Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第13回(2017年)は関西地区でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2017-04-21新入生合宿

[]新入生合宿 新入生合宿 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 新入生合宿 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 新入生合宿 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

一泊二日で国立妙高自然の家に合宿の出張だった。まずは大学から春日山登山があった。春日山は、昨年初夏、仕事前に登ろうとしたことがあったが、途中で挫折した。

今回は、本丸まで登ることができた。

f:id:F-Katagiri:20170422084746j:image

今日の仕事はほぼこれで終了の気分なのだが、これからが始まりなのだ。それでもすべての段取りを事務の方と学生委員会の先生がやってくれるので、何もすることがない。レクリエーションのクラスチームに参加して、大縄飛びに引っかかったり、ジェスチャーをしたりするだけだった。

唯一本格的に関わったのは、クラス討議で、「結婚」について話し合った。

結婚したいか、したくないか、結婚の条件、結婚を続けるためには何が必要か?

司会の学生の仕切りの元、私も意見を出した。

女子学生に教えてもらった大切なことは、女性の切れる沸点は、ポイント制で、それまでのいろいろなことが積み重なって、あるポイントに達したら、爆発するというのだ。だから、爆発したきっかけになった出来事は、あまり関係ない。

勉強になりました。

2017-04-20わたしを離さないで

[]学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 高校 学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 高校 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 高校 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 高校 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

Amazonにも掲載されました。Amazonだと3月2日(木)発売予定です。


学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 高校
学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 高校赤坂 真二 片桐 史裕

明治図書出版 2017-03-02
売り上げランキング : 274915


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高校の担任は,3年間持ち上がりで担任することが多いので,高校編は1年生1学期から3年卒業時の順で,クラスの集団づくりや,生徒への接し方,行事の取り組み方,子どもたちの見方などを描いています。

高校卒業時のゴール像は

社会の将来を任せたい自立した立派な市民

としています。これからの社会を担っていく人たちに直接バトンを渡すことができるのが教師の仕事です。いい状態でバトンを渡したいです。

[]わたしを離さないで 2010 イギリス わたしを離さないで 2010 イギリス - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - わたしを離さないで 2010 イギリス - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 わたしを離さないで 2010 イギリス - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

Amazonビデオで視聴。Primeビデオと思いきや,そうではなかった。300円でレンタルした。

去年カズオ・イシグロの原作小説を読んだのだが,よくわからないままでいた。ストーリーはもちろんわかるのだが,その世界観の説明があまりなく,どうして「(臓器)提供者」として学校で教育を受け,子どもたちは大きくなり,そしてそれを大人になっても受け入れているのか,セックスをあまりタブー視しないで,あけすけとおこなう教育もされているのか,「介護人」にはどうなってなるのか,など,わからないところだらけだった。

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)カズオ・イシグロ 土屋政雄

早川書房 2008-08-22
売り上げランキング : 5855


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そこで映画を見れば,少しはわかるのかな?と思って見たのだが,映画でも詳しい説明はなく,淡々とそのストーリーが展開されているだけだった。それはそれで原作に忠実で良かったのかも知れない。原作の雰囲気を忠実に映像化していると思った。

わたしを離さないで [DVD]
わたしを離さないで [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2012-06-02
売り上げランキング : 13849


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

全体的にモノトーンで,落ち着いた雰囲気で,終わりの方の場面の浜辺に難破船が打ち上げられているシーンは,私が小説を読んでイメージしたとおりのものだったが,もしかしたらこの映像を見てから小説のシーンをイメージしたのかも知れない。

2016年にTBSでドラマ化された。綾瀬はるか主演。観てみたい気もするが,オンデマンドで1話350円以上だったかな?ちょっと手が出ないなぁ。

わたしを離さないで DVD-BOX
わたしを離さないで DVD-BOX
TCエンタテインメント 2016-08-26
売り上げランキング : 43734


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017-04-19お楽しみ会

[]お楽しみ会 お楽しみ会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - お楽しみ会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 お楽しみ会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

水曜1限は担任クラスの授業である。高校でいえば,週1回のLHRのようだ。でも,高校だとほとんどでその日の一番最後の時間だけれど,この大学では1限にある。1限が辛い体質になってしまった。

