Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2019-12-05ドリーミング村上春樹

[]ドリーミング村上春樹 2019 ドリーミング村上春樹 2019 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - ドリーミング村上春樹 2019 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 ドリーミング村上春樹 2019 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20191206125003j:image

高田世界館で鑑賞

村上春樹はたまに読む。それほどの信奉者ではないのだけれど、新作が出たら、1〜2年後図書館で借りて読むくらい。だいたいの作品は読んだのかもしれないけれど、定かではない。

これは、デンマークで村上春樹の作品を翻訳している人のドキュメント映画。たまに「かえるくん」がCGで登場して不思議な雰囲気を出しているが、あくまでもドキュメント。

翻訳家がどのように原文を読んで、その雰囲気を損なわぬよう自国語に訳するのかの苦労を記録している。私は最近言葉と世界の見え方、自身の考え方の関係を研究しているので、この映画は見なければ!と思い、上映期間終了間近に行った。

ところが、デンマーク語で訳すので、例えば「文章」をデンマーク語でどう訳したらどのように伝わるか?がわからない。ここら辺の翻訳者の逡巡がわからない。英語で「センテンス」なのか、「テキスト」なのか……というようなことも会話の中にあったのだが、デンマーク語となると全くわからない。

主人公は翻訳をするために日本に来て、街の飲み屋に行き、村上春樹ファンと交流し、日本人の物事の捉え方に触れて翻訳を進めようとしていた。ただ、デンマーク人と比較して日本人の見方・考え方の違いまで掘り起こしている場面がもっとほしかったな、と思った。

しかも60分という非常に短い映画。高田世界館のポイントカードが貯まったから無料で見たのだが、他の映画と同じ値段の価値があったかというとちょっと疑問。

2019-12-04釜ぶたの湯

[]釜ぶたの湯 釜ぶたの湯 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 釜ぶたの湯 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 釜ぶたの湯 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

とても久しぶりに行った。真夏以来。18時頃はもうまっ暗になる。駐車場にはたくさんの自動車が駐まっている。これはめちゃ混みなのか?と思いきや、そうでもなかった。

以前からちょっと気になっていた割引があった。私はその会員だ。自販機には「20円」と書いてある。20円割引なのか?と思ったら、20円で入れるという。何だこの安さは!サウナは180円なので、合計200円で入れる。何でもっと早く知っていなかったんだろう?

真夏に入ったときは、オープン時に比べてサウナの温度が高かったが、それは真夏だからなのか?と思って、今回入ってまたぬるいものだったら、二度と行かない!と覚悟を決めたのだが、まあまあ「サウナ」らしい熱さになっていた。と言っても、低い方だけれど。

水風呂は最高なんだよな。ジェット水流で循環しているし、温度は低いし。3人は余裕では入れるし。ただ、水風呂の縁に平気で座っているおっさんがいて、どうもああいう輩は好きになれぬ。

休憩場所はチェアが5台並べられていて、天井のスピーカーからヒーリングの音楽が緩く流れている。これも最高。でもあんまりととのわなかったけれど。

200円で入れるから、冬のホームサウナにしようか?とも思ったりして。ところが、調べてみたら同じような割引でかわら亭が300円で入れる。なんなんだー!

露天風呂は雪対策なのか、休憩場所が全て屋根で覆われていた。露天じゃなくなっていた。

今日のととのい度→2 ☆☆★★★

2019-12-02学習者の受け取り方次第

[]学習者の受け取り方次第 学習者の受け取り方次第 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学習者の受け取り方次第 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 学習者の受け取り方次第 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

たくさんの児童・生徒に同じように指導しても、学習者の受け取り方次第で学習者の力の伸びは違ってくる。学習者の受けとるアンテナの感度が高ければ高いほど、学習者は様々なことを感じて、情報を得て、どんどん伸びる。

アンテナの感度が低ければ、その逆。どんな働きかけをしたとしても、暖簾に腕押し糠に釘、雲に鎹。

じゃあ、こちらの発信を強くすればいいのか?というと、そういうわけでもない。回数を増やしても、強い口調で言っても、アンテナの感度がどんどん低くなるだけ。コスパは低くなる。

全ての人が同じ感度で受けとって、増幅装置で反応するということはあり得ない。

私からのアンテナが閉じているのだから、別のルートから発信してもらうしかないのだろう。もうしかたがないこととして、流していくしかない、とも思う。

2019-11-28学級は必要なのか?

