておき、33℃超のなか、歩いて会場まで行くのは、自殺行為だった。汗だくでなんとか会場に到着する。

会の趣旨は『学び合い』だけではなく、子どもの学びそのものを学ぶという、実は『学び合い』の原点とも言えるところに立ち返るということだった。Yさんらしい切り口だ。我々の大学院の研究は、まさにそこから始まったといっていいだろう。教壇に立っている時には分からなかった子どもの学びを、多面的に記録し、実はどのような学びをしているのかを知ることで、子どもから学ぼうというのだ。

YさんがM1時代、Yさんの授業ビデオを他のゼミ生が見て、あーだこーだ喋っている姿をビデオに撮り、それをYさんが後で見るという、とても「自虐的」なことをした。それがトラウマ(?)となり、この時の思いを今も持ち続けているようだ。その時の私だったら耐えられただろうか?

今回は若手Hさんが自分の授業ビデオを流し、各所でフリートークをしていくということをおこなった。Hさんも勇気があると思った。近くにHさんが座っていたので、いろいろ質問をして、意図を尋ねていった。この単元で何回目の授業なのか、とか、配布した課題はこれだけなのか、とか、どうして立たせたままにしているのか、とか、いろいろ聞けた。

感じたのは、課題がとても難しかったということだ。ざっくりとしすぎる課題は、子どもは何をどう答えていいか戸惑ってしまう。だから、自分が課題をクリアしたのかしていないのか分からない。だから立っていいのか、悪いのか分からなくなっているのでは?と指摘した。

課題設定はとても難しい。近くにSさんもいたので、高校の授業での課題の話に至った。教科の見方・考え方を養うことが目標となると、「みんなが分かる」という課題では十分に目標を達成できないのではないか?という話にもなった。

「子どもに学ぶ教師の会 高校部会」を作って、高校の課題づくり等に特化した研究をしてみたいとも思った。課題が生まれた会だった。

高校生も参加していて、工業の先生になりたいという。専門高校の未来を考えている若い人がいて、なんだかうれしくなった。

rx178gmk2rx178gmk22019/08/16 11:19お礼のコメントが遅くなりすみませんでした。わざわざ遠いところまで来てくださって感謝しています。この会を通して、少しずつ周りが動き出せばと願っています。10月には、上越に伺いますので、その際にはいろいろ話ができるといいなと思います。ありがとうございました。

2019-08-09秋葉温泉 花水

[]秋葉温泉 花水 秋葉温泉 花水 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 秋葉温泉 花水 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 秋葉温泉 花水 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190809111024j:image

今年の新規開拓サウナ9件目。今年の目標はあと1つで達成できる。ずいぶん前から知っていたのだが、なかなかいけなかった。休みを取ったし、時間に余裕もあるので、電車で行って、サウナに入った後ビールでも飲もうかと考えた。

新潟駅から新津駅乗り換えで20分程度で到着する。東新津駅(無人駅)を降りると、もう目の前に花水がある。日帰り温泉施設で、お洒落な感じ。女性向けの施設ということで、男性風呂よりも女性風呂の方が充実しているみたい。それでも男性風呂は、いろんな浴槽があり、十分だと思った。

平日昼間、気温は34℃を超えていた。駐車場を歩いて行くと、うだっていたのだが、施設に入ると冷房がよく聞いているし、風呂ではなぜか、あのような熱さは全く感じない。露天風呂で外に出ても、涼しささえ感じるのは、あの熱さはアスファルトからの照り返しだったのか?とも思った。

洗い場はそれぞれ1人1人独立していて、洗いやすい。大浴場も、一面ガラス張りで、手入れされた庭に向かっている。とても明るく開放的で清潔感があふれている。温泉は新津だけあって、油臭がある。温泉らしい。

サウナ室はまぁ、広く、大人10人くらいが入れる広さ。温度は86℃だったが、かなり暑く感じられる。真夏だからなのかどうかは分からない。入りたては6分で限界だった。窓が内風呂と外風呂にそれぞれ付いていて、外風呂が見える窓からは、庭園が見える。今は一面緑だが、秋になると紅葉するんだろう。