今日の内容は,週末の合宿の打ち合わせだ。それはとっとと決まって,のこり60分ほどは,「行事係が何とかしてね。」とお願いしていた。

そうしたら,「お楽しみ会(?)」の計画を立てるということだった。行事の打ち上げ会や3カ月ごとの誕生会を開くというのだ。

そして週末の合宿の打ち上げをするから,その内容を決めようということになった。合宿当日の夕方食事会をしようと提案したらみんなが乗って,アパート住まいの誰かの家に集まって,たこ焼きパーティーを開くと決まり,誰が何を準備するのかとんとん拍子に決まっていった。

行動力と計画力がすばらしい。たこ焼き準備班とお菓子やその他準備班に分かれて段取りを決めていた。目標があるとこんなにもどんどん関わって1つのものを作りあげていくんだなと思った。

話し合いの終わりの方で,「あ,先生も来ますか?」と申し訳程度に誘われたが,「その時はアルビレックス新潟の試合を応援しなければならないので,行けないんです。また今度誘ってください。」と答えた。しかし,大学生のアパートで開かれるパーティーに担任が参加するのって,遠慮した方がいいように思うが,楽しそうだから参加してみたい気持ちもある。

大学時代,仲間のアパートに泊まって飲んでいたよなーと,懐かしくなった。

合宿の引率から帰ってきた後,1人でアルビの応援です。

2017-04-18ゴースト・イン・ザ・シェル

[]ゴースト・イン・ザ・シェル 2017 ゴースト・イン・ザ・シェル 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - ゴースト・イン・ザ・シェル 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 ゴースト・イン・ザ・シェル 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

攻殻機動隊の漫画を読んだのは、衝撃的だった。一つの漫画の中で、その世界観が綿密に設定されていて、ストーリーも面白い。主人公は、ちょっとかわいらしすぎるキャラ設定だったけれど、その役のギャップが良かった。

その後アニメが作られて観たけれど、アニメでありがちな、漫画の世界観は脚色されていたもので、それほどはまらなかった。

映画は、漫画の設定のシリアス部分を本当に忠実に表現していた。主人公はクールな感じだったが、それも合っていた。



テーマは、アイデンティティは、何によって保障されているか。と読み取った。

ロボットにアイデンティティは、あるのか?無いとすると、アイデンティティは、肉体がなくても存在できるのか?思いだけでも存在するのか?アイデンティティは、どこに宿るのか?ということを考えさせられた。

ビートたけしもよかったな。

f:id:F-Katagiri:20170422095010j:image

2017-04-17「主体的」な学びについて

[]「主体的」な学びについて 「主体的」な学びについて - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「主体的」な学びについて - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 「主体的」な学びについて - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「主体的・対話的で深い学び」とはどういうものなのかを考える上で,現場教師の中で,「主体的」というもののとらえ方が2通りあるということに気づいた。

「主体的」な学びについて,文科省は

学ぶことに興味や関心を持ち、自己のキャリア形成の方向性と関連づけながら、見通しを持って 粘り強く取組み、自らの学習活動を振り返って次につなげる*1

と表現している。

興味や関心を持っていれば,「粘り強く取り組」むことになるとは思うが,「粘り強く取り組み」という表現はその学習態度のあるべきイメージを表しているし,「興味や関心を持」っていても,「自己のキャリア形成の方向性と関連づけ」,「見通しを持って」いなければ,あるべき学びとしては認められないというのは,学校教育の上での「学び」だから,必須条件なのであろう。

「自らの学習活動をふりかえって次につなげる」という表現は,むしろ「深い」学びに関連づく表現のように思えるが,とりあえず置いておく。

「主体的」の辞書的な意味は

自分の意志・判断によって行動するさま自主的。*2

である。そうなると「論点整理」の中で「主体的」に直接関わっている表現は「学ぶことに興味や関心を持ち」だけである。

「主体的学び」のとらえ方を授業で問うたとき,多かったのは「自ら進んで学習に取り組む」というものだ。「嫌々ながらではなく,自分で必要感を感じて,勉強する」と言い換えた方がすっきりするだろう。そこに異論を挟むつもりは全くない。とても大切なことだ。私も高校現場教師だったときに,授業デザインをするとき,ほぼ半分の労力やアイディアをこれにつぎ込んだ。

