Hatena::Groupmanabiai

文字になった頭ん中。

2009-09-16洗脳旅行日誌Vol.3

今回は,実際に『学び合い』の授業ビデオを見ながら検討している場面です。異学年学習のビデオから,グループが形成される様子,必要に応じて友達とかかわり合っている様子をもとに話し合っています。

学校の一授業という見方から一歩引いて,視野を広げた見方での切り口で話しが展開されています。

<『学び合い』授業の実際を,異学年学習の映像をもとに話し合う>

来:『学び合い』という考え方自体には疑問と言うよりは,自分の中では自然なのでそんなに疑問というのはないんですけど,考え方自体には。でもそれが今の現場でどういう風に実践されているのかを見ると実感できるかなと思います。

西:じゃあその様子見ようね。結局,『学び合い』では先生が「何ページから何ページ,全部できるように。はいどうぞ。」で終わりなわけ。で,そうすると別の学年が「6年生はこれね。はいどうぞ」「5年生はこれね。はいどうぞ」「さあ,どうぞ」っていう形なんだから,だから異学年ができるわけよ。

来:はい。

西:ね。今まで異学年というと縦割り清掃みたいな同じ課題をしなきゃならない。教科学習ではできないわけよ。それは教師がずっとしゃべっていることを聞いて勉強するんだったら,これはできないんだよ。5年生,6年生でやる内容が違うんだから。でも,最初に「これを達成しなさい」ってポンポンって言ってるだけで,「後はみんなでやってね。みんなできることね,さあどうぞ。」って言ったらできるわけ。で,この学校は5年生と6年生とオープンスペースがあるわけ,その学校に入っているんだけどね。そうすると5年生と6年生がそのオープンスペースに集まって指示を与えて,バーッと三つの教室に分かれるわけ。でも,そのグループは全然決めないの。子どもたちが毎回毎回その場で決める。

来:自分たちで?

西:決める。でも,これスゴイと思わない?だってさ,あなただってさ「好きなもの同士でグループを」って言ったときに,一瞬のうちに走馬燈のようにグルグルグルーっていろんなこと考えるじゃない。「何人?何人だったら,あの子とあの子とあの子ね。でもあの子の場合,あっちのグループにあるから」ってものすごく頭使うでしょ?

来:すっごいありましたね。離れないようにって言うので,固まったもん勝ちという感じでしたね。

西:だよね?だから案外好きなもん同士というのは嫌がるはずなんだよ。ほんとは。でも,この『学び合い』においては全然嫌がらない。なぜかって言うと,絶対どっかの班に入れてくれるっていう安心感があるから。

来:子どもにとって,この子が良いっていうにはないんですか?

その子が良いって言うのはあるけど,でも別のこと試しにやってみるのも面白いなっていう気持ちもあるわけ。

来:はー。

西:休み時間には特定の子と遊ぶっていうのはあり得る可能性はあるよ。でも,勉強だったら試しにやってみたいと。

来:そう,思える?

西:例えばテニス部の子がさ,好きな子が誰かだって,テニスの練習その子ばっかりっていうことはないでしょ?あの子とやったら,あの子サーブ強いからやってみたいとか,面白いとかあってもいいじゃん。だから,その場でぐちゃぐちゃぐちゃってなるわけよ。で,「おー,じゃあここに入ろう」っていう風に。だからだいだい二分くらいにはそれが終わっちゃうわけ。あーでもない,こーでもな。「エー,私ばっかりグループに入れてくれない」とかそんなことはないわけ。で,ぐちゃぐちゃぐちゃって勉強し始めるわけ。で,最初の15分くらいは比較的大人しいんだよ。一斉指導の授業に比べると圧倒的にうるさいけど,みんな基本的に座って勉強してるんだもん。っていうのは,まず自分で解いてみるわけ。

来:はい。

西:で,わからなかったら手近な人に聞くわけ。でも15分くらい経ってみて,それでもわからないって言ったら他の班に聞きに行くって事とするわけ。または,できる子は自分の班みんなできあがった。できあがったけどじゃあ他のグループは?ってので外の班に行くの。だから15分ぐらい経つとワーっと動き始めるわけ。で,授業の最後って言うとなんか,「一班どうなの?二班はどうなの?」って当てて黒板にまとめるじゃない。

来:はい。

西:それしないの。我々。

来:あ,しないんですか?

西:じゃあ何のためにするんだと思う?

来:各版の発表を聞いて,自分の班の発表と比べてどうだったっていうのを子どもに。

西:じゃあ,それでわかるの?みんな。

来:うーん・・。

西:わからん子はわからんと思うよ。で,班で発表したって本当に班かどうかわからないじゃない。その班の特定の子だけが突っ走って勝手にやっている場合もあるでしょ?

来:あー

西:わかんないじゃん。だから,無意味なの。で,我々は何をするかというと「みんなできたかな?」ってことを確認するわけ。いい?

来:はい。

(異学年学習のビデオを上映)

西:(グループができあがるのを見て)早いでしょ?

来:はや,えー。すごい。

西:(異学年の班を指して)5年生,5年生,6年生,6年生。で,この子(仮にAさん)は知能数が○○くらい。でもテストは100点近くとっている。で,この子はこの子(Aさん)と相性が良くて,で普段はこの子が側に置いておくんだよ。「ここに座れよ」って,今回は別のグループとの出会いを楽しみにしているから。で,わからないから聞きに来た。理由は何かって言うと,別なところで実はこの子(Aさん),5年生に教えたいんだよ。

来:はー

西:でも教えられないから,教えてもらっているの。

来:教えるために。へー。

西:で,この先生(5年生担任)が何やっているかって言うと,みればわかるけどからかっているんだよ。

来:あ,そうなんですか。

来:5年生と6年生の班も自分たちで上手く,ばらけているというか。

西:じゃあ上手くばらけた方が良いだろうっということは,難しいこと?