水ぶろは写真の通り、ちょっと小さめ。大人2名入れるくらい。水温はかなり冷たい。2分も入っていると手足の先がピリピリ痺れてくる。絶えず水が加えられていて、水温を保っているのだろう。ちょっと深めなので、手すりが付いていないところから入ると、よろけそう。

花水の一番いいところは、外気浴がとても気持ちよい。開放的な露天風呂の周りに、デッキチェアーとベンチが置いてある。庭園に向かってデッキチェアーに座り、蟬時雨を聞きながら休憩するのは、他では得がたい体験だ。

入館料と生ビール1杯とフライドポテトが付いたセットで1,500円。それほど得をした感じはなかったが、入館料のみは950円。私の福利厚生事業の特典で100円引きになる。その値段だったら、コスパはいい感じ。

今日のととのい度4→☆☆☆☆★

2019-08-06新津南高等学校職員研修

[]新津南高等学校職員研修 新津南高等学校職員研修 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 新津南高等学校職員研修 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 新津南高等学校職員研修 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今年は講座、講演などがぎゅっと詰まっていて、出張続きだった。そして初めての高校の職員研修の講師に呼ばれて、かなりのプレッシャーだった。高校教師出身の大学教員ということで、温かく見てもらえるのか、厳しい目に曝されるのか、分からなかったので、とにかくプレゼンを作り込んだ。

数ヶ月前に依頼があって、この研修の内容をずーっと考えていた。思いついてはプレゼンを作り、本を読んで情報を仕入れてはプレゼンを作り作りしていたら、スライド枚数は200枚を超えてしまった。2時間だからこのくらいあった方がいいかな?と思ったが、結局1/4は紹介できなかった。

文科省の学力向上事業の一環で呼んでくれたのだが、初めは主体的・対話的で深い学びを生む授業の作り方を伝えようと思ったのだが、校長先生や教頭先生といろいろ話をさせてもらって、

学級経営マインドをもった授業づくりの仕方

という内容にした。授業づくりは、教科の知識、教科教育の知識だけではやっていけず、いまや高校でも人間関係づくり、特に教師と生徒との人間関係づくりの構築を意識的にやっていかなければ、授業は成立しないようになって来ているということをお話しした。

とっても暑い中、夏休み中盤でゆっくりしたいという中、たくさんの先生が来てくれた。ホワイトボードを用意して、数名で問題に答えてくれたりして、意欲的に参加してくれた。2時間はあっという間(プレゼンが終わらない!と焦っていたせいだと思う)だったが、参加してくれた先生方は長く感じていたのだろうなぁ……。

こういう研修があると、今までの自分の研究や思いを整理する機会になるので、とても勉強になる。大学院生や学部生との授業で生み出したものを、このように外部の講座でまとめ上げ、それがまた大学院生や学部生に還元できるのかと思い、「社会還元」というのは、とても重要なのだな、と思った。それでもかなり準備には時間が取られるのだけれど。

さて夏の講座、講演も1つを残すところとなった。参加者は知り合いばかりなので、互いの悩みを打ち明けて相談する講座に使用か?と思う。その準備はちょっと余裕があるので、しばらくはサウナに通ってゆっくりすることにする。

2019-08-03群読教育の会全国研究集会(栃木大会)

[]群読教育の会全国研究集会(栃木大会) 群読教育の会全国研究集会(栃木大会) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 群読教育の会全国研究集会(栃木大会) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 群読教育の会全国研究集会(栃木大会) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190807125531j:image

日程的にきついので、今年は群読大会への参加を見合わせようかと思っていた。前日が免許更新講習で、次の日栃木というのは、移動も大変。暑さも大変。しかし、事務局長に頼まれ、古典群読の講師を受けることにした。

今回の古典分科会参加者は、みんな現職教員。授業で古典群読を実践したいという方たちばかりだった。用意したプログラムは、授業で群読脚本を学習者が作ることによって、「テキストに向かう」という国語科の目標に向かわせるものだったので、ぴったりだった。