50分間寝させず,生徒が面白いと思い,生徒の力がつく授業を目指していた。

ここで

学ぶ(学び)

ということを考えてみる。「学ぶ」の辞書的な意味の中に,

経験を通して知識や知恵を得る。わかる。「人生の何たるかを—・ぶ」「この事件から—・んだこと」*3

という項目もある。「学び」ということに関してこっちに焦点を当てて考えてみる。

話を例え話にしてみる。中学1年生の今の時期は,放課後の部活動も本格的に始まっていず,結構帰宅が早い。夕方5時頃に家に帰るやいなや,レコーダーに録りだめておいたアニメを「自分から進んで」どんどん観る。家の人が帰ってくる7時頃まで一心不乱に自分から「主体的に」アニメを観る。学校の宿題もそっちのけで。

これって,「主体的」という言葉を使ってもいいのかな?ときっと何人かの教師は思うんじゃないかな?と思う。でも言葉の意味的には間違っていない。

きっと私はそんな息子を目の前にして,「アニメばかり観ていないで,宿題を先にやりなさい。」と,宿題を「主体的に」することを促す。アニメ視聴の「主体化」は親としては認められないのだ。つまり,「主体的に」というものには,「こちらで意図するものを『主体的に』」というニュアンスが含まれていることがわかる。

ところが,そんな息子が10年後,アニメ映画を制作し,大ヒットし,第二の細田守か,押井守なんて言われて,インタビューを受けたとき,「中学生の暇だった時,たくさん観たアニメから,人生の成長物語と,コマ割りの重要性と,ストーリーと音楽のマッチングを学んで,今回制作した作品があります。」なんて言ったとき,初めて,息子が中学生だったとき,親の想像を超えた「学び」をしていることに気づかされる。

この学びも「主体的」と言っていいはずだ*4。ある1つのことから「自らの学び」を引き起こした。しかも,自分の意志で。

何が言いたいのかというと,「主体的な学び」としたときは,「学びの過程の主体」があるのは当然として,「学びの結果の主体」もあるべきであるし,「学びの結果の主体」がひいき起こされた場合,その授業は素晴らしいものになる。これが2つ目の「主体的」のとらえ方だ。

私が高校教師時代には,授業づくりのもう半分の労力とアイディアはそちらに傾けていたと思う。その「学びの結果の主体」が引き起こされていたと表面化した機会はあまりなかったけれど,教師の予想を越えた学びがおこなわれたときは,感動して,鳥肌が立つものだった。

*1:2016年8月中教審 論点整理

*2:大辞林

*3:大辞林

*4:こんなことあったらなー

2017-04-131年間大学教員をして感じたこと

[]1年間大学教員をして感じたこと 1年間大学教員をして感じたこと - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 1年間大学教員をして感じたこと - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 1年間大学教員をして感じたこと - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

1年間大学教員をして,高校教師時代とはちょっと違う思考の仕方をしていたということを感じた。仕事をする上で,大学教員は抽象思考で仕事を進めることが多かった。それは1年間受け持ちの院生や学生がいなかったからかもしれないが,それはわからない。

高校教師時代は目の前の生徒や授業やテストや会議がどんどん押し寄せてきて,それをどううまく「さばく」かが重要で,さばいた結果どうなっていたかはあまり考えられなかった。次から次へといろんなものが押し寄せてくるからだ。息つく暇はあまりない。あったとしてもテスト期間の合間,自動車で昼を食べにいったりするくらいだった。家に帰ると「全く仕事をしない」と十数年前から決めているので,仕事モードにはほとんどならない。

学校で必要なのは,仕事モード中の「息つく暇」だ。息をついて自分の仕事をふり返る時間だ。OFFの時にそれをやったらOFFにならない。

大学教員をやっていて,どんどん押し寄せてくる仕事はもちろんたくさんある。降って湧く仕事も沢山ある。しかしそれをやり過ごすと,ふと,息つく暇が出てくる。だから教育書を読んで,考える時間もある。

そんな時間が取れたから,教育をちょっと抽象的に考える時間も取れた。授業で「私が高校教師時代にはこんな実践をしていた」という話に加えて,もうちょっと上位概念的な,文科省が教育で求めている姿や,個人的な教育の理想も自分なりに確立し,語れるようになった。実践に理論が着いてきたと言った方がしっくりくるのか?

