文字になった頭ん中。 このページをアンテナに追加 RSSフィード


出身:新潟県新潟市
Mail:g_pg_d4_33_4◎hotmail.co.jp(◎を@に変えてください)
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

2009-09-21富山の会! このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

アップが遅くなってしまいました(^^;

しかしまだ熱は冷めません!

9月19日に富山の会が開催されました(´ω`)☆

とにかく,常に体を動かしていた会だと感じました!体を動かして『学び合い』を感じる。。

西川先生の講演時間が,これまでで最短だったということからいかに参加者の活動時間を重視したかがわかるかと思います。笑

「体感」についてはcamelさんの記事でわかりやすく述べられています♪(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/camel921/20090920

また,新たな出会いもありました!しかし,『学び合い』の会で思うのです。初対面の方は,初めて会ったという感じがあまりしないのです(^^;

みなさん,気軽にお声をかけてくださったり,私から声をかけさせてもらっても親しみを込めて返答してくださいます♪

これが会のいいところだな~と,あらためて実感する富山の会でした。

最後に今回のようにすばらしい会を企画,運営してくださった富山の会運営関係の方々には本当に感謝です!

運営についてアップされている方々☆

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20090920

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/chia_ne/20090919

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/Toyama/20090920/1253431411

※私が確認した範囲内ですので,運営に携わった方で上記にトラックバックが不足していることに気がついたかたは,教えていただけるとありがたいです(>_<) 9月21日11:53

本当にありがとうございました!

chia_nechia_ne2009/09/21 12:24ありがとうございます。
本当に参加してくださっているみなさんに何というお願いをしているのだろうと思いつつ・・・おっしゃられるとおり、体を動かして感じる『学び合い』だったと思います。

D902iD902i2009/09/21 12:38+chia_neさん
ありがとうございます!いえいえ,むしろ何かお手伝いさせていただけると安心する性質なので。
常に体を動かして生き生きとした様子・・一言で言うと「きときと」ですね。笑

masakichi-3masakichi-32009/09/21 12:45>初対面の方は,初めて会ったという感じがあまりしないのです
私も、そう感じます。やっぱり具体的な課題があることで話しかける必要感もでてきますよね。結果的に集団づくりにもなるなんて、素敵です。

ghjalghjal2009/09/22 21:00富山お疲れ様でした。
初対面だとか関係なく、人間は、課題を共有し、共に解決に向かって目指せる存在なのだと実感しました。これはもう、本能のなせる技なのですよね。子供を信じる一番の基盤はこんなところにあるのかもしれないと考えてしまいます。

sumi-chansumi-chan2009/09/23 16:19あまりお話できず残念でしたが、「123」の力強い告知を聞けました☆
きっと面白いセミナーになることと間違いなしですね。楽しみです♪

o4dao4da2009/09/23 17:56秋分の日だ。長袖の服に、コートにっと。1月23日の準備開始。あはははは。

D902iD902i2009/09/24 23:27+sumiさん
コメント,ありがとうございます!そうですね。。あまりお話ができなくて残念でした。
でも,前向きにとればそれだけ会の規模や参加者が多様化・増加しているということかもしれませんね♪次にお会いできるのを楽しみにしています!
123!!

+o4さん
富山の会,本当に本当にお疲れ様でした!
実は年度明け前の,新潟の会以来の『学び合い』の会参加でした(^^;
半年ぶりに熱い雰囲気に混ざれて楽しかったです♪
「あはははは。」。。どなたかもよく使っていらっしゃるフレーズですね。あはははは。

D902iD902i2009/09/24 23:38すいません。コメントが前後してしまいます(>_<;

+masakichiさん
コメントありがとうございます!
共通の話題であるか,ないかという本当に小さな(いや,大きい?)違いなんですよね。
それによって他の人との壁がなくなるような思いがするのだから,実は人はナイーブな存在なのかもしれないですね(^^;

+ghjalさん
コメント,ありがとうございます!おっしゃるとおりだと思います。
『学び合い』の考え方の状態を大人に置き換えてみると,子どもの学習の様子がよく理解できるという経験があります。例えば,異学年で言えば,大人でも同年齢より年上・年下がかかわりやすいというように,子どもにも同じことがいるのだと思います。
そう考えると,子どもを信じることは自分を信じていることにもつながる(飛躍しすぎ?)ように思います。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/D902i/20090921