古今著聞集「大江山いくのの道の遠ければまだふみも見ずあまの橋立」の歌を中心に脚本を作ってもらった。これは私が高校教師時代に最後に実践した古典群読のプログラムを改編したものだった。高校の先生はいなかったので、この作品に触れるのは初めてだったようで、学習者の気持ちになって取り組んでくれたと思う。

すぐに家に帰らないと、渋滞にぶつかって何時になるのか分からないので、講座が終わったらすぐに帰途に就いた。運営の方々にはお手伝いできなくて、申し訳なかったのです。

2019-08-02群読教育の会全国研究集会(栃木大会)

[]教員免許更新講習 教員免許更新講習 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教員免許更新講習 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 教員免許更新講習 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190803062158j:image

初めて免許更新講習の講師をおこなった。直接新潟県の国語の先生方に、自分の研究の成果を還元できるいい機会だと思ったし、教職大学院教科教育・学級経営実践コースのことをPRできるいい場だとも思ったからである。

しかし、日程設定を間違ってしまった。8月2日に長岡でおこなおうと思ったのは、全くの考え無しだった。長岡花火の日じゃないか。長岡に住んでいたときは、花火の日を心待ちにしていたが、引っ越しした後は、ニュースなどを見て、「あ、今日は花火の日か」と思う程度だったので、考え無しだった。

果たして、講習が終わった後に、長岡から脱出できることはできるのだろうか?どんだけ渋滞しているんだろう?とちょっと恐怖だった。それ以上に、こんな花火の日に受講者は集まるのか?という不安もあった。

講座タイトルは、「中学校・高等学校国語科の音声言語表現活動をとり入れた授業デザイン」で、講座内容の説明に、「古典文学を扱います」とした。上教大で開設する他の免許更新講習との差別化を図った結果だ。

こんなマニアックな講座設定に、予想以上の11名の方が参加してくれた。受講生名簿をみると、私よりも1つ上の方が多数。そういえば、免許更新講習は、私の1つ上の世代から始まったんだった。10年前。そうか、1周りしたんだ、としみじみ思う。

私の1つ上で、古典には一廉の思いを持っていらっしゃる方が多いんだろうと、ちょっと構えていたが、みなさんノリがよくって、ディベート、音読、群読に積極的に取り組んでくれる。声を出すって、やっぱり気持ちいいし、人と人との距離を近める効果が抜群だと再認識した。

来年は、花火の日を避けて行い、前泊して取り組むことにしよう。アトリウム長岡の施設はとてもよかったので、ここに宿泊できたらいいなぁ。

帰りはやっぱり渋滞で、長岡から抜け出すのに30分ほどかかってしまった。明日は栃木県小山市で群読全国大会。

写真は講座補助者の片桐研究室堀君の研究発表「群読脚本を学習者はどのように制作するか?」というような内容です。

2019-08-01釜ぶたの湯

[]釜ぶたの湯 釜ぶたの湯 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 釜ぶたの湯 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 釜ぶたの湯 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

ちょっと早い時間帯だったので、ホームサウナは避けて、釜ぶたの湯に行ってみた。前回もそうだったのだが、サウナの温度が上がった。夏だから温度が高くなっているのかどうか分からないけれど、オープン当初はぬるいサウナでひどいものだったが、今は高温でちょうどいい。

相変わらずマナーのないおっさんが、サウナに入ってくるなり大声で知人に話しかける。そういうのさえ出くわさなければ、いいサウナなんだが。そんなおっさんを避けて早々にサウナを出て、水ぶろに入る。

ここの水ぶろは最高だ。水流が絶えずあり、しかも冷たい。この水は天然水なのか、冷やしているのか?こんな暑い夏でも、低温を保っている。

そしてうるさいおっさんを避けて塩サウナに入る。塩サウナの入り方もちょっと学んだ。塩を体に塗りたくり、塩が汗で溶けるまでじっと待つのだ。塩サウナは入ったときに匂いがちょっと苦手なのだが、数分で慣れる。ここの塩サウナは空いていてよい。もうちょっと温度が高く設定されていたらいいのだけれど。