[][]学級は必要なのか? 学級は必要なのか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学級は必要なのか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 学級は必要なのか? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20191129130615j:image

大学院の授業「「より良い集団づくりを目指す学級担任」と「授業検討会を組織する研究主任」の理論と実践」(タイトル長い!)で私は「学級担任」の部を担当している。

そこでは、学級担任の役割、学級担任はどのような学級づくりを目指すべきか?ということを対話的に学んでいる。しかし、そもそも、学級は必要なのか?という疑問が出てくる。いじめは学級があるから生まれるんだという説(風説?)もある。

それじゃあ、そもそも学級は必要なのか?ということで、ディベートをおこなった。ディベートをおこなった授業は、学部2年生の「教育実践基礎論」だ昨年はおこなわなかったが、この科目のメインの活動の1つとなっている。

立論のプラン等は以下のようにした。

ただいまから「公立・国立全学校は固定学級制、学級担任制を廃止し、流動学級制、学年チーム指導 制を導入すべし。」という論題について、肯定側立論を述べます。まず定義を述べます。「流動学級制」 とは最初は機械的に学級を決定しますが、同学年のうち、最低2回は児童・生徒の希望、もしくは機械 的に学級を編制することです。「学年チーム指導制」とは、学級の事務的な連絡事項は輪番で教師があ たりますが、進路指導、生徒指導、教育相談などは児童・生徒が希望する教師から行われます。教科指 導は学校の状況に応じて、輪番でその時に当たった学級担任が行ったり、教科担任制にしたり選べます。

プランを述べます。制度開始時期は、2020年4月1日からで、制度開始に伴う準備時間の不足や 予算措置に関することはこのディベートでは考えないことにします。この制度を学習指導要領に明記し、 教職員は他の記載事項と同じように遵守(じゅんしゅ)することになります。

学生さんたちは、ほとんどが小学校の教師を目指している。当たり前のようにある「学級」が必要なのかどうなのか、考えてもらうために、また、学級担任の役割も考えてもらうためにこの論題でディベートをおこなった。

私は富山県内のある自治体の「学年チーム指導制」のニュースを見て、このプランを作ってみたのだが、学生さんたちは様々な証拠資料を持ってくる。全国にこのような制度で学校を運営しているところは多いんだなと気づく。

全6試合で出た肯定側のメリットは以下の通り

  • 教員の負担減(労力・ストレス)
  • 教員能力の適切な配分
  • 教員同士の協力の発生
  • 子どもの思いを受けとりやすい
  • いじめ減少(逃げ場の確保)
  • 子どもの自立を促す
  • 様々な交流が生まれる
  • 相性のよい先生を選べる

と、教員側のメリット、子ども側のメリットが考えれられている。

一方、否定側のデメリット

  • 環境変化で負担増(学級編制回数増・情報管理等)
  • 仕事量の偏り
  • 一貫した指導ができない
  • 継続的な子どもの観察ができない
  • 子どもへの対応が希薄に・信頼関係が築きにくい
  • 教科横断的授業がしにくい
  • 子どもの居場所や繋がりが作られにくい

と、子ども側のデメリットは最後の「子どもの居場所や繋がりが作られにくい」のみにとどまった。これは、子ども側のメリット「いじめ減少(逃げ場の確保)」と元が同じである。クラスを解体すると、居場所がなくなり、居場所がなくなる代わりに逃げ場が生まれる。どちらが重要なのか?ということで議論を戦わせていった。