来:なんて言うんだろう。6年生は6年生だけで固まろうとしないんですか?

西:部活で飲み会をする時にさ,そういうバカげたことをやる部って良くなさそうじゃない?

来:思います。

西:その時に幹事がさ,「さぁ!大学1年,2年,3年,4年がなるべくばらけるようにしましょう!」っていうふうに幹事が言うのはバカバカしいと思わない?

来:はい。

西:良い部活だったらぐちゃぐちゃってなるじゃん。

来:はい。なんか小学生とかってけっこう,なんか自分たちの学年で固まるって言うか。そういう意識はあるかなって思いますけど。

西:それは小学生の問題じゃなくて,あんまり良い人間関係がないってことだよ。

来:あー

西:っていうのは大人だって子どもだって同じだよ。見ればわかるけどさ,みんな課題やっているでしょ?遊んでいる子は誰もいないでしょ?

来:はい。基本的にみんな教科書から学びつつ,わからないところは友達に聞くという感じ。

西:(うなずく)

西:ほら,15分経つとこんなになる(話し合いが活発になったり,他の教室に移動する子が出る)わけよ。で,先生方は話しているわけよ。で,教師の『学び合い』もここにある。異学年の時の教師がどういう話しをしているかというのを追究している。

西:で,さっきの○○(仮にBくん)だね。ここらへん5年生なんだよ。で,一生懸命教えているわけ。で,このへんが三バカトリオなの。

来:ははは。(笑)

西:普通はね,できる子が一人ずつくっついているんだけど,たまたま放牧状態になったの。そうするとあんまりやってない部分も多いわけよ。しばらくするとどういうことが起こるかって言うと,あ,先生が言ってもダメなんだよ。これ5年生に教えているんだよね。これもう遊んでいるんだよ。ほら,さっきの子(Bくん)が来はじめた。で,この子(Bくん)はこの三人がやらないことをわかっているから確認しに来たの。

来:自分の課題が達成できたから?

西:うん。で,自分の周りのやつもできたから気になる子を見に来た。

来:すごい。

西:こういう子が各学年に,というか各クラスに5・6人いれば抜けがなくなる。

(授業の終盤の映像を見ている・・)

(6年生担任が5・6年生全体に向けて話している)・・今日,自分がやろうと思ったところはできたでしょうかね。はい,じゃあA評価の人?」

西:そしたら6年生はみんな手を挙げたんだけど,5年生が半分くらい挙げたの。

来:これはどちらの先生も『学び合い』されてる?

西:そうそう。この子達は半年間ひとつの例外もなく算数はこれ。

来:へー

(5年生担任が,全体の評価を話している)・・2学期,3学期でやった学習範囲のことをやっているように私は見たんですけど,こういう時にね,もっともっとお互いに交流し合って復習も兼ねて確認しながら学習を進める・・

西:子どもに語っている内容が,レベル高いでしょ?指導教員が,新任の先生に言っている話しだと思うんだ。

来:はい。えー

(上映を終えて)

西:これが『学び合い』の基本形。

来:じゃあずっと黒板に書いて「式はこうです。はい,みんなで一緒に読みましょう」とかそういう授業は

西:ない。逆に言うと,やったほうが良い理由を言って。

来:ふふ。(笑)なんでしょう。教師の自己満ですかね?(笑)

西:言ったという事実は残っているけど,わかったっていう事実はどこにも保障してないわね。

bunbun-hbunbun-h2009/09/16 20:08『学び合い』っておもしろそうですね。
私のクラブでもやってみよう、と思いました。

ghjalghjal2009/09/16 22:55うわあ。洗脳旅行に参加した気分です。ありがとございます。すごいなあ。洗脳されに行きたい。

D902iD902i2009/09/18 13:19+bunbun-hさん
コメントありがとうございます!広い視点で話が展開していますので,部活の視点からが入りやすいという方にも『学び合い』について理解ができるかと思います。
bunbun-hさんのお話,楽しみにしています!

+ghjalさん
ありがとうございます!今回の来訪者の方は,先生との対話の後,飲み会もありました。
来訪者や西川先生のお時間が許せば,本当に濃い旅行になると思いますよ♪

camel921camel9212009/09/20 11:40昨日は久々に再会できて嬉しかったよ!相変わらずでさらに(^o^)一緒に『学び合い』学習者を味わうのも楽しかった♪お互い大変な冬を乗り切ろうね!

chia_nechia_ne2009/09/20 18:42昨日は本当にありがとうございました。
皆さんがいてくださらなかったら、会が進行していたかどうかかなり怪しいです・・・・本当にありがとうございました。感謝感謝です!
123!楽しみにしています!

katokiti2003katokiti20032009/09/20 19:30昨日ありがとうございました。
コード123!
楽しみにしています、ダー!

D902iD902i2009/09/21 11:13+camelくん
この前はありがとうね!本当に久々だったから,近況報告もし合えて安心したわ~
今年の冬も互いに学びあって行きましょう♪

+chia_neさん
先日はお世話になりました!とても有意義な時間で,あっという間に一日が過ぎてしまいました。笑
当日のお手伝いしかできなかったのですが,お役に立てたのであれば幸いです!ありがとうございます!
123,ぜひぜひ♪

+katokitiさん
昨日はありがとうございました!katokitiさんの実践のお話,興味深く聞かせていただきました♪
また近々お会いできるかと思います。遅くても123でしょうか(^w^)
楽しみにしててください,だー!!