塩サウナは美肌効果があるという。というか、それしかないようだ。ゴシゴシ塩をこすりつけてはいけないそうだ。肌が荒れるから。60℃程度の低温だから、いくらでも入れるのだが、こういうところでは、得にテレビはいらない気がする。じっと瞑想にふけっていたい。

さて、うるさいおっさんもいなくなり(だいたい、うるさいおっさんはサウナの入り方を知っていないので、ちょっと入ってすぐにいなくなる。)、2回目のドライサウナで、頑張って体を温め、水ぶろに入り、休憩に入る。ここの休憩のいいところは、露天風呂のとなりにチェアーがあるところだ。気温は高くても、ちょっとの風が吹いていれば、涼しく感じられる。そして休憩が終わったらすぐに露天風呂に入れる。

高温サウナ(夏のみ?)→低温水ぶろ→外気浴→露天風呂

という、最高のサウナの環境があるのだが、サウナにテレビがあり、ちょくちょくマナー知らずのうるさいおっさんがいるということで、ホームサウナにはできない。しかし、職場の互助会の関係でちょっと割引が入ることに気づき、安く入れることが判明。冬でも高温サウナを保っていれば、悩むところだ。

本日のととのい度→4 ☆☆☆☆★

2019-07-25かわら亭

[]かわら亭 かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

いつもよりちょっと早かったので、宴会前の客がたくさんいた。サウナでは知らない人を1人挟んで平気で会話する客がいた。この時間帯はもう避けることにしよう。

宴会に客が向かうため、風呂から出て行く時間帯になって、ほっと1人でサウナに入っていたのだが、見知らぬおっさんが私に向かい「○○さん、○○さん」と呼びかけてきた。

「違うよ。」と返答したが、何だろうなぁと。思ってしまう。静かに入らせてくれよ。

今度から行く時は18時過ぎにしよう。だいたいみんな18時頃から宴会なんだろうから。

今日のととのい度→4 ☆☆☆☆★

2019-07-24これこそ授業職人

[]これこそ授業職人 これこそ授業職人 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - これこそ授業職人 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 これこそ授業職人 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190725145420p:image

素晴らしい授業を参観してきた。全てが上手い、そして子どもを見守る姿が温かい。教師としての意気込み、人間としての深みが感じられる先生の授業だった。

円と直線の交点の関係(数学)の授業を参観させてもらった。

最初の15分位は今日おこなう課題の解き方を説明していた。解き方のレクチャーから、間違いやすいところの説明、どうしてこのように式を書かなければいけないかの理由、ひとつひとつ丁寧だったが、全くくどくなかった。

3題問題を示し、「2時までにいろいろ試行錯誤しながら、分からなかったら聞きながら問題を解きなさい」と、指示し、黒板に出て解答する人を指名した。

「3番目の問題は、ちょっと難しいけれど、当てられた○○さんをみんなは応援して下さいね。応援するって、『ガンバレー!』って言うことじゃないですよ。」と、ユーモアもある。

そして指定した15分〜20分程度が絶妙の時間で、暮らすみんなが解けたか解けないかの時間である。この課題設定(または時間設定)も絶妙で、ぴったりである。

その後解説をするのだが、その時間もちょうどいい。そして50分が終わる。

口調には子どもたちの成長を願う、励ましの気持ちが表れていて、変に子どもたちを持ち上げてもいないし、蔑んでもいない。とても温かい口調なのだ。

子どもたちは、できないやとほっぽり出す子もいないし、できたからといって私語する子もいない。みんな何かしら取り組んでいるし、教えているし、教えてもらっている。それぞれが、それぞれのやり方で、目標に向かって取り組んでいる。

課題設定なのか、タイムマネージメントなのか、励ましなのか、人間性なのか、どれも強すぎず、弱すぎず、教室内に「学びの文化」を上手に作っている先生の授業だった。まさに職人技だと思った。