6チームで1コマで2試合、3コマ使って、肯定側、否定側、ジャッジの全てを体験してもらった。それぞれ1回だけでは、回数としては少ないんだけれど、本格的ディベートをやったことのない学生さんたちばかりだったので、「体験会」的にはしかたがないだろう。この授業には他のプログラムもあるわけだから。

ディベートという手法を使って、様々な教育問題を考えていくという授業も面白いかも知れない。半期通してディベートをやると、もしかしたら、教員としての資質・能力を向上させる効果的な授業になるのかもしれない。

2019-11-26百花の里 城山温泉

[]百花の里 城山温泉 百花の里 城山温泉 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 百花の里 城山温泉 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 百花の里 城山温泉 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20191129125550j:image

今年の新規開拓サウナ12件目。今年はこれで最後かな?

新発田中央高等学校へ出張だったので、そこから行けるサウナで、サウナタイムに記事がないものと調べて百花の里 城山温泉に行った。

日が沈んでから向かった。ナビがなければたどり着けないと思われ、細い通りへの曲がり角なんて、見落としそうだった。ゴルフ場に併設されているのかどうかわからぬが、ほぼまっ暗な道を上り、本当にあるのか?と不安になったところでやっと建物が現れた。

ああ、風呂セットを忘れてしまったと思い、施設に入ったときにカウンターに「貸しタオルありますか?」と訊いたらあるという。貸しタオルと合わせて900円を払う。ところが、帰るときにそういえば風呂セットを鞄の中にしまっておいたんだと思い出す。ああ、150円損した。

外見は普通の日帰り入浴施設。洗い場は数多く、内風呂も広い。内風呂の3分の1がジャグジーになっているのは、とてもよい。ボタンを押すと水が落ちてくる打たせ湯が面白い施設だ。

サウナはというと、一度外に出て、露天風呂の隣にある。大人が詰めて座って10人も入るとキツキツの広さ。平日夜だったが、いかにも毎日来ている常連客が我が物顔でサウナに入っている。750円という、それほど安くはない値段設定なのだが、常連客同士で喋り込んでいる。

水風呂は小さく、どうやっても大人2名以上は入れない。というか、2名入っていられない。誰かが入ろうとしたら上がるしかない。そんな水風呂だが、常連客に1人が、掛水をせずにざばんと入りやがった。いつもそうやっているんだろう。もうそこには入る気がしない。マナー違反の常連客がいるようなサウナには二度と行こうとは思わない。

サウナの温度計は110℃を差していて、新潟県内のサウナとしては高温の方なのだが、それほど熱くは感じない。むしろ常時90℃前後を差しているかわら亭の方が熱く感じた。湿度の差のせいなのか?

水風呂はほどよく冷たかった。気温が10℃行っていなく、外にあるんだから、それくらいは当然かも知れない。

休憩場所は、内風呂にチェアが1台、ベンチ1台、外にチェアが1台あるくらい。この時期外で休憩するには寒すぎるな。

今日のととのい度→2 ☆☆★★★

2019-11-25新発田中央高等学校職員研修講演

[]新発田中央高等学校職員研修講演 新発田中央高等学校職員研修講演 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 新発田中央高等学校職員研修講演 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 新発田中央高等学校職員研修講演 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

新発田中央高等学校は新潟県新発田市唯一の私立高校だ。そこから授業改善について話してほしいとの依頼があった。実施日の約1週間前だったが、たまたまその日は空いていたので、依頼を受けることにした。教頭先生からの電話依頼だったが、電話口からも熱意が感じられて、その場で受けることにした。

新発田中央高等学校は、全校を上げて「主体的・対話的で深い学び」、「アクティブ・ラーニング」に取り組もうとしている。全ての教科で取り組むという目標を立てている。昨年度から始め、昨年の報告書を送ってもらって読んだ。本当に全ての教科からふりかえりが上がっており、普通教科はもちろんのこと、保健体育科、芸術科、家庭科からもどうやったら教科学習において目標とする「全ての授業でキャリア教育、主権者教育の視点を持つ」を目指している。