そこで,学部1年のクラスの担任になったり,今年から院生を担当できることになったり,授業や講習を受け持ったりする場面で語りたいこと,学んでほしいことがなんとなく自分の中ではしっかりしてきた。

意味は自分で見つける

ということだ。この力を学ぶことは,「アクティブ・ラーニング」,「主体的・対話的で深い学び」に繋がると考えるし,意味を自分で見つけられない教員には,「主体的・対話的で深い学び」なんて仕組めないと考えるようになった。自分にも,学生にも,院生にも,受講生にもこれを求め続けようと思う。

それを教えてくれたのは「バケモノの子」だ。教えてくれたというか,「バケモノの子」で表現されていることがパチ,パチとパズルがはまっていくように昨年度わかってきた。

バケモノの子(スタンダード・エディション) [DVD]
バケモノの子(スタンダード・エディション) [DVD]
バップ 2016-02-24
売り上げランキング : 5021


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017-04-09小中高を通じて資質能力を議論する会

[]小中高を通じて資質能力を議論する会 小中高を通じて資質能力を議論する会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 小中高を通じて資質能力を議論する会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 小中高を通じて資質能力を議論する会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

標記の会を開催します。私は今は大学教員ですが,高校の講座を担当します。

2017年4月9日(日)10:00〜

場所:池上会館 第二会議室(〒146-0082 大田区池上一丁目32番8号)

参加費:3,000円

詳細は以下のイベントページです。

https://www.facebook.com/events/270271863413340/

現状では小学校,中学校,高校と,それぞれの学校で子どもたちへの教育の目標とするものが,違っている気がします。例えば,中学では「高校合格」,高校では「就職や大学等上級学校合格」というように,卒業時の進路という目先の目標だけで教育をしている気がします。

しかし,小・中・高(・大,専門学校も!)と教育を受けている子どもは1人の同じ子どもです。1人の子どもにとって,目標はただ一つ「立派な大人になる」ということであるべきはずです。

それならば,「上の学校に送って,問題を先送り」するのではなく,小・中・高で同じ目標を共有し,それぞれの校種で何をすべきかを考えた方がいいのでは?という趣旨で,この会を開催します。

高校の講座では,現役都立高校教師の今井清光先生とプレゼン&対談をおこない,後半では中学の先生から中学の実情を聞いて,高校での指導の参考にしていきたいと思っています。

ご参加お待ちしております。

F-KatagiriF-Katagiri2017/03/26 06:56満員御礼,チケットは売り切れました。

F-KatagiriF-Katagiri2017/03/31 10:39キャンセル待ちになっているようです。

2017-04-02学校を最高のチームにする!365日の集団づくり中学1年

[]学校を最高のチームにする!365日の集団づくり中学1年 岡田敏哉 2017 学校を最高のチームにする!365日の集団づくり中学1年 岡田敏哉 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学校を最高のチームにする!365日の集団づくり中学1年 岡田敏哉 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 学校を最高のチームにする!365日の集団づくり中学1年 岡田敏哉 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

中学校のスタートとしての1年生,私の次男も今年度から中1だから,こんなクラス経営をしてくれる学級だったらなと思う。以下,印象に残った記述を挙げていく。

「育てたい具体的なこの姿は,「誰とでもチームになれる強い個人」になることです。」(p.24)

 必ず1年後にはクラス替えがあり,その時に1年生のクラスを引きずったままでは,新たな集団に入れなくなります。これは,高校でも同じことです。

「「担任はしっかりした先生だ」という印象をもち帰ってもらうのです。そのためには,話の内容以上に,声のトーン,話すときの表情,言葉と言葉の間などノンバーバルな部分が重要です。」(p.33)

 入学式後,保護者会に臨む前に,鏡の前で練習するそうです。私もかつて,する必要があったなと反省です。

「バースデーライン 7・11ジャンケン ペンの架け橋」(p.37)

 4月に子ども同士の関係を作るゲームが挙げられています。これはすぐに使えそう。大学でもやってみたい。

「ルールを先出ししておくことで,逸脱した行動の修正が簡単になります。」(p.40)

