Hatena::Groupmanabiai

文字になった頭ん中。

2018-05-30第一回新潟市『学び合い』の会報告

本日、18:30~20:00に第一回新潟市『学び合い』の会が開かれました。

参加者は5人と少数ですが、小学校教諭・中学校数学教諭・高校数学教諭・大学生と多種多様な集まりでした。

簡単な自己紹介の後、一人一人に「仕事の充実度」を5段階で書いてもらい、最高の5に至らない理由を聞き、話し合いました。以下、今日の話題。

小学校教諭①:学級の子どもは『学び合い』を気に入っている。しかし、それ以前の問題に教師がどれだけ注意しても直らない子への対応に困っている。『学び合い』の中では、課題に向かうことはできる。

小学校教諭②:横のつながりが薄い。『学び合い』の考えを伝えるにはどうしたらいいだろうか。

高校教諭:3年生は良い調子でかかわりあえている。しかし、中には頑なに人とかかわろうとしない子どももいる。同僚に、『学び合い』を話題にできる人がいると良い。

大学生:大学で板書の仕方などを学ぶが、教育について語り合う場がない。

などが挙がりました。参加者全員が「もっと良くなりたい」という思いで会に参加したことが伝わります。

また、中学校教諭からは、部活動=『学び合い』=授業の話をお聞きしました。部活動における「一人も見捨てない」とはどういうことなのか?それは、子ども同士の「声かけ」。子ども自身が気付いたことを、その子に言わないというのは、見捨てていると同じ。声を掛け合い、みんなで目標に向かっていることから、部活動=『学び合い』ということに私は合点がいきました。

そして、小学校の時に『学び合い』で学んできたという大学生。当時の担任を聞くと、『学び合い』研究の黎明期を支えた先生でした。その彼は、当時の担任に憧れ、当時のクラス集団を目指して中学校理科の教員を目指しています。『学び合い』経験者であり、志の高い彼の話はとても貴重でした。

高校卒業後は、就職か進学。今回、参加された高校の先生は「人とかかわることの大切さ」に重点を置いた授業を大切にしていました。どうしたら「人とかかわることの良さ」を理解し、活発に話し合えるようになるかについて話し合いました。私が高校時代に、その先生に担任してもらえたら人生が変わっていたと思います。

会の間は、フリートーク状態です。気軽に、思ったことを言い合います。些細なことでも、参加者全員の学びに繋がります。ぜひ第2回に参加してみませんか?お待ちしております。

tkrst1227tkrst12272018/06/01 22:13初めまして。山形県で高校教員をやっている者です。
新潟は山形の隣ということもあり、自分は大学もそちらでお世話になりましたので、次の回に都合が合えば参加させて頂きたいと思いました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

D902iD902i2018/06/01 23:10お待ちしております!
いずれ、新潟と山形でタッグを組めるところまで行きたいですね!

F-KatagiriF-Katagiri2018/06/02 08:41お疲れさまでした。
休みの前の日や,新潟出張前の日だったら,Oさんと駆け付けます。
また案内して下さい。

D902iD902i2018/06/03 13:52Katagiri先生
ありがとうございます!週末に設定する案は、前向きに検討しています。ぜひ、よろしくお願い致します。