全校を上げてこのように取り組んでいる学校を、少なくとも新潟県内の高校で私は知らない。取り組んでいる、教員、教科、学年はあるが、全校でおこなっていることが素晴らしい。

報告書には、もちろん上手く行かなかったこともつまびらかに書いてある。それに答えられるように話を考えた

16:00から講演の予定だが、授業風景も見てみたかったので、14:00に訪れた。全ての教室を覗いて、校長先生、教頭先生と話をし、講演をおこなった。先生方は熱心に聞いてくれて、17:30まであっという間だった。いつものようにスライドが多くなってしまって、はしょった部分があった。

しかし、せっかく資料として付けた、我が高校教師時代にやっていた、定期テストごとに生徒に書いてもらった「今期のふりかえり」と、「国語科の授業で生きるために必要だと学んだ作文」に触れることを全く忘れていたのを思い出した。あー、もったいない。いいたいことは真っ先に言わなければならないんだよな。

いつものことながら、帰りはそこから行ける今まで行ったことのないサウナを訪れた。

2019-11-22かわら亭

[]かわら亭 かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

12月上旬までの回数券最後を使う。来年春までここのサウナとはおさらばかな?

かわら亭駐車場に自動車をおいて、ランニングをする。膝を痛めたから、ちょっと不安だった。前回のランニングでは6㎞で膝が痛くなり、それから歩いたのだが、今回はだましだまし8㎞走ってなんとかかわら亭に戻る。

このコースは緩いアップダウンがあり、信号が全くなく、とてもいい感じ。しかし、熊が出るのでは?という山の近くも走るので、ちょっと不安だったが無事だった。

夕方だんだん暗くなり気温が低くなると、寂しくなるが、日中だったら十分今の季節でもいいコースだ。

汗だくで温泉に入り、汗を流す。最高の気分である。金曜日だからポイント2倍なのだが、どうして金曜日ポイント2倍なのだろう?人があんまり来ないからなのか?と思いきや、結構人が入っている。いつもよりも多い。サウナも常時人がいる。水風呂も渋滞にはならないが、1人で伸び伸び入れる時間も少ない。

一度休憩の時に足先だけお湯に付けてみた。岩の上の座ると足先が冷たくなるからだ。これはこれで気持ちがよかったが、どうもととのわなかった。岩に座ること自体がととのうには無理なのか?

来年春、外の水風呂が復活するまで、どこに行くことにしようか?

今日のととのい度→1 ☆★★★★

2019-11-15欲弁已忘言(純粋経験)

[][]欲弁已忘言(純粋経験) 欲弁已忘言(純粋経験) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 欲弁已忘言(純粋経験) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 欲弁已忘言(純粋経験) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20191114132806j:image

タイトルは「弁ぜんと欲して已に言を忘る」である。陶淵明の「飲酒」という詩だ。詩全体と詩の内容はこちらにある。

高校の時にこれを読み、大学の授業でもこれを解釈し、高校教員になっても授業で教えた。「この風景、雰囲気、気分、とても素晴らしいことはわかるけれど、それを言葉で表そうと思った途端にその言葉を忘れてしまったって、どういうことなの?」と思っていた。

授業では「言葉じゃ表せないほどすばらしい」というような適当な解釈でわかったような気になって教えていた。

しかし、今、なんとなくわかった気がする。陶淵明は詩人でありながら、言葉で表すことを放棄したんじゃないか?ということだ。言葉で表すことはできるはずがない、言葉の力の限界を言葉を操る人だからこそ知っていた(知った)んじゃないか?と思う。

眼前の風景、雰囲気、気分を言葉で表すことによって、それが限定されてしまい、変化してしまう。この、今体験していることを大切にしたい。だから「言い表す言葉を忘れた」と言いながら、言葉で表したくなかったのだと思う。

西田幾多郎『善の研究』が言うところの「純粋経験*1」なんだと思う。受けとって、評価、判断、概念化がなされる前の状態、言葉になる前の状態を「詩」に保存しておきたかった。詩人だから、と思う。