 「してはいけないこと」と「理由・価値」が対応した一覧がp.41に掲載されている。禁止事項にはそれぞれ理由があるということを先に示すことで,生徒たちが守ることを促し,逸脱した場合,指導が簡潔になる。

「限られた時間に限られたメンバーで,自分たちの納得解を作る価値」(p.45)

 教育現場では,リソースは有限だということが忘れがちになのだが,この言葉を頭に置いておかなければ,生徒も教師もいつまでたってもいいものは生まれないと思う。

「いじめの予防 アンケート類の定期的な実施」(p.54)

 いじめに関するアンケートは,いじめが起こってから,または年度末最後に行うというのが当たり前の感覚でいた。しかし,定期的に頻繁に行うことの重要性が書かれている。

「秘密の宿題 secret mission」(p.75)

 これは面白い。生徒のやる気心をくすぐる。夏休み,誰にも気づかれずに誰かの役に立つことをやり続けるというmissionだ。見つからないようにするというスリルと,夏休みの終わりにそれを伝えたときの相手の驚きをうれしそうに報告する生徒の笑顔が浮かぶ。うちの息子に出してみようかな?

「学級に戻らせる」(p.82)

 夏休みが終わって,部活動一辺倒だった生徒を学級集団に「戻らせる」必要性を述べている。その方策が細かく書かれている。

「教科担任に,授業の中に協働場面を設定させる」(p.92)

 クラス経営で「協働」を謳っても,中学や高校では,教科担任制なので生徒の活動の大部分を占める授業で「協働」がなければ,効果は半減です。そこで教科担任にアンケートを取り,その質問項目の1つに「集団学習ならではの学びがあるか」という項目を作ったという実践です。これはうまいなぁと思いました。教科担任に「あなたは集団学習ならではの学びをおこなっていますか?」と質問するとやろうとしない教師は反感を持つだけです。この質問はあくまで生徒が主体です。「子どもたちは協働して学んでいますか?聞かせて下さい。」というスタンスで,実は教科担任にプレッシャーをかけているんです。(たぶん)

「ゴールの姿 課題解決の最高潮「学年フェスタ」」(p.120)

 ここの項から,まるで学園ドラマを読んでいるかのような記述です。クラスでアトラクションの企画,運営をし,他クラスのお客さんを楽しませるという行事です。この活動での生徒の工夫,担任の思いの紆余曲折,生徒の成長が描かれています。「いやー,担任って本当にいいものですね。」と言いたくなります。

入学したての子どもたちをその学校文化になじませ,1年後にはクラスが解散し,次の集団に入ってくという「終わり」がはっきりしている「1年生」という特別な時期をどのように過ごさせるべきか,どのように指導するべきかということが,学習指導要領の文言を織り交ぜながら書かれてあるお勧めの1冊です。

学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 中学1年
学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 中学1年赤坂 真二 岡田 敏哉

明治図書出版 2017-03-02
売り上げランキング : 1697


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017-04-01授業について対等に議論する

[]授業について対等に議論する 授業について対等に議論する - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業について対等に議論する - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 授業について対等に議論する - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

教師と児童・生徒・学生で今取り組んでいる,今参加している授業について,対等の立場で議論し合えることができるのが,『学び合い』の優れているところだと思った。

2017-03-31365日の……シリーズ

[]365日の……シリーズ 365日の……シリーズ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 365日の……シリーズ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 365日の……シリーズ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

新年度になり,新学年も決まり,クラス作り,授業づくりを準備する時期だと思います。そこで全ての学校種,学年に対応しているシリーズが発刊されました。

クラス作りだったら,「365日の集団づくり」,授業づくりだったら「365日の工夫」 が各学年ごとにあります。

私が書いた高校は3年間一括掲載とお得になっております……。

学級を最高のチームにする!365日の集団づくりシリーズ(明治図書オンライン)

授業をアクティブにする365日の工夫シリーズ(明治図書オンライン)

f:id:F-Katagiri:20170331104446j:image

chaso120320chaso1203202017/04/01 04:06早速活かしたいことがたくさんあり、学級開きが楽しみです。
とても参考になりました!
ありがとうございます。