言葉で表すことによって陳腐になる、チープになるということはある。表してみると、「あれ、こんなことを言いたかったわけじゃ無いんだけれどな。」と思うことはよくある。国語の授業で何でもかんでも作文を書かせるということがおこなわれるが、作文に表すことによって、「噓」になるという可能性があることを、われわれ教員は知っておかなければならない。

言葉に表さずに本人の心に大切に保管しておいた方がいいことってよくあることだ。もちろん、言葉に表すことで明らかになることもある。どちらの可能性もあるということを表現を強いる立場にある人は知っていなければならない。

言葉にしない方がいいことは、他の表現方法で表現すればいいことだ。いや、全く表現しなくてもいい時もある。

*1:反省を含まず主観・客観が区別される以前の直接経験-ウイキペディア

2019-11-14かわら亭ら亭

[]かわら亭 かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今日も晴だった。しかも月が綺麗。風もそれほど強くないので、外気浴ができた。とはいえ、13℃は体がだんだん冷えてくる。水風呂に入って外気浴でも、血の巡りによる体温上昇ではまかなえない気温だった。手足がどんどん冷たくなってくる。

そんな体にして、サウナに入るととても気持ちがいい。最近はととのわなくなったので、こちらの気持ちよさに頼ることになる。3セット後のスチームサウナもまた格別だ。適度の体温が上がるから、スチームサウナの後の温泉で体全体がじんじんする。

今日は思いの外客が多かった。水風呂渋滞もあった。12月上旬で期限が来る回数券があと1枚なのだが、誰かにあげようか?10枚綴りの回数券、9回行けば、もとが取れる計算なんだけれど、どうしようかな?

今日のととのい度→1 ☆★★★★

2019-11-12天気の子

[]天気の子 2019 天気の子 2019 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 天気の子 2019 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 天気の子 2019 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20191113163648j:image

いろんな評価が耳に飛び込んできて、「君の名は。」は見たけれど、「天気の子」は見なくていいか?と思っていたのだけれど、これも次男が「面白かった」と言っていたので、今更ながら観に行った。JMAXシアター。平日夜だが、お客は私を入れて3名という、今まで観た中で最少人数を記録した。

観た全体の印象は「観てよかった」というものだ。新海誠監督の絵の特徴として「空が綺麗」というものがある。この空の絵は大画面で観なければ味わえないと思う。今回の映画はそれが堪能できた。設定もキャラもストーリーも面白かった。楽しめた。

また、雨好きの私にとっては、全編雨の風景で、しっとりして落ち着いていて観ていて心地がよかった。

「君の名は。」に比べて、キャラクター描写が少し大人びたものになっていた。「君の名は。」の出演キャラはちょっと私にとっては子供じみた描写(例えば、目が大きく、ディフォルメし過ぎ)の感があったが、それが薄まっていたので、観ていてのめり込めた部分もある。

しかし、ところどころ背景のCGがリアルすぎて、なんだかバランスが悪い気がした。ほぼ実写?と思うようなところ(窓のアルミサッシなど)もあって、違和感があった。もうちょっとキャラのタッチに合わせた背景が好きなんだけれど。キャラクターに感情移入していて、そのタッチになれてくるが、リアルすぎるCGが現れると、「あ、作り物なんだ」と現実に引き戻されてしまうことがある。

同じように、描かれている世界観はあり得ない、ファンタジーのものなのだが、現実的にあり得ないだろうと思われるアイテム、例えば主人公が拳銃を所持していることが描かれると、これもちょっと引いてしまう。拳銃を描くことって必要?なんて思ってしまった。

粗を探してしまったが、全体的には好きな映画になった。タキとミツハも出演していたのがわかったし、ホンダカブと「離島」も描かれていたし、続いている世界というのを匂わせて、コアなファンを喜ばせているんだな、と思った。

この映画も子どもが大人になる映画。何かを諦めて大人になるのではなく、何かを壊して大人になるのでは無く、熱意を持って真っ直ぐに大人になるという姿を描いたジュブナイル映画だった。

森七菜の声